【河津】桜Snap(2016年ver)【後編】

※この記事は、「【河津】桜Snap(2016年ver)【中編】」の続きとして書いています。 こちら の記事も併せてご覧ください。


城山での撮影を終えた私は、河津駅前に戻ってきました。そろそろ帰宅を考えても良い時間です。

PIC_5111_20160226225629505.jpg
バスターミナルに修善寺駅行きの新東海バスが停車していたので撮影しました。車内はガラガラで、修善寺駅経由で帰宅しようか本気で迷いました。河津駅~修善寺駅の運賃は片道1700円、修善寺駅~三島駅の伊豆箱根鉄道の運賃が510円、三島駅~沼津駅のJR東海道本線の運賃が190円で合計2400円と一見高く思いますが、実は伊豆急行・JR伊東線・JR東海道本線経由の河津駅~沼津駅の運賃は2040円と、あまり差がありません。ただ、やはり所要時間にはかなり差があるので、今回は鉄道で帰宅することにします。

PIC_5131.jpg
同じいすゞ製のジャーニーですが、こちらは南伊豆東海バスの車両です。南伊豆東海バスは、なかなか撮影する機会がありません。

PIC_5123.jpg
乗車券を購入し、改札上の電光掲示板を見ると、発車時刻がカオスなことになっていました。
どうやら、JR東海道本線内でのトラブルの影響で、特急列車が軒並み遅延しているようで・・・。先ほどの撮影中に特急「マリンエクスプレス踊り子」が来なかった理由が分かりました。

PIC_5125.jpg
下りが遅れているということは、上りも遅れているということで・・・。しかも、こちらはなんと「団体」の表示があります! 団体列車の車両はおおよそ見当がついていますが・・・。これは、しばらく河津駅で撮影タイムを取らなければいけないようですねw

PIC_5146.jpg
まずはリゾート21の普通列車熱海行きです。せっかくの新塗装ですが、ラインがホームに隠れてしまい、無塗装にしか見えないという・・・。やはり前の塗装のほうが全然良かったです。
なお、この列車は前の普通列車との間隔が1時間近く開いていたため、デッキまでぎゅうぎゅう詰めの状態で発車していきました。リゾート21は空いている時には非常に快適な列車ですが、混雑時には向かないですね。

PIC_5153.jpg
続いて、約1時間の遅れで特急「マリンエクスプレス踊り子」が到着しました。伊豆急行でE259系を見るのは、かなり違和感があります。

PIC_5164.jpg
そして、団体列車として到着したのはやはり485系「彩」。「伊豆のまんま」号という列車のようです。「彩」はかなり久しぶりに撮影しました。

PIC_5192.jpg
先ほど撮影した特急「マリンエクスプレス踊り子」が戻ってきました。やはり1時間近い遅れでの発車となりました。

私は、後続の普通列車に乗車しました。8000系での運転ということもあり、混雑しましたがどうにか座ることができました。途中、伊豆高原駅ではなんと先ほど撮影した特急「マリンエクスプレス踊り子」に追いついてしまうという事態が発生w 「マリンエクスプレス踊り子」はすぐに発車していきましたが、これには内心笑ってしまいました。伊豆高原駅より先は、先行する「マリンエクスプレス踊り子」の遅れを引きずって、私が乗車していた列車も5分ほどの遅れが出ました。

伊東駅で一度下車し、リゾート21の折り返しを撮影することにしました。

PIC_5201.jpg
「マリンエクスプレス踊り子」や私が乗ってきた普通列車の遅れを引きずり、5分ほど遅れての到着となりました。今さらですが、下部のラインは先頭車両にしか入っていないのですね。驚きの白さですw
それにしても、17時過ぎでも写真撮影ができるくらい明るいとは、随分日が伸びたものです。

というわけで、帰宅となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

>紅玉国光さん

管理人のN_stationです。
コメントありがとうございます。

富山地方鉄道は、大学時代に車庫見学をさせていただくなど、大変お世話になりました。
鉄道線は複数の路線があり、軌道線もあるので、撮影していて非常に面白かった思い出があります。

東海バスについては、箱根登山バスからの転籍車については、箱根登山バス塗装のままで活躍している車両があります。
東海バス塗装の車両を箱根登山バス塗装に塗り替えることはまず無いので、箱根登山バス塗装の車両については、箱根登山バスからの転籍車と考えて良いかと思います。
ただし、近年は箱根登山バスからの転籍車でも、東海バス塗装に塗り替えたうえで導入する傾向にあり、また現状箱根登山バス塗装で活躍している車両についても、東海バス塗装へ塗り替えられる例がでてきているので、今後箱根登山バス塗装の車両は減少していくものと思われます。

お久しぶりにお邪魔致します

乗入列車も含めて、伊豆急線内の車両のヴァリエイションは今も羨ましい限りですね。
我が富山地方鉄道も、塗色で差異を出したりしてはみても、やはりJR線からの乗入が無くなってしまったのは悲しい。ワイドビューひだ乗入させられないものかなぁ……滑川にでも渡り線復活させて。

それと、新東海バスのいすゞLRは箱根登山カラーですけれども、小田原・箱根地区からの転属なのか、それとも黄色系統から塗替えたものか……番号を調べれば分かりますかね?
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ