「ラブライブ!サンシャイン!!」PVの聖地巡礼をしてみた!(後編)

※この記事は、『「ラブライブ!サンシャイン!!」PVの聖地巡礼をしてみた!(後編)』の続きとして書いています。 こちら の記事も併せてご覧ください。


前回の記事では、長井崎中学校周辺を聖地巡礼したので、今回は長浜周辺の聖地巡礼をします。

PIC_2481.jpg
沼津登山東海バスの長浜バス停です。長井崎中学校からは徒歩25分ほど掛かります。重須バス停まで出れば日中は30分に1本程度路線バスが走っているので、場合によっては路線バスに乗ったほうが早いです。

PIC_2477.jpg
長浜バス停といえば、こちらもネット上で話題になっているこの掲示w 沼津駅に貼られているものとは写真が違っています。天気が良ければ富士山がよく見えるようですが・・・

PIC_2474.jpg
この日は晴れてはいたものの、非常に視界が霞んでおり、ご覧のような残念な光景でした。
長浜バス停のすぐ脇から見たこの風景こそが、「ラブライブ!サンシャイン!!」の始まりでした。

PIC_2416.jpg
PVが始まってすぐに登場するトンネルです。
伊豆三津シーパラダイスバス停~長浜バス停間にある富士見トンネルになります。カーブしており見通しが悪いうえ、交通量が多く、歩道が狭いので、通行する際には注意が必要です。

PIC_2420.jpg
トンネルから沼津登山東海バスのエルガミオが出てくるシーンです。
富士見トンネルの江梨側坑口前になります。富士見トンネルを訪れるだけなら、長浜バス停よりも伊豆三津シーパラダイスバス停のほうが近いです。なお、PVと同じ「大瀬岬」行きのバスは、1日2本のみの運行となっており(しかも1本は平日のみ運行、残りの1本は17時頃の通過となるため、これからの時期は日の入り後となり、撮影が難しいです)、撮影するのは非常に難易度が高いです。

PIC_2423.jpg
沿道の住宅が終わり、一面に海が広がる直前のバスの車窓のシーンです。
富士見トンネル~長浜バス停の沿道の風景になります。ただし、PVではこの場所にカーブミラーが設置されていましたが、実際はフレーム外の左側にカーブミラーが設置されており、若干の誤差があります。

PIC_2487_20151023220714706.jpg
長井崎中学校へ向かうバスを後追いで写すシーンです。
長浜バス停付近になります。長浜バス停に設置されている特徴的な上屋は、PVにも描かれています。なお、PVでは若干空撮風になっているため、同じ構図で撮影するのは不可能です。


さて、残るはPVの一番最後、長浜の街並みを高い場所から見下ろすシーンなのですが、この場所だけは心当たりがまったくありません・・・。あんなに高い位置から長浜を見下ろすことができる場所が現実に存在するのか、もしかしたら架空の場所なのではないかとも思いましたが、念のため調査することにしました。
地図とにらめっこして、長井崎や淡島、富士山の位置関係から、この場所からならPVのような見え方になるだろうと思われる場所を3ヶ所ほど絞り込み、1ヶ所ずつその場所を訪れることにしました。
最初の2ヶ所は空振りで、諦めかけながらも訪れた3ヶ所目・・・


PIC_2455_2015102322061821d.jpg ktkr!
八端丈山の登山道を登ると、途中に開けた場所があり、そこからこのような美しい景色を見ることができます! この日は富士山を見ることはできませんでしたが、天気が良ければ大パノラマ間違いなしです。沼津市に住んでいる私でも、この場所は知りませんでした。
ちなみにこの場所、柵やロープなどは一切設置されていませんので、撮影に夢中になりすぎて前屈みになったりすると、そのまま転落します。充分な注意が必要です。

PIC_2457.jpg
また、私が訪れた時には、途中このように倒れた大木が登山道を塞いでいる場所もあり、非常に危険です。
というか、スタッフさんはあの光景を描くためにこんな場所まで通ったということなのでしょうか・・・。


PIC_2465_2015102322062142b.jpg
登山道の入口です。写真の通り、昼間でもかなり暗いです。この入口から先ほどの大パノラマまでは徒歩15分ほど掛かりました。当然ながら道中はずっと上り坂ですので、それなりの体力が必要です。

PIC_2472.jpg
登山道へのアクセスですが、「城下橋」バス停から県道を長浜方面へ少し歩くと、工場の脇に入る1車線幅の道路があるので、その道路に入ります。途中、「八端丈山ハイキングコース重須口」という看板が道路脇に建っているので、それが目印になります。
そのままその道を10分ほど歩くと、左側に登山道の入口があります。この入口には特に看板などは設置されていないので、見過ごさないよう注意が必要です。
城下橋バス停からだと、大パノラマまで徒歩25分くらいは掛かります。25分・・・にこ・・・にっこにっこにー☆(すっこんでろ


というわけで、一通りPVで登場した場所は回り終えました。
それにしても、本当に地元が「ラブライブ!」の舞台に選ばれるなんて、夢のようです。嬉しい反面、果たして全国のラブライブ!ファンを問題無く受け入れることができるのか、という不安もあります。アニメ不毛の地と言われる静岡県ならではの問題が多いかもしれません。

なにはともあれ、沼津市民として、そして何よりラブライブ!ファンとして、私はこれからも全力で「ラブライブ!サンシャイン!!」を応援します!
ちなみに、今のところは、曜ちゃん、花丸ちゃん、ルビィちゃんの3人が好きですw



【お願い】
写真を見ても分かるように、舞台となっている長浜周辺は住宅地です。聖地巡礼の際には、くれぐれも住民の方の迷惑にならないようご注意ください。特に、長井崎中学校の生徒さんが登下校する時間帯は、周囲の道路は通学路となりますので、この時間帯の訪問は避けたほうが良いかと思います。
また、周辺には伊豆三津シーパラダイスや長浜城跡を楽しむ方専用の駐車場はありますが、休日はいずれも混雑します。長浜周辺の道路は、県道を中心として交通量が非常に多く、路上駐車は多大な迷惑となります。せっかく路線バスが通っているので、公共交通機関を利用して訪れてみてはいかがでしょうか。
トラブルが起きてしまうと、地元民の私としても非常に悲しいので、どうか皆様のご協力をお願いいたします。



余談ですが、同じ静岡県の伊東市が舞台となっている「あまんちゅ!」もアニメ化が決定しましたね。これまでほとんどアニメの舞台として選ばれなかった伊豆半島が、同じような時期に2作品も舞台に選ばれるとは・・・。しかも、あまんちゅ!の原作にも東海バスが登場しているので、これは東海バスに期待せざるを得ないですね(なお、同じ東海バスですが、分社化されているため、ラブライブ!サンシャイン!!に登場しているのは沼津登山東海バス、あまんちゅ!に登場しているのは伊豆東海バスとなり、同じグループですが厳密には会社が違います)。
近年、観光客離れが激しい伊豆半島ですが、ぜにこれを機に少しでも伊豆半島に活気が戻ってくれば良いなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ