岳南電車&東海道新幹線と富士山のツーショット写真を撮影する

11月下旬、富士山がキレイに見えている日がありました。せっかくだから列車とのツーショットを撮影しようかと思いつつ、最近は伊豆箱根鉄道ばかり撮影していたので、たまには違う路線をと思い、岳南電車に行くことにしました。

DSC06430.jpg
沼津駅に到着すると、ちょうどE233系が停車していたので撮影しました。
下り列車に乗車し、吉原駅で下車しました。

DSC06453.jpg
吉原駅からは徒歩で撮影場所へ向かいます。移動中も、富士山がよく見えました。

DSC06483.jpg
というわけで、撮影場所近くまで来たのですが、なんと撮影場所となっている踏切が廃止となっていることが判明・・・。とはいえ、今さら他の場所を探すわけにもいかず、また看板の内容は「通り抜け出来ません」であって「立入禁止」ではないので、行けるところまで行って撮影することにしました。
それにしても、いつ廃止されたのでしょうか。看板の様子からすると、結構前のようにも思えますが・・・。

DSC06460-640.jpg
というわけで、撮影場所に到着しました。さっそく塗装が変更された7000形第1編成が通過したので撮影しました。一応富士山とのツーショットは撮影できますが、あまり良い構図とはいえません・・・。

DSC06467-640.jpg
折り返しはもう少し広角の構図で撮影してみました。何やらヘッドマークが設置されていますが、なんでしょうか。

DSC06480-640.jpg
日中は2編成で運用されている岳南電車、もう1編成は第2編成でした。こちらにもヘッドマークが設置されていますが、どうやら富士市制施行50周年記念のヘッドマークのようです。

DSC06497.jpg
あまり良い場所ではなかったので、次の場所へ移動することにしました。ジヤトコ前から岳南江尾行きに乗車しました。岳南電車のこの雰囲気ほんとすこ。残念ながら、終点が近づくとお客さんの数はこのような状況ですが・・・。

DSC06502.jpg
神谷駅で下車し、徒歩数分でこの第4種踏切に到着します。続いては、この踏切の周辺で撮影したいと思います。

DSC06509-640.jpg
先ほど私が乗車した第2編成が折り返してきました。編成は入りましたが、富士山が列車に隠れてしまい、いまいちな写真に・・・。

DSC06516-640.jpg
というわけで、第1編成は富士山を写すためにあえて編成を切りました。こちらのほうが良いですね。

DSC06523-640.jpg
折り返しは、川を挟んだ反対側で撮影してみました。こちらのほうが富士山が大きく見えます。線路の手前側に大きな木が生えており、それに車体が隠れてしまうのが残念ですが・・・。

DSC06533-640.jpg
第2編成も同じ構図で撮影し、岳南電車の撮影を終了します。富士山の周りに少しずつ雲が出てきました。

ここからは、徒歩で東田子の浦駅へ向かいます。約40分ほど掛かるのですが、その途中に有名な富士山撮影スポットがあります。

DSC06562-640.jpg
東海道新幹線との撮影スポットです。この周辺は民家が少ないため防音壁が無く、富士山もほぼ真正面に見えるため、非常に撮影しやすい環境といえます。

DSC06551-640.jpg
こちらはN700A系です。ちょうど付近の水田では積み藁がされており、晩秋の雰囲気が伝わる良いアクセントになります。

DSC06634.jpg
引退が進んでいる700系です。だいぶ富士山に雲が掛かってきたので、ここで撮影を終えました。
このあと、東田子の浦駅まで歩き、帰宅となりました。

DSC06543.jpg
ちなみに、移動中に富士山が覗ける新幹線のガードがあったので思わず撮影しました。ガードが額縁の役割を果たし、まるで絵のように見えません?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ