雪を被っていない富士山を撮影してみた(前編)

10月に入り気温が落ち着いてくると、空気が澄んで富士山がよく見えるようになります。
富士山といえば雪を被った姿の写真をよく見ますし、私自身も雪を被った富士山ばかりを撮影しています。これは、やはり冬のほうが富士山が見える確率が高く、逆にそれ以外の時期はなかなか撮影できるコンディションにならないためと思われます。

そうなると、やはり雪を被っていない富士山を撮影したくなるものです。空気が澄んでくる10月は、まさにそのチャンス! 幸いにも今年は10月に入ってから比較的天候に恵まれ、連日富士山が見える日が続いたので、そのうちの1日を利用して撮影に行ってきました。

年明け前どころか、なんと3ヶ月も前の話題ですw 深夜アニメの感想とか書いてる場合じゃねーぞ・・・。

PIC_1903.jpg
撮影場所に選んだのは、メジャーな撮影地である伊豆箱根鉄道の三島二日町駅~大場駅間です。
まずは1300系が通過しました。

PIC_1907.jpg
3000系です。
特にピントを調整せずに撮影したら、勝手に手前の稲穂にピントが合ってしまいました・・・。しかし、これはこれで秋らしくて良い写真かもしれません(言い訳

PIC_1916-640.jpg
7000系です。
そういえば、何気に「富士山」と「稲穂」と「列車」を同時に撮影するのはこれが初めてかもしれません。富士山と列車、稲穂と列車なら何度かありますが・・・。

PIC_1919-640.jpg
3000系です。
この日は写真の通り雲ひとつ無い快晴で、富士山のシルエットがハッキリと見えました。

PIC_1930_20151013205823e5c.jpg
3000系第6編成ですが、またしても稲穂にピントが・・・。
メジャーな撮影地で、私自身も何度も訪れている場所ですが、このような構図で撮影したのは初めてのことです。最初は富士山だけを背景に入れようと思っていたのですが、現地で稲穂を見て、どうしても稲穂を入れたくなってしまいました。

PIC_1938_20151013210008a8f.jpg
ヘッドマーク付きの3000系が戻ってきました。この位置からだと遠くて何のヘッドマークなのか分かりませんが・・・。

PIC_1948.jpg
1300系です。
光線状態が変わり、側面に光が当たらなくなってきたので、他の場所に移動することにしました。

ちなみに、撮影時は付近の田んぼで稲刈りが行われており、この場所も来るのがあと数日遅かったら稲が刈られていた可能性があります。この日に来たのは正解だったようで、富士山と稲穂が共演できるギリギリのタイミングでの撮影でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ