FC2ブログ

GW岡山・広島1泊2日旅行!(1日目⑤)

※この記事は、「GW岡山・広島1泊2日旅行!」の続きとして書いています。以下の記事も併せてご覧ください。
1日目        

DSC02557.jpg
岡山を堪能した私は広島へと向かうはずですが、なぜか伯備線で清音駅に来てしまいました。

DSC02569.jpg
もちろんこれには理由があり、井原鉄道に乗車するためです。これといって特別な理由はありませんが、せっかく岡山まで来ているので、乗れる鉄道にはすべて乗っておこうと思ったのです。乗り換え時間が7分と短めだったのが心配でしたが、無事に乗り継げました。余談ですが、清音(きよね)駅を思い浮かべるとなぜか「ステラのまほう」の裕美音(ゆみね)が連想されますw
乗り換えたは良いものの、ゴールデンウィークということもあるのか想像以上に混雑しており、路線のちょうど中間の駅くらいまで座れませんでした。

DSC02579.jpg
また、ほとんどの区間が高架となっており、終点の神辺駅付近以外は踏切が無いことに驚きました。これは、建設途中で未成線となった国鉄井原線の路盤を再利用したためのようです。なお、車両はIRT355形気動車に統一されています。高架区間が多い点や車両形式に英字が入っている点などは、智頭急行に通じるものがありますね。

DSC02575.jpg
ちなみに、今回は1000円で井原鉄道全線が1日乗り放題となる「スーパーホリデーパス」を使用しています。実は、清音駅~神辺駅の片道運賃は1010円となっており、わずか10円ですがスーパーホリデーパスのほうが安くなるのです。

DSC02590.jpg
神辺駅では福塩線に乗り換えます。こちらも、乗り換え時間が3分しかありませんでしたが、乗り継ぐことができました。乗車したのは、2両編成の105系でした。というか、105系も真っ黄色になってるのかよ・・・。
終点の福山駅で、再び山陽本線に合流します。

DSC02596.jpg
ちなみ、乗車していた列車は、福山駅で2両編成を増結し、折り返しの府中行きは4両編成となりました。府中と聴くと京王電鉄の駅を思い浮かべてしまうあたり、やはり私は関東人ですねw

福山駅でも、しばらく自動アナウンスの収録を行いました。
福山駅は、季節によって接近メロディーが異なっており、私が訪れた5月は全ホームで「百万本のバラ」が使用されていました。なお、3番のりばと7番のりばは発着する列車が無く、収録ができませんでした。

DSC02619.jpg
収録中、真っ黄色に青帯が入った105系が福山駅に入線してきました。実はこの塗装が福塩色という、福塩線の105系本来の塗装なのです。真っ黄色への更新が進み、この1編成のみが最後の福塩色として残っていたのです。
・・・と過去形で書いているのは、この直後に全般検査で網干総合車両所に入線したこの編成は、塗装が真っ黄色に変更されてしまったからです。これにより、福塩色は消滅し、見ることのできない塗装となっていまいました。私がこの塗装を撮影できたのは、本当に運が良かったです。

DSC02605.jpg
車体番号です。最後まで福塩色として残っていたのは、偶然なのかトップ編成だったため、撮影時の私は、トップ編成だからあえて福塩色のまま残しているのだと思っていました。まさか消滅してしまうとは・・・。


DSC02631.jpg 115系湘南色編成!
午前中に岡山駅で遭遇しましたが、ここでまさかの再会となりました。ちょうど福山駅で2分ほど停車する列車だったので、ゆっくりと撮影できましたやっぱり115系はこの色が一番似合います。

DSC02584.jpg
117系の快速「サンライナー」です。福山駅での収録を終えた私は、この「サンライナー」に乗車して次の駅へ向かいました。この「サンライナー」、あまり乗車率が良くないと聴いていましたが、確かに空席が目立っていました。

DSC02636.jpg
そして降り立ったのは笠岡駅です。笠岡駅は、全ホームで「がんばれカブトガニ」という曲が接近メロディーで使用されており、これは当駅のみのご当地メロディーとなっています。以前から存在自体は知っていましたが、せっかくなので実際に聞いてみたいと思い、少し戻ることになりますが来てみました。すでに時刻は19時過ぎ、駅構内は人もまばらで、静寂の中響き渡る「がんばれカブトガニ」のポップなメロディーは非常にシュールでしたw ただ、やはりアナウンスが終了するとともにメロディーもブツ切りになってしまうので、フルコーラス聴くことができないのが非常に残念です。なお、収録中、2番のりばは発着する列車が無く、収録ができませんでした。

DSC02637.jpg
笠岡駅での収録を終え、今度は115系で戻ります。福山駅をそのまま通過し、三原駅で下車しました。
三原駅は、全ホームで入線メロディーに「かもめの水兵さん」が使用されているので、収録を行いました。なお、三原駅は広島支社の駅となるため、接近アナウンスが単独で流れたあと、入線メロディーが流れるという設定になっています。4番のりばまでしか無いため、列車の本数が若干少ないことを除けば収録はしやすいのですが、1番のりばと2番のりば、3番のりばと4番のりばでそれぞれスピーカーが共用のため、アナウンスが被ってしまう点に悩まされました。それも、ただ被るだけではなく、例えば1番のりばと2番のりばにほぼ同時に列車が到着した際は・・・
「2番、のりばの列車は、21時・・・1番のりばの列車は、21時33分発、普通、呉線、広行きです。」
のように、あとから流れ出したアナウンスが先に流れていたアナウンスを完全にかき消してしまうのです。かと思えば、駅名連呼は先に到着した列車のものしか流れなかったりと、優柔不断な自動放送でしたw また、発車放送もあるのですが、2番のりばのみ発車放送が流れない列車が多く、流れた時に限って1番のりばのアナウンスと被ったりと、結局収録できませんでした。あと、駅名連呼の流れるタイミングが異常に早かったです。列車の入線中に流れ始め、ドアが開く頃には乗り換え案内すらも終了しているということが何度かありました。

DSC02644.jpg
そして、三原駅まで来ると227系が見られるようになります。227系を見るのはこれが初めてです。

DSC02647.jpg
側面の行き先表示器です。フルカラーLEDとなっており、大きくて非常に見やすい表示だと思います。

DSC02654.jpg  DSC02653.jpg

こちらは呉線の行き先表示です。同じ「普通」でも路線によって色を変えることができるのも、フルカラーLEDならではですね。また、行き先の下段は「Hiro」→「呉線」→「Kure Line」のような交互表示が可能となっています。


DSC02668.jpg ※写真は翌朝撮影したものです
というわけで、本日は三原駅で終了。三原駅から徒歩3分ほどのところにある「三原シティホテル」に宿泊します。ゴールデンウィークということでどのホテルも満室だったのですが、幸いにしてこちらのホテルで予約を取ることができました。若干入口が分かりにくかったですが、無事にチェックインできました。このホテル、部屋に電子レンジが完備されており、コンセントもたくさんあるのが特徴的でした。
また、ホテルのすぐ近くにイオンモールがあったため、食料品に困ることもありませんでした。


DSC02664.jpg ※写真は翌朝撮影したものです
さらに、私が宿泊した部屋からは、線路が一望できるという・・・。防音もしっかりしているようで、まったく気になりませんでした。1泊5,980円と普段私が宿泊するホテルと比べると若干高めの金額でしたが、大満足のホテルでした。

2日目へ続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ! 地元の沼津市が「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台になっちゃったからね、しょうがないね!!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ