紅富士を撮影する!

年の瀬も迫った昨年12月中旬、年賀状用の写真を撮影する目的も含めて、富士山の写真を撮影することにしました(まだ昨年の話をしてやがるぞこのブログ・・・)。
しかし、ただ富士山を撮影するだけではつまらないので、紅富士を撮影することにしました! 紅富士というのは、冠雪した富士山が朝日の光によって紅色に染まることを言います。似たような言葉に赤富士がありますが、こちらは冠雪していない富士山が朝日の光によって赤色に染まることを言い、実は明確な使い分けがされてます。

というわけで、少し早起きをして、伊豆箱根鉄道の三島二日町駅~大場駅間へ向かいました。

PIC_3528-640.jpg
日の出前の7時前には撮影場所に到着しました。この季節は1年の中でももっとも日が短く、少し早起きするだけで紅富士が撮影できるので良いですね。

PIC_3532-640.jpg
先ほどの写真を撮影してからわずか6分後ですが、すでに富士山の山頂には日が当たり始め、紅色に染まってきました! 少し雲が出ていますが、これもまた味があります(言い訳
実際のところ、空が明るくなり始めるまでは富士山に雲が掛かっているかどうかが分からないので、撮影を始めるまでドキドキでした。

PIC_3540-640.jpg
さらにその5分後には、かなり鮮やかな色になってきました。このまま綺麗な姿を撮影できるかと思っていたのですが・・・。

PIC_3545-640.jpg
なんと次の列車が通過するまでのわずか7分間でこの変わりよう・・・。紅富士が見られたのはほんの数分間のみでした。

PIC_3550-640.jpg
だいぶ日が高くなり、ついに私がいる場所にも太陽光が届くようになりました。

PIC_3557-640.jpg
が、それも一瞬で、ちょうど太陽の周りに雲ができてしまい、なかなか車体に太陽光が当たってくれません。

PIC_3564-640.jpg
さらに、富士山の周りにも怪しい雲がちらほらと・・・。これはもうダメかも分からんね・・・。
それにしても、例年に比べて明らかに積雪の量が少ないです。例年、この時期にはもっと裾のほうまで積雪していてもおかしくないのですが・・・。

PIC_3570.jpg
3000系第5編成です。朝のラッシュ時間帯は、上下列車ともに10分間隔に近い頻度での運行となり、次から次へ列車が通過します。その間にも、雲の様子は刻々と変化していきます。

PIC_3581.jpg
構図を変えてみましたが、急に富士山の周辺に大量の雲が出現しました・・・。

PIC_3585.jpg
雲が消えるのを少し待ってみましたが、消えるどころかさらに増えていくという・・・。一度富士山の周りにできてしまった雲はなかなか消えてくれないんですよね・・・。これ以上待っても回復は期待できないと判断し、ここで撮影を切り上げました。

今回、撮影に挑戦した紅富士ですが、予想以上に紅富士になる時間が短く、撮影の難しさを感じました。今回は、最高のコンディションとは言えなかったので、ぜひまたリベンジしたいところです。
また、赤富士も撮影してみたいですが、夏場は日の出の時間が早いのがネックですね・・・。積雪直前の10月上旬が狙い目でしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ