「東海バス」撮影巡りをしてきた!(伊豆クレイル編)

※この記事は、『「東海バス」撮影巡りをしてきた!』の続編として書いています。以下の記事も併せてご覧ください。
プロローグ編  下田編・上  下田編・下

伊豆急下田駅前で東海バスの撮影を終えた私は、伊豆急行で帰宅することにしました。

DSC03401.jpg
しかし、ただ帰るだけでは面白くないので、快速「伊豆クレイル」を撮影することにしました! 電光掲示板を見ると、なぜか「伊豆クレイル   号」と号数が空欄となっていました。また、種別の表示もありません。

DSC03400.jpg
ちなみに、英語表示でも号数は空欄でした。そもそも1往復しか走っていないので、号数は不要なのですが、もしかしたら将来的には増発する予定でもあるのでしょうか。

DSC03448.jpg
伊豆急下田駅は、乗車する列車ごとに改札が行われます。私は、14時41分発の普通列車熱海行きに乗車するために改札を入ったのですが、伊豆クレイルは折り返し運転のためすでにホームに入線しており、伊豆クレイルを撮影することができました。

DSC03456.jpg
伊豆クレイルのエンブレムです。このエンブレム、伊東駅や熱海駅など、伊豆クレイルの停車駅の駅名板にも貼られています。

DSC03453.jpg
側面の行き先表示です。意外なことに、幕式のままとなっています。

DSC03466.jpg
伊豆急下田駅では2100系と並びます。永らくの間3編成が活躍していた2100系ですが、現在ではこの1編成のみの運行となっており、貴重なツーショットといえます。私は、2100系の普通列車に乗車し、河津駅に先回りしました。

DSC03512.jpg
河津駅で待つこと数十分、伊豆クレイルが到着しました!
伊豆クレイルの車両は、見てのとおりE651系1編成を改造したものです。まさか伊豆半島でE651系を見ることになるとは・・・。

ちなみに、河津駅では対向列車とのすれ違いのため、数分の停車時間があるので、ゆっくりと撮影できます。この停車時間を利用して、お弁当などを積み込んでいるようでした。

後続の普通列車に乗車し、一気に熱海駅へ向かいます。熱海駅では東海道本線に乗り換えますが、どうせ乗り換えるならと熱海駅でもバス撮影をすることにしました。

DSC03527.jpg  DSC03520.jpg
熱海でもやっぱり東海バスですw 熱海地区は伊豆東海バスの管轄になります。
まずは、ガーラミオ(いすゞ製)です。

DSC03543.jpg  DSC03532.jpg
100周年記念ラッピング「ゆめちゃん号」が来ました! エルガミオ(いすゞ製・ワンステップ車)です。熱海事業所のゆめちゃん号はガイドの制服の移り変わりを描いたデザインとなっています。

DSC03568.jpg  DSC03556.jpg
エアロスター(三菱製・ワンステップ車)です。箱根登山バスからの転籍車だと思われます。「東海バス」のロゴのデザインは個人的に好きです。
なんだかんだで、この1日で東海バスグループ全社を撮影したことになりますねw

DSC03549.jpg  DSC03560.jpg
熱海駅には伊豆箱根バスも乗り入れています。こちらはトップドアの8Eです。

DSC03582.jpg
日産ディーゼル製のツーステップ車です。西武バスからの転籍車のようです。


DSC03575.jpg  DSC03579.jpg  キュービックktkr!
2台のみ活躍しているので、なかなか撮影できる機会がありません。この車両を撮影できただけでも、熱海駅で下車した甲斐がありました。キュービック本当にかっこいいですね。

だいぶ暗くなってきたので、帰宅となりました。

伊豆急行の「リゾート21・フェスタ」へ行ってきた!(前編)

8月21日(日)、伊豆急行の伊豆高原駅構内で2100系の撮影会「リゾート21・フェスタ」が開催されました。今まで3編成が活躍していた2100系ですが、今後はイベント用列車としての改造や塗装の変更が予定され、順次運用から外れていきます。今回の撮影会は、この3編成を並べての開催となり、改造・塗装変更前最後の特別な撮影会となりました。
最近この手のイベントには参加していませんでしたが、大学時代の仲間が行くということで、私も同行することになりました。


DSC02210.jpg  DSC02218.jpg
沼津駅から出発します。ちょうど東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスが停車していました。ラッピングされて1ヶ月ちょっとが経過し、だいぶ沼津の景観に馴染んできましたね(え?

東海道本線で熱海駅へ、熱海駅で伊東線に乗り換え伊東駅で下車しました。

DSC02236.jpg
185系特急「踊り子」が停車していました。7両編成をちゃんと撮影したのはこれが初めてかもしれません。この編成、かつては157系塗装になっていた時期がありました。
伊東駅で仲間と合流の予定なのですが、まだ時間に余裕があるので、しばし伊東駅前でバス撮影を行うことにしました。ちょうど撮影したい車両もあったので・・・。

DSC02295.jpg
伊東といえば東海バス! 沼津は東海バスオレンジシャトルですが、同じ東海バスでもこちらは伊豆東海バスです。
まずはエルガミオ(いすゞ製・ワンステップ車)、ナンバープレートの番号から推測すると、つい最近導入された新車のようです。

DSC02245.jpg
エアロスター(三菱製)です。塗装が路線カラーと貸切カラーの折衷で貸切兼用車となっていますが、ほとんど天城東急リゾートシャトルバス専用車となっているようです。

DSC02260.jpg
エルガ(いすゞ製・ノンステップ車)です。この車両、なんと前例の無い横浜市営バスからの転籍車ということで、導入当初はそこそこ話題になっていました。

DSC02251.jpg
同じくエルガですが、この車両は前ドアがグライドスライド式となっているので、小田急バスからの転籍車のようですね。そして、前面にマスクが設置されていますが・・・

DSC02255.jpg
伊東市が舞台となっているアニメ「あまんちゅ!」のタイアップ幕でした!
東海バスオレンジシャトルが「ラブライブ!サンシャイン!!」なら、伊豆東海バスは「あまんちゅ!」と、まさに東海バス同士で東西対決となっているわけですw
 このマスクは7月中旬から一部の車両に設置されていますが、なんと本日からラッピングバスも運行を開始するということで、伊豆急行のイベントと合わせてまさに一石二鳥というわけです。むしろ、私はこちらのほうが楽しみですw

DSC02307.jpg
あまんちゅ!ラッピングバスかと思ったら、道の駅マリンタウンのマスコットキャラクター「マリにゃん」のラッピングバスでしたw 側面の窓にまでラッピングが入りこんでいるのが特徴的です。東海バスでは、このラッピングバスをイメージしたばすかん「マリにゃん号ばすかん」を発売しています。

DSC02355.jpg
今度こそ「あまんちゅ!」ラッピングバスが来ました! オレンジシャトルの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスと比べると、少しおとなしい外観となっています。前面には、先ほど見たものとは異なるデザインのマスクが設置されています。

DSC02319.jpg
後部は、「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスと同様、窓ガラスまではみ出してラッピングがされています。

DSC02328.jpg  DSC02342.jpg
両側面です。「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスのような全面ラッピングではなく、元の塗装を残しつつのラッピングとなっています。ただし、中ドアの装飾はすごいことになっていますw
それにしても、東海バスがこのようなアニメのラッピングバスを走らせるとは正直思っていませんでした。以前、下田市が舞台となったアニメ「夏色キセキ」では、作中に東海バスは登場してきたものの、ラッピングバスを走らせたり、グッズを製作したりという動きがまったく無かったので、「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスを運行した時は驚きました。東海バスの社内にアニメに理解のある人が入ったのかもしれませんね。
「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスがアニメ放送開始早々の7月から運行を始めたのに対し、この「あまんちゅ!」ラッピングバスは、1ヶ月遅れの8月中旬からの運行となったのは、おそらく「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスの利用状況を見て判断したのだと思います。「ラブライブ!」と「あまんちゅ!」では元々の人気度が圧倒的に違いますから、両者のラッピングの違いはそのあたりに出ているのかもしれません。

さて、ちょうどここで仲間と合流したので、「リゾート21・フェスタ」の会場である伊豆高原駅へ移動することにしました。
次回の記事へ続きます。

大学時代の仲間と呑みに行ってきた(2016年夏ver・後編)

えっと、前回の記事で大変な失態をしておりました。
本来なら「大学時代の仲間と呑みに行ってきた(2016年夏ver)」シリーズの続きを投稿しなければいけないところを、それを抜かして「夏コミ(C90)に参加してきた!」を投稿してしまい、話が繋がらなくなってしまいました。申し訳ございません・・・。
というわけで、今回は前々回の記事「大学時代の仲間と呑みに行ってきた(2016年夏ver)」シリーズの続きとなります。


※この記事は、「大学時代の仲間と呑みに行ってきた(2016年夏ver)」の続きとして書いています。以下の記事も併せてご覧ください。
前編  中編


西武鉄道安比奈線の探索を終えた私は、南大塚駅から再び西武鉄道新宿線に乗車します。

DSC01679.jpg
その前に、最後に安比奈線の始点を確認しておくことにしました。奥が本川越方面で、写っている駅が南大塚駅です。構内に入る手前で左に分岐している線路が、安比奈線へと繋がっています。現在は、保線車両の留車に使用しているようです。

DSC01683.jpg
さらに、手前の踏切には本線(右側2線)とは別に埋められている線路(左1線)があります。この線路をそのまま延長線上に辿っていくと、先ほどの安比奈線の線路に繋がるため、以前はこの踏切まで安比奈線のレールが伸びていたと思われます。

DSC01686.jpg
なお、この線路は踏切部分のみ残されており、その前後はすでに撤去されています。踏切が未だにこの線路を含んだ3線を遮断しているので、比較的最近までレールは繋がっていたのではないかと思いますが・・・。

DSC01723.jpg
というわけで、本川越駅に移動しました。ちょうど10000系「レッドアロー」が到着したので撮影しました。ここから、徒歩で東武鉄道東上線の川越市駅へ乗り換えましたが、意外に距離がありました。

DSC01728.jpg
ほとんど時間がありませんが、成増駅で少しだけ撮影をすることにしました。10030系です。

DSC01735.jpg
30000系です。かつては伊勢崎線で活躍していた30000系も、現在は東急電鉄への直通用の2編成を除いて東上線へ転属しています。私の中では未だに30000系=伊勢崎線というイメージが強く、東上線で見るのは違和感があります。

このあと、集合場所である新宿駅へ向かい、吞み会となりました。行った所が変わった居酒屋で、こんなお店もあるんだなぁ・・・と思いましたw 私は普段自宅ではほとんどお酒を飲まないので、とても楽しかったです。

DSC01746.jpg
帰りは、贅沢にも新幹線を使いましたw 三島行きの「こだま」マジ有能。
というわけで、帰宅となりました。

大学時代の仲間と呑みに行ってきた(2016年夏ver・前編)

12月に入り、いよいよ今年も残り1ヶ月を切りました。このブログは時間の流れが遅れているのでどんどん書いていきますよw
8月上旬、大学時代の仲間と吞み会をしてきました! 今回は、2回の記事に分けてその模様をお送りします。

18時に新宿駅東口に集合ということで、せっかくなので撮影も兼ねて朝から出発しました。今回は、三島駅から東海バスの高速バス「三島エクスプレス」に乗車します。

DSC01369.jpg
三島駅に到着すると、待機所に652号車が停車していました。おそらく東海バスグループで最後の1台となるツーステップトップドアのレインボーで、いつ引退してもおかしくない状況だと思われます。
(※652号車は11月頃に廃車となったようです)

DSC01370.jpg  DSC01363-640.jpg
三島駅前にある案内所で高速バスの乗車券を購入したのですが、なんと窓口に「ラブライブ!サンシャイン!!」のマリーさんがw
まさにシャイニーって感じ?


DSC01374.jpg
乗車したのは、私の中で空いていると定評のある三島駅南口9時30分発の便です。夏休み中でしたが、20名いかないくらいの乗車率と快適でした。ちなみに、この便は小田急箱根高速バスの車両で運行されます。

少し渋滞にハマりつつ、12時前には新宿駅に到着しました。さて、どこへ行くか色々迷ったのですが・・・

DSC01379.jpg
今回は西武鉄道を撮影することにしました! 新宿駅から山手線で高田馬場駅へ、高田馬場駅で西武鉄道に乗り換えます。
本川越方面の列車に乗車したのですが、途中である車両とすれ違ったのを確認したので、途中の上石神井駅で一度下車することにしました。

DSC01381.jpg
その車両が折り返してくるまで、しばらく撮影をします。まずは30000系です。


DSC01390.jpg6000系未更新車ktkr!

私の中では6000系といったらこの顔なのですが、現在はほとんどが更新されてしまっており、未更新なのは新宿線で活躍している2編成のみとなっています。

DSC01395.jpg 来ました!

9000系トップ編成の「SEIBU KPP TRAIN」です。この派手な塗装はすぐに分かりますねw

DSC01404.jpg
さらに6000系が到着! 短時間に2編成しかいない6000系を両方とも撮影できるとは、かなり運が良いです。

DSC01701.jpg
このあとは、一気に南大塚駅まで移動しました。なぜ南大塚駅かというと・・・


DSC01707.jpg 西武鉄道安比奈線!

安比奈線は、入間川の砂利を運搬することを目的として1925年に開通した貨物線です。全長3.2kmの短距離路線で、1963年には早くも休止線となってしまいます。しかし、その後も今日まで実に50年以上もの間、廃止されることなく休止線として残っています。今まで廃止されなかった理由としては、東京に近く、沿線が発展する可能性があったためだと思われます。一時は、安比奈駅を車両基地として整備するなどの計画もあったといいますが、結局計画が実現することなく、ついに今年、安比奈線の廃止が決定してしまいました。
安比奈線の存在は以前から知っていましたが、これまで訪れたことはありませんでした。西武鉄道という大手私鉄なだけに、線路の撤去など、廃止されてからの対応は早そうです。廃線前に行くならこのタイミングしかない!・・・と思い、今回訪れました。

次回の記事では、安比奈線を歩きます。

伊豆箱根バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスを撮影する!(後編)

※この記事は、「伊豆箱根バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスを撮影する!(前編)」の続編として書いています。 こちら の記事も併せてご覧ください。

韮山駅~伊豆長岡駅間で「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング電車の撮影を終えた私は、伊豆長岡駅へ移動し、伊豆箱根バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスを撮影することにしました。

DSC00709.jpg
伊豆長岡駅前を通りかかると、待機所に伊豆箱根タクシーの松浦果南号が停車していました。
実は、伊豆箱根バスと同日より、伊豆箱根タクシーでもラッピング車両の運行を開始しています。1台に1キャラクターずつ描かれており、全部で9台が走っているようです。電車やバスはある程度ダイヤが決まっているので撮影しやすいですが、タクシーは完全にランダムですからね・・・。というか、もはやここまでくるとラブライブ!と何も関係が無いような気がするのですがw

DSC00711.jpg
しばらくして、「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスが到着しました! しかし、ほとんど停車時間が無いうえに、停留所の位置が撮影しにくい場所のため、イマイチな写真に・・・。
伊豆箱根バスは日産ディーゼル製の107号車がラッピングに選ばれています。

DSC00732.jpg
後部です。東海バスと同様、前面以外の3面がラッピングされています。
東海バスのラッピングバスがオレンジ色を基本としていたのに対し、伊豆箱根バスは青色を基本としており、両社で異なるデザインとなっています。伊豆箱根バスのラッピングは、ちょっと色がくどいような気もします。

DSC00715.jpg
先ほどの果南ちゃんタクシーも乗り場に移動してきたため、ラッピングバスとのツーショットを撮影することができました。
ラッピングバスについては、またリベンジしないといけませんね・・・。やはり撮影するとしたら伊豆三津シーパラダイスあたりが無難でしょうか。

PIC_7852_201607272152074a2.jpg  PIC_7843.jpg
ちなみに、107号車のラッピング前の姿はこちらです。側面と後部にすでにラッピングがされていましたが、別の車両に移したのでしょうか?


このあとは、再びラッピング電車の撮影に戻ります。今度は、大仁駅~牧之郷駅間の撮影地へ向かいました。

DSC00747-640.jpg
到着してすぐに、「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング電車が来ました! これで側面に日が当たってくれれば最高だったのですが・・・。

DSC00751.jpg
3000系です。この場所は、以前一度訪れて気に入りました。前回訪れた時は、まだ水田に稲が植えられていなかったので、その時とはかなり様子が異なっています。

DSC00762-640.jpg
1300系です。
ここにきて、わずかに側面にも光線が当たるようになってきました。もう18時近いのですが、まだこの明るさです。

DSC00770-640.jpg
3000系です。ここで、側面よりの構図に変えてみましたが、なんと編成が入りきらないという初歩的なミス・・・(orz

DSC00778.jpg
気を取り直して1300系です。18時を過ぎ、さすがに太陽の位置が低くなってきました。

DSC00789-640.jpg
7000系です。せっかく側面に光線が当たるようになったのですが、光線状態がかなり厳しくなってきました。

DSC00802-640.jpg
1300系です。18時30分になり、ついに太陽の光が届かなくなりました。

DSC00807.jpg
7000系です。このあと「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング電車が通過しますが・・・。

DSC00826640.jpg
かろうじて「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング電車だと分かるものの、残念な結果に・・・(orz まぁ、夕暮れっぽい雰囲気は良く出ているような気もしますがw せめてもう少し空が赤く染まってくれればまだマシだったかもしれません。
この撮影地、日が一番長い季節でも側面まで光線が回り込むのは厳しいようですね。それが分かっただけでも収穫でした。

というわけで、帰宅となりました。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ