富士山と伊豆箱根鉄道のツーショットを撮影してみた(2016年11月ver・後編)

※この記事は、「富士山と伊豆箱根鉄道のツーショットを撮影してみた(2016年11月ver・前編)」の続きとして書いています。 こちら の記事も併せてご覧ください。


修善寺駅であるものが見られると聞いた私は、伊豆箱根鉄道の撮影を終えて修善寺駅へ移動してきました。

DSC06216.jpg いました!
そう、"あるもの"というのはボンネットバス「伊豆の踊子号」! ちょうど100周年記念ラッピングバス「ゆめちゃんバス」と並んで待機所に停車していました。出てくるまで撮影しながら待ちたいと思います。

DSC06203.jpg
新東海バスの高速バス「伊豆長岡・修善寺温泉ライナー」が来ました。エアロエース(三菱製)です。

DSC06211.jpg
新東海バスのエアロミディ(三菱製・トップドア車)です。

DSC06234.jpg
先に「ゆめちゃんバス」が出てきました。「ゆめちゃんバス」は、東海バスグループの各営業所に1台ずつ配置されており、全部で6台3種類の絵柄があります。新東海バスの車両はガイド制服の移り変わりをデザインしたものとなっています。ちゃんと「伊豆の踊子号」も描かれています。

DSC06221.jpg
そして「伊豆の踊子号」が出てきました!
「伊豆の踊子号」は、新東海バスが所有する車両で、東海バスに残っている唯一のボンネットバスとなっています。
近年まで運行期間や運行区間を限定して路線バスの運用にも入っていましたが、最近は老朽化のためか貸切バスでのみの運行となっていました。
ところが、11月に入って日曜限定で修善寺駅~修善寺温泉間の路線バスに臨時便として使用されるという情報が入りました。ボンネットバスによる貴重な路線バスでの運用ということで、撮影に来てみました。なお、修善寺駅のバス停にはボンネットバスの運行時間も記載されており、正午前後に2往復の運行となっていました。

DSC06248.jpg
後部です。この丸まった可愛らしいデザインがたまりません。

DSC06263.jpg  DSC06259.jpg
左側面です。ドアの脇にはサボも設置されていました。

DSC06272.jpg
右側面です。修善寺駅のバスターミナルは側面が撮影しやすいので助かります。

DSC06239.jpg
行先表示器周辺です。なお、行き先は車内に設置されているサボで対応していました。なお、車内には運賃箱が設置されていないため、車掌としてガイドが乗車していました。

DSC06269.jpg
発車直前には、伊豆箱根バスのレインボーⅡ(日野製)と並びました。

というわけで、帰宅となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ