日本製紙富士工場専用線を撮影してみた

日本各地には、一般に知られていない鉄道が多く存在し、代表的なものに専用線があります。
専用線には様々な形態がありますが、貨物輸送を目的に、工場など特定の施設と最寄りの駅を結んでいるものが多いです。運行頻度も普通の鉄道と比べると少ない場合が多く、中には1年に数回しか運行されない専用線もあります。

今回私は、JR富士駅から分岐している日本製紙富士工場専用線を撮影してきました。
唐突ですが、最近はアニメの話題ばっかりだったので、たまには鉄分の濃い話をしようかと・・・w

PIC_9179.jpg
新富士駅から徒歩10分ほどで、写真の第4種踏切に到着します。
専用線自体は東海道本線の富士駅から分岐しますが、専用線の末端は東海道新幹線の新富士駅に近い場所にあり、撮影もこちらのほうが適しています。

PIC_9242_20150531213647846.jpg
この踏切、一見すると敷地内のようにも見えますが、一般に通行が可能な公道です。踏切のすぐ脇にゲートがあり、このゲートの先は立入禁止となっています。

PIC_9186.jpg
踏切から工場内を覗いてみると、かなり広い敷地であることが分かります。敷地内に入ってすぐに線路が2本に増えていますが、車止めのあるほうの線路は使用しているのでしょうか?

PIC_9207.jpg
ゲートと反対側に進むと、もう1ヶ所公道の踏切があります。こちらは交通量が多く、第1種踏切(作動は係員さんによる手動操作なので、第2種踏切ともいえるのでしょうか?)となっています。

PIC_9201.jpg
そして、この踏切のすぐ脇が貨物ホームとなっており、なんと機関車が丸見えです! D351という機関車が発車を待っていました。公道からここまで貨物ホームに近付ける専用線はなかなか無いのではないでしょうか?


PIC_9217.jpg
すぐ脇を東海道新幹線が通っているので、このように機関車とのツーショットを撮影することもできます。
ということは、東海道新幹線からもこの専用線が見えるということですね。

14時少し前になって、D351は数量の貨車を牽いて富士駅へ向かっていきました(動画で撮影したため、写真はありません)。

PIC_9230.jpg
機関車が居なくなったところで、貨物ホームの様子を見てみました。長さ的には5両分くらいでしょうか? そんなに長いホームではありませんが、線路自体はさらに奥まで続いているように見えます。

PIC_9259_20150531213650810.jpg
第4種踏切と第1種踏切です。この写真内に写っている2つの踏切が、一般者が立ち入ることのできる数少ない場所になります。
奥に見える車庫のような建物が、先ほどまで機関車が停車していた貨物ホームです。

PIC_9279.jpg
1時間ほどすると、富士駅で入れ替えを終えた機関車が推進運転で戻ってきました。時速10キロにも満たないくらいの低速で近づいてくると、踏切の手前で停車しました。降りてきた係員さんが近くにあるボタンを操作すると、踏切が作動します。ちなみに、第4種踏切にも電鈴が設置されており、これが鳴ることで列車の接近を知らせます(通常の電鈴踏切のような「チン、チン」という音ではなく、発車ベルのような「ジリリリリリ・・・」という音が鳴ります)。

PIC_9280.jpg
踏切が作動したのを確認すると、再び低速で貨物ホームへ入線していきました。
これで入れ換えは終了したようで、係員が踏切の電源を切ると、建物の中に入っていきました。

近年は不景気やトラック輸送などへの転換により、専用線は減少傾向にあります。この富士市周辺も、かつては多くの専用線がありましたが、現在ではこの日本製紙富士工場専用線のみとなってしまっているようです。決して本数が多い専用線ではありませんが、環境に優しいという利点を活かし、活躍を続けてほしいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

>紅玉国光さん

コメントありがとうございます。

専用線の廃止は、全国各地共通の問題だと思います。
鉄道は確かに環境には優しいですが、線路や車両の保守などの費用を考えると、結局のところトラック輸送のほうがコストパフォーマンスが良いという結論に至るのでしょう。機関士を育成しなければならないこともハードルが高そうです。

膨大な初期投資費用が掛かる専用線は、残念ながら今後新たに造られる可能性はほぼ無いでしょうから、既存の専用線の末永い活躍を願うしかありません。

お久しぶりにお邪魔致します

管理人様も御存知とは思いますが、富山県には城端線・二塚の製紙会社専用線があり、これも結構有名なので、比較の意味でも興味深く拝見させて頂きました。
かつては岳南鉄道沿線を始め多数が存在した、富士地区の専用線群も、今では“逆モーダルシフト”の荒波で、現役が1線のみになってしまったとはショックです(氷見線・伏木地区の専用線群も壊滅的となってしまって久しいが……)。
漸く景気も回復の兆しを見せているとは云うものの、厳しい状況はまだまだ続きそうですが、我が国の風土に適した、環境負荷の少ない輸送手段なのですから、もっと見直されて然るべきだと思います。健闘を切に願うものである。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ