冬休み終了(orz てか新年早々最終回の感想ってw

簡単だと思って最後にやろうと決めていた宿題が、実はものすごく難しくて、苦戦するという法則・・・(orz 詩を1つ、俳句を4つ、短歌を4つ作らなければならないんですよね・・・。とりあえず詩は終わらせましたが・・・短歌? 俳句? ハァ!? そんなのなぁ「松島や 高城町の次 松島や」でいいんだよ(ぇ 早くも明日は始業式・・・なんで土曜日にやるんだよ(orz

さて、ようやく画像編集が終了したので、「だぁ!だぁ!だぁ!」第77話、第78話【最終回】の感想を書きたいと思います。異常に長いので読む方は「続きを読む」からゾウゾ
書きたくないんですよ・・・書きたくないんですけど・・・やっぱり書かないと気がすまないんですよね。感想書いている間何回泣くかなw というわけで、いよいよです!
第77話「満月の夜に」
残すところあと2話ですよ・・・。この話は、ある意味で最終回かもしれません(ちなみに写真は左から右へ見ていってください)。

第77話1
ルゥが浮いたのを目撃してしまった望は、どういう事なのかを確かめるため、西遠寺まで付いてきてしまった。そこで見てしまったものは、「離れたくない・・・離れたくないよ・・・。」と彷徨に抱きつく未夢。すみません、この時点で泣きそうです(激速 すると、ルゥがやはり浮いたではないか! さらに、親戚のお兄さんが「ワンニャー」と言って変な生物(素のワンニャー)に変身w 望は慌ててその場を離れた。その夜、救助船とのやり取りをして、救助船が来るのは次の満月の日だと確定した・・・。
次の日、朝から来客。彷徨が玄関を開けるとなんと大量のマスコミがw 当然驚く彷徨。が、マスコミの目的は未夢らしい。なぜ未夢の居場所がわかったのか・・・マスコミは怖いw マスコミが押しかけた理由は、なんと未夢の母である未来が記者会見をしていたからだった! もちろん宇宙へ出発するという会見ですが。

第77話2
いきなりの事で未夢は困り果てるが、とりあえずマスコミの所へ・・・。突然テレビに映った未夢を見て、ななみ、綾、三太も驚きの様子。マスコミはあっという間に引き上げていったw ひと段落して、朝食を食べていると、みかんが乱入w あちこち部屋を見て、「ここをアトリエにしようと思って。」といきなり言うみかん。当然、彷徨と未夢は「時間が無いんですよ。」とみかんを追い払うわけですが。当のみかんは「なるほど~、宿題たまってるのね。」とあっさり帰っていく。

第77話3
そのころ、望はルゥや親戚のお兄さんの事が頭から離れず、聞こうか聞くまいか悩んでいるわけでw そこに三太がやってきて、望は三太に話そうか話すまいか悩むわけでww 一方の彷徨と未夢には本当に時間が無い・・・落ち込んでいるといきなりももか登場。来た理由は当然ルゥと遊ぶためなんですが、もうじき遊ぶ事ができなくなることを、ももかに言わないと・・・彷徨は、みんなでモモンランドに行こうと提案します。
その頃、西遠寺の玄関付近では三太にルゥや親戚のお兄さんの事を話す望がいたんですが・・・。やっぱり喋っちゃうのか望! 俺は喋らないと信じていたのに。

第77話4
で、それを偶然やってきたクリス、ななみ、綾に聞かれてしまいまして。あぁ、もうだめぽ(orz とその時、玄関が開き、慌てて隠れる望たち。出てきた彷徨たちのあとをつけることに・・・。つけている時も、話題はルゥや親戚のお兄さんの話題で持ちきり状態。すると、彷徨たちは観覧車に乗り込みまして、望たちも観覧車に乗るわけですが、なぜか彷徨たちのゴンドラとの間を1つ空けてるんですよね。隣だとバレるから? でも変装用のお面も持ってるし、空ける必要が無いような気が。てか、逆に彷徨たちの様子が見難く無いか?

第77話5
まあ、そんな事はどうでも良いんですがw さて、いよいよももかにルゥたちの事を話す彷徨と未夢。ルゥがオット星に帰ると聞いて、泣き出してしまうももか。

第77話6
つられてルゥまで泣き出してしまいまして・・・その時、ルゥが突然光りだしましてなw ももかと一緒に浮いてしまったわけですよ。慌ててワンニャーが止めに向かい、その場はどうにかなったのですが・・・・・・ハイ、その光景は完璧に望たちに見られてた訳で・・・。てか、どう見てもこのシーン、彷徨たちのゴンドラと望たちのゴンドラの間にあるゴンドラが描かれて無いですよねw
観覧車から降りた彷徨たちは、苦笑いするしかないわけで・・・。するとななみと綾が、「ひょっとして未夢も・・・!?」と。いやいや、未夢は正真正銘の人間ですから! 萌える少女ですから(マテ そして未夢は「でもすっきりした~。」と。でしょうなぁ、やっぱり隠し事してると疲れますわ、それも1年も隠してたわけですからなぁ・・・。お疲れ様、彷徨、未夢!
西遠寺に戻ってきた一行は、ワンニャーの変身ショーを見て盛り上がっている様子。

第77話7
ルゥのことがバレたのなら・・・未夢は「実は、私が彷徨のいとこというのもウソ。」と言ってしまいまして。クリス即死w そこで綾があのセリフを言うわけですよ。え? どのセリフかって? HPの「臨時の部屋」で公開しているだぁ!小説で綾が言っている長いセリフですよ。「未夢ちゃんのお父さんとお母さんが・・・(中略)・・・キャーチカン! 桶がカッコーン」のところですねw それで完璧にキレたクリスですが、そこは彷徨の技で静止。
1話からの事を振り返って、「楽しかったですねぇ・・・。」と言うワンニャーたち。すると、「何よ、もう終わっちゃうような言い方・・・。」とななみ。そういえば、ルゥやワンニャーの正体はバレても、オット星に帰る事は言ってませんでしたな・・・。ももかがその事を言おうとした時、何かが着陸する音が。

第77話8
それは、輝・流・星矢のUFOでして・・・当然驚く望たちですが、降りてきた輝たちも驚くわけでw そりゃ、自分たちのことを知らない地球人に見られてしまったわけですからな。とりあえず、未夢が説明し、その場はどうにかなったわけですが・・・。彷徨も言ってますが、よく今まで見つからなかったよなぁ。運が良いというか何というか・・・。
輝たちの会話などで、ようやく事の次第を知った望たち。輝たちは、ワンニャーとのお別れ会を開くためにやってきたのだそうで・・・。未夢も転校してしまうので、それも兼ねてですが・・・。さすがのクリスも、やはり未夢が転校してしまうのは嫌なわけで「行かないで~。」と・・・。俺ちょっとこのままだと泣いちゃうんですけどw と、ルゥのUFOに通信が! ルゥの母登場って髪の毛にパーマかかってないじゃん! これじゃあ未夢そのものじゃんw たしか、以前見たときまではパーマがかかっていたような・・・。そんな事より、救助船は近くまで来ているはずなのに、明らかに通信状態が悪い。

第78話1
流や星矢が調査したところ、なんと救助船は時空のひずみに捕まってしまったとのことで・・・。
この展開には俺も驚きましたよ、ということで最終回へ・・・。
どうでもいいですが、次回予告のシーンで最終回の映像が一切流れず、今までのピキピキエンジェル登場シーンの総集編みたいな感じになってるんですよ。こういうのっていいですよね!(何

第78話「また会おうね【最終回!】」
あぁ・・・ついに来てしまいましたか・・・最終回。ホント、書くのが辛いですが・・・書きます、書きますよ。大丈夫・・・大丈夫!
時空のひずみに捕まってしまった救助船を助けるにはどうすれば・・・とその時、何か音が近づいてくる! 一行の目の前に現れたのは、わるわる団のUFOだった! 留学生と聞いていたグアバまで宇宙人だと分かり、興奮している三太たち。そして望はバラを・・・。と、三太が「あの人も宇宙人でしょ! みかんさん。」と・・・。「違うよ~。」と彷徨に言われ、相当ショックを受けたようでw

第78話2
で、わるわる団が来た理由というのが、救助船を助けるためでして、まだ試作品の「時空のひずみ制御装置」を持ってきてくれたんですな。輝が妙に感動してましたがw
ですが、ここで問題が1つ。救助船が捕まっている時空のひずみはかなり大きく、わるわる団のUFOだけでは一緒に吸い込まれる可能性があるらしい・・・。そこで、わるわる団のUFOと、輝のと流のと星矢のを4つ繋げ、パワーアップさせる事を提案。ここでは何故か三太が「おぉ、いいねぇ合体! 王道だねぇ!!」と感動していましたが・・・。と、ここでドリアンがサングラスを外し、「私たち良い人団になったから。」と言っていましたが、変わってないってwというわけでUFOを合体させる事に・・・。

第78話3
すると、三太たちも手伝ってくれると。泣かせるじゃねえかお前ら! ちょっと俺泣きそうになったw ちなみに、輝は強制的に救助船からの通信を受信する係にw そして、ここでハートのつばさ未夢バージョンがBGMとして流れ始めます。まずは「スーパーたらふく」で買出しを。そして作業を開始しますが、ここでクリスが爆走・・・はぁ、最終回まで爆走ですかそうですかw

第78話4
「フワフワした3cmくらいの羽みたいな物無いかなぁ?」と探すキウイに、望はオカメちゃんの羽を1枚提供。さらに「サラサラした6cmくらいの細長い物も欲しいんだけど」と言われ、今度はオカメちゃんが望の髪の毛を提供するシーンにはワロス
グアバが「車輪みたいなものが3つ欲しいんだけど・・・。」と探していると、「ここにあるわ!」とももか。なんと、自分の三輪車の車輪を提供すると・・・泣けるじゃないか! で、ここでピキピキエンジェルが登場するのですが、この最終回のみ声を発するのです! しかもその声優が原作者である川村美香さんなんですよ!! ここで、いよいよ未夢の母、未来がスペースシャトルで宇宙に出発。

第78話5
ここで打ち上げ失敗して未来が死んだら話にならない訳で、見事に成功したわけですがw そして、UFOの合体も完成! 喜ぶ彷徨たちですが、いきなり輝が飛び出してきた。なんと、地球の周りに時空のひずみが大量発生しているらしい。

第78話6
すると、わるわる団・・・じゃない良い人団が「大変だぁ~!」と。時空のひずみを抜けるには、カサカセットを使わなければいけないのですが、この状態だと宇宙に出るのに1つ、救助船を助けるのに1つ、2つカサカセットを使わなければならないのです。が、良い人団が持っているカサカセットは2つだけ。つまり、地球に戻ってくるカサカセットが無い! それはどういうことかというと、今ここで彷徨と未夢は、ルゥとワンニャーと分かれなければならないと言うことでして・・・。彷徨たちは、鐘突き堂の階段に座り、思い出を語り合います。するとルゥが、未夢の手と彷徨の手を重ね、さらにワンニャー、そして自分も・・・やばい、マジ俺泣く(ぉぃ

第78話7
いよいよ出発の時・・・すると、ルゥが「や~!パンパ!マンマ!」と・・・。未夢は必死に「大丈夫・・・大丈夫。平気、平気!」と気持ちを整え、彷徨も「俺も大丈夫だ!」と。そして、「行ってこい、ルゥ。」「言ってらっしゃい、ルゥ君。」と見送る彷徨と未夢。あれ、なんだろ・・・目から液体が(マテ アニメで泣いたの何年ぶりだろ、俺・・・。彷徨と未夢の言葉にルゥも「あい!」と。そして、ついに離陸!

第78話8
ここでオープニング曲である「HAPPY FROWER」が流れるのですが、オープニングでは使われていない部分なんですよ! あ~サントラ2がほしい!!(ぇ
離陸し、1つ目のカサカセットをセット・・・って舌に乗せるのかよw そのための口かよww とりあえず、難なく時空のひずみを通過し、2つ目のカサカセットをセット、救助船を助ける事に成功! 救助船の所へ行こうとしたその時、なんと時空のひずみに囲まれてしまったのです! 救助船は目の前なのに!!

第78話9
すると星矢は「ワンニャー、行くんだ! 救助船に向けて打ち出してやるから!!」と。星矢・・・泣かせるなよ(ぇ ワンニャーは、1話で時空のひずみに吸い込まれた時、何も出来なかった事を思い出し、今度こそは・・・と救助船めがけて飛び出します。
その直後、いよいよ止めちゃう君が・・・。良い人団は止めちゃう君に「スーパー」と書いた紙を張って、「さぁ~、キミは今からスーパー止めちゃう君だ~!」となでなで。さすがはだぁ! 最終回でも笑いを忘れませんなw 「そんなので直るか~!」と止めちゃう君を殴る流w 見事にクリーンヒットしまして・・・「もう終わりだ~!」と慌てるドリアンですが、なんと止めちゃう君の目がハートにw 見事に復活し、「さよ~なら~!!」と消えていく輝たちでした。

第78話10
そのころ、宇宙の旅を堪能している未来は、ふと窓の外を見ると、ワンニャーとルゥが救助船に乗り込むのを目撃。こうして、ワンニャーとルゥが無事に帰れたことが分かりまして、彷徨たちは一安心。しかし、未夢が転校してしまうわけで、悲しむ三太たちですが、「寂しいけど、寂しくない。」という彷徨の言葉に、みんな笑顔で空を見上げ・・・エンディング曲が入ります。

第78話11
エンディング曲中では、未夢のお別れ会→宝晶&未夢の両親が西遠寺へ→一家そろって夕食?→彷徨と未夢が屋根に上り夜空を眺める→列車内から未夢が手を振る→彷徨たちがホームで見送り→列車の走行映像→未夢が元の中学校に戻る→彷徨は窓から空を眺める→元の中学校の制服で歩く未夢の姿(萌え と続きます。最終回なので、もう少し列車は丁寧に書いて欲しかったのですが・・・しょうがないのでしょうか。

第77話12
おっと・・・エンディング曲のあとにも続きがあるようですな。西遠寺の裏口に自転車を止める、市立第四中学校の制服を着た赤い髪の女の子・・・これってもしかして・・・と思ったらやっぱりももか! 程よく成長した感じですなw てことは、たぶん10年くらい時間がたってるのかな? で、ももかが「未夢さ~ん!」と・・・。次の瞬間、大人になった未夢キタ―(・∀・)―!! 正直あまり変わってませんが、胸が(マテ さらにももかが「彷徨さ~ん!」と・・・。次の瞬間、大人になった彷徨が・・・彷徨が・・・変わってないなw 声もそのままだし。てか結局、宝晶のあとを継いだのかw 「学校帰り?」と聞く未夢に、ももかが「うん、未宇ちゃんの様子を見に・・・。」と。未宇ktkr これで彷徨と未夢は夫婦確定!! ん?金髪、緑色の瞳、女の子・・・・・・彷徨の遺伝子はどこww せめて瞳の色くらい茶色にしてあげましょうぜ、これじゃあ未夢そのものやんwと、ここでいきなりペポ登場!? 当然「本当にペポなのか!?」と驚く彷徨たち。そして・・・石段を登ってくる2人の影。1人はワンニャー・・・ということは、もう一人は!? 成長したルゥキタ―(・∀・)―!! こうして再会を果たし、ラストはサブタイトルの「また会おうね」が「また会えたね」に変わり、これで最終回終了!!

まず最初に、ありがとう、だぁ!だぁ!だぁ! 14歳の男の子と女の子が宇宙人の赤ちゃんを育てるというストーリは、今までのアニメに無かったものであり、また、子供にも分かりやすくするために、多少のギャグも入れながらも、子育てをするという大切さを教えてくれました。最近、「14歳の母」という、くだらないドラマがやっていましたが、そんなのよりよっぽど平和的で、柔らかい感じで、とても良いアニメだと思います。そして、このアニメは、話が進むにつれて、彷徨と未夢のお互いの気持ちも進行していくという、かなり大人なストーリーもあり、子供だけでなく、むしろ、大人が楽しめる数少ないアニメの一つと言っても過言ではありません! この年になってアニメで泣くなんて思ってもいませんでした(何
声優の方々、そして製作したスタッフの方々、本当にお疲れ様でした。そして・・・ありがとう!!

だぁ!絵
あ、上の絵ですが・・・とりあえず描いてみました。冬休み中に描いたんですが、時間がなく、手とかマジ手抜きですwルゥがルゥじゃないよ(涙 ワンニャーの顔が「だぁ!」に隠されているのは使用です(マテ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問履歴からお邪魔します(つかずっと前からやってるじゃん)

ホウホウ,アニメもいけるクチですか。ならもうちとマニアックな爆撃しても大丈夫かな(オイ)
あと,レビューは1/3くらいに整理した方がいいと思う。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ