JR東日本の東海道本線から211系が消え・・・

前の記事で、JR静岡の211系について書いたので、今回はJR東日本の211系について書こうと思います。
JR東日本では、東海道本線から211系が引退して、もう1年以上が経過するんですね。というわけで、引退前の211系を撮影した写真を載せていきたいと思います。

211系 小田原駅にて
15両編成の長大編成は、JR東海地区では絶対に見ることのできない迫力のあるものでした。15両ともなると撮影するのも大変で、まともに撮影できたのは小田原駅で撮影したこの写真くらいです。

211系 沼津駅にて
沼津駅で発車を待つ211系10両編成。長らくの間、少なからずJR東海区間まで直通していたJR東日本の211系ですが、2012年3月のダイヤ改正でE231系に統一されました。JR東海の5000番台、6000番台とは異なる点も多く、同じ211系でも違いがありました。

211系グリーン車4
10両編成の211系といえば、忘れてはいけないのがダブルデッカーのグリーン車ですね。東海道本線で活躍していた編成には、様々なバリエーションのダブルデッカーが連結されていました。

211系グリーン車1
一見すると通常のダブルデッカーですが、こちらは行き先表示機が幕式になっています。LED式の行き先表示機に更新されるダブルデッカーが多い中、貴重な存在でした。また、車番のフォントにも特徴がありました。

211系グリーン車3
こちらは、帯が太く、直線に入っている"新湘南帯"の車両です。元:113系に連結されていた車両になります。モハやサハとは帯の高さが合っていませんが、ダブルデッカー同士で帯が揃っていたので、見た目は悪くありませんでした。

211系グリーン車2
・・・となると、当然このような連結をしている編成もあるわけでw ネタ的な観点から見れは面白いのですが、統一感の無さは残念でした。


PIC_6785_20130522215040.jpg
JR東日本の211系といえば、この青いモケットが特徴ですね。個人的には、以前の赤系のモケットのほうが好きでしたが・・・。

PIC_6966.jpg
また、トイレ付近の座席配置も非常に特徴的です。トイレへの出入りを配慮し、2人掛けのクロスシートになっています。ただ、この座席、窓側に座るとロングシート部分に座っている人の横顔を見ることになり、かといって通路側に座ると嫌でもトイレが視界に入るうえ、貫通路を通る人も気になってしまうという微妙な座席ですw

PIC_7300_20130519214816.jpg
電光掲示板の表示に定評のある熱海駅では、211系の引退直前にアイコンが表示されたりもしました。3ドア15両の表示も、過去のものとなりましたね。

PIC_1693.jpg
また、211系からE233系への移行期には、駅によっては案内ポスターが掲示されていました。写真のポスターは、地味に211系の行き先表示が「東海道線」幕というネタが入っていたりしますw それにしても、このキャラクターの萌えなささは異常・・・。


PIC_6959.jpg
今年3月には、東海道本線に続いて宇都宮線からも211系が引退し、高崎線も数往復が残るのみとなっているようです。211系が15両で走る長大編成が見られなくなる日もそう遠くないかもしれません
少し前までは、3ドアの普通列車ばかりが走っていた東海道本線も、今では4ドアに統一され、時代の流れを感じずにはいられません・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ