沼津登山東海バスの近況

6月に入り、東海地方が梅雨入りしたそうですね。ジメジメした嫌な季節の到来ですね・・・。
さて、今年に入ってから、沼津登山東海バスの車両に動きがあったようなので、今回は久しぶりにバスの話題をしたいと思います。

まずは、新車の話題を・・・。
他社からの転籍車も含め、数台の新車が導入されているのを確認しています。

PIC_4028.jpg  PIC_4032_20140520201802c49.jpg
完全な新車と思われるレインボー(日野製・ワンステップ車)です。沼津登山東海バスには数年前に1台同型車が導入されているので、この顔の車両は2台目となりますが、東海バスグループ全体では珍しい存在です。

PIC_3613.jpg  PIC_3474.jpg
エアロスター(三菱製・ワンステップ車)です。ナンバープレートの数字からすると、先ほどのレインボーよりも後に導入されたようです。車内の座席などから、箱根登山バスからの転籍車だと思われます。
以前は、箱根登山バスからの転籍車については箱根登山バス塗装のままでしたが、最近は東海バス色に塗り替えるようになっているようですね。
今のところ、既存の箱根登山バス色の車両については塗装の変更はされていないようですが、現在活躍している箱根登山バス色の車両が引退すると、将来的に箱根登山バス色が消滅する可能性が高そうです。

PIC_3717.jpg  PIC_3144.jpg
新しく入った車両があれば、もちろん引退する車両もあるわけで・・・。
写真の618号車は、沼津登山東海バスの路線車両としては唯一の旧型エアロスターでしたが、つい最近になって引退したようです。1995(平成7)年の導入だったので、約19年間活躍したことになります。618号車の引退により、残る旧型エアロスターは契約輸送用の1台のみとなったため、路線バスとしては見納めとなりました。なお、この618号車ですが、かなり長期間に渡って車体に全面ラッピングがされていたため、元の塗装が何だったのか最後まで分かりませんでした。箱根登山バスからの転籍車のようなので、箱根登山バス色の可能性が高かったようですが・・・。
このほか、数台廃車が出ているようです。

PIC_0117.jpg  PIC_4076.jpg
続いてはラッピング関係です。
4月の消費税増税に伴い、高速バスの運賃が変更となったため、高速バスの宣伝ラッピングがされている車両については運賃表記の変更が行われています(右写真が変更後)。写真の136号車は、沼津登山東海バスでは唯一旧塗装を纏っている車両で、今回の増税でラッピングが剥がされるかと思っていたのですが、残念ながらラッピングの下に隠されたままとなっています。

PIC_3832_2014052020180318b.jpg
今年4月、旧:西武沼津店の新館を改装してオープンした「RAKUUN」のラッピング車両が数台登場しています。いずれも全面ラッピングとなっているようです。

PIC_4250.jpg
最後に、行き先表示関係です。
富士山の世界遺産登録を意識したのか、今年4月ごろから、一部の系統において「富士山ビューライン」という表示をするようになりました。代わりに、今まで表示されていた英語での行き先表示が無くなりました。
また、既存の一部車両において、車内の運賃表がデジタル式のものからLCD式のものに交換されているのを確認しています。一部車両の交換のみで終わってしまうのか、今後もLCD式への交換が進むのか、気になるところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ