fc2ブログ

富士山と稲穂のツーショット写真を撮影してきた(後編)

※この記事は、「富士山と稲穂のツーショット写真を撮影してきた」の続きとして書いています。以下の記事もあわせてご覧ください。

前編  中編

午前中の三島二日町駅~大場駅間に続き、午後は原木駅~韮山駅間と、伊豆箱根鉄道で富士山と稲穂のツーショットを撮影しています。

DSC00417-640.jpg
車体を順光で撮影できる場所に移動してきました。
まずは、3000系です。

DSC00432-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
この構図は、富士山こそ小さくなってしまうものの、田園と青空を大きく写せるので秋らしい風景を撮影できます。

DSC00440-640.jpg
1300系「イエローパラダイストレイン」です。
手前の稲穂が少し倒れてしまっているのが残念ですが、太陽光に照らされ、黄金色に輝く稲穂は、まさに秋といった雰囲気です。

DSC00458-640.jpg
3000系リバイバル塗装編成です。
気づけば、富士山のまわりにあった雲も消え、すがすがしいほどの青空が広がります。

DSC00471-640.jpg
7000系100周年記念塗装編成です。
金色の前面部が太陽光を反射します。

DSC00483-640.jpg
3000系です。
富士山のまわりの雲が消えたので、再び前回の記事と同じような構図に戻しました。ただし、若干場所が違います。原木駅~韮山駅間は、このような構図で撮影できる場所が多く、撮影場所に困りません。

DSC00489-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
この時期になると、太陽が傾くのが早いです。まだ16時前ですが、すでに夕焼けといった雰囲気となっています。

DSC00497-640.jpg
185系特急「踊り子」です。
再度、構図を変更しました。白色の車体に反射する太陽光が、心なしか少しオレンジ色に色付いているようにも見えます。

DSC00511-640.jpg
ここで、少し離れた場所で撮影できないかと思ったのですが、見事に撃沈・・・。戻ってくる頃には、もうすっかり夕方になっていました。
7000系100周年記念塗装編成です。

DSC00522-640.jpg
3000系です。
沈みかけの太陽が、白い車体をオレンジ色に染めます。

DSC00526-640.jpg
続けて3000系です。
これを最後に、太陽は沈んでしまいました。まだ17時前ですが、すっかり日が沈むのが早くなりました。

DSC00542-640.jpg
続いて来た3000系「HAPPY PARTY TRAIN」は前照灯が点灯していました!
太陽自体は沈みましたが、まだ空は綺麗なグラデーションを保っています。


DSC00546-640.jpg
1300系「イエローパラダイストレイン」です。
夕焼けに富士山が照らされ、少しですが赤く染まる夕焼け富士を見ることができました。

DSC00562-640.jpg
夕焼け富士を見ることができるのはほんの一瞬です。
次の3000系が通過する頃には、もうほとんど夜になっていました。


DSC00567-640.jpg
3000系リバイバル塗装編成です。
夜が迫る空に、富士山がシルエットとなって浮かび上がります。

DSC00575-640.jpg
続いての3000系は、あえてシャッタースピードを落として撮影してみました。
この日は、本当に雲がほとんど出ない絶好の撮影びよりでした。

DSC00579-640.jpg
最後に撮影した3000系は、シャッターのタイミングを完全にミスり見事に大失敗・・・。
私のカメラではこれ以上暗くなるとまともに撮影できないため、ここで撮影を終え、帰宅となりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(百合系)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったら深夜アニメを卒業できるかと思ったらこれだよ! 地元の沼津市が「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台になっちゃったからね、しょうがないね!!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ