伊豆急行100系を撮影する!

ようやく今回の記事から今年の出来事を書いていきます・・・。大変お待たせして申し訳ございません。


2015年10月から今年1月にかけて、伊豆急行で100系電車を使用したツアー「レトロ電車ぶらり旅」が開催されました。
100系を撮影できる貴重な機会ということで、ツアー最終日となる1月23日に撮影に出掛けてきました!

ただ、この日の天気は曇りのち雪の予報・・・。100系の伊豆高原駅発車時刻は10時過ぎなので、午前中いっぱいだけでもどうにか天気が持ちこたえてくれることを信じ、伊豆高原駅に向かいました。

PIC_3932_20160125212424c3d.jpg
伊豆高原駅の電光掲示板には「団体」の文字が・・・。

PIC_3948_20160125212428a2c.jpg
ホームへ降りると、すでに100系が停車していました! 100系は、私が小学生の頃に数回見たのみで、あまり馴染みは無いのですが、この塗装を見ると伊豆急行だな・・・と思います。

PIC_3988_20160125212429081.jpg
前面のサボ受けには特製のヘッドマークが設置されていました。ヘッドマークは前後で同じデザインのようです。

PIC_4009.jpg
反対側です。前照灯周辺の塗装が異なっており、貫通幌が設置されているため、同じ車両でも印象が異なります。

PIC_3999.jpg
銘板です。東急車輌で昭和36年に製造されたことが分かります。103系や東武鉄道8000系ですら昭和38年の製造ですから、相当古い車両ということになります。

PIC_3939.jpg
側面の車番です。103号車は、100系が引退したあとも工場内の入れ換え機関車として活躍していた車両で、100系唯一の生き残りです。よく本線を走れるほどまでに修復をしたものです。

PIC_3960.jpg
側面の社名表記です。IKKが何の略なのが私には分かりませんが・・・。
まさか I=伊豆 K=急 K=行 だったり・・・?

PIC_4028_20160125212831fe0.jpg
ツアー参加者が乗り込み、発車直前の様子です。今回、私はツアーには参加せず、あくまで撮影のみを楽しみます。
100系は、時間通りに発車していきました。実はこのあと、100系は伊豆稲取駅で一旦ツアー客を降ろし、他の列車を退避するために片瀬白田駅まで戻ってくるようなのです。もう一度100系を撮影できるチャンスだと思い、私も後続の列車で片瀬白田駅へ向かいます。

PIC_4042.jpg
というわけで、片瀬白田駅に到着しましたが、結局100系は来ませんでした。どうやらこの日は伊豆稲取駅構内の貨物線で退避を行ったようです。少し残念・・・。
しかし、1つだけ収穫がありました。

PIC_4062-640.jpg
片瀬白田駅の伊豆急下田側を向いて撮影した写真です。広大な太平洋を背に入線する列車を撮影できるのですが、この構図、どこかで見覚えが・・・。


「夏色キセキ」の中吊りのイラストに描かれていた風景と同じじゃねーか!(激しく今さら感
ホームや配線の様子、海の近さからいってもおそらく間違いありません。当時は架空の場所なのでは・・・とも思っていましたが、なるほどスッキリしました。
「夏色キセキ」2期早くやらないかな・・・(無謀なお願い


というわけで、天気に不安はありましたが、撮影中は雲の隙間からわずかに日差しが届くほどの安定した陽気で、100系の撮影を楽しむことができました。次回また100系がイベントで運行されることがあれば、ぜひ撮影に訪れたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ