JR静岡の211系&313系の小変化

今回は、久しぶりにJR静岡の話題を書いていこうと思います。

211系 沼津駅にて
数年ほど前から、徐々に211系の車内に変化が起こっています(写真は5000番台と6000番台の連結)。

PIC_0764_20130513221740.jpg
まずは、通常の211系の車内です。

PIC_3804.jpg
こちらが、変化のあった211系の車内です。変化したのは一部分のみなので、パッと見は分からないかもしれませんが・・・

PIC_0766.jpg  PIC_3800_20130513222051.jpg
優先席のモケットが更新されています(左が更新前、右が更新後、以下も同様)。また、併せてつり皮もJR東日本のようなオレンジ色の物に交換されています。
確かに、相当目立つようにはなりましたが、どうもこのオレンジのモケットは211系の車内の雰囲気から浮いてしまっているような気がします。個人的には、以前のグレーのモケットのほうが落ち着いていて好きでした。

PIC_7010.jpg  PIC_1732.jpg
さらに、優先席が更新された車両は、車内ドア下部の滑り止めも黄色くなっています。近年は、JR東日本だけではなく京王電鉄や小田急電鉄もこのような更新をしていますね。


PIC_0756.jpg  PIC_8490.jpg
同様の更新は、313系(2500番台・2600番台)にも実施されています。こちらは、車内が寒色系のデザインとなっているためか、211系とは違って良い感じに馴染んでいる気がします。何気に肘掛の内側もちゃんとオレンジ色になっているんですねw

PIC_3359_20130514114926.jpg
313系2300番台や2500番台、2600番台については、今まで通常の座席と優先席でモケットの色が同じ(青色)だったため、車両によっては優先席と通常の座席の区別が難しかったので、これによって明確化されたのではないでしょうか。

PIC_0754.jpg  PIC_3364.jpg
例によって、ドア下部の滑り止めも黄色くなっています。313系の場合は、床の色が黒系なので、非常に目立つものとなっています。また、211系と比較すると黄色くなっている面積が横に広いようですね。

この更新自体は知っている方も多いかと思いますが、最近は更新があまり進んでいないように思います。一時、「だいぶ増えたなぁ・・・、このままだとすぐに全編成更新されるかな?」と思うほどまでに増えた時期はありましたが、それ以降、あまり更新されていないようです。現在も、未更新の編成に遭遇することのほうが多いです。


あとは、まったく関係のない余談ですが・・・
211系5000番台・6000番台と313系2300番台・5000番台・6000番台が連結した列車が来た時、私は最近では211系側に乗車するようにしています。実は、313系は座席数が211系より全然少ないんです。
例えば、中間車で見た場合、211系は扉間11人掛け、車端部5人掛けで合計64席ですが、313系は扉間10人掛け、車端部4人掛けで合計56席と、8席も少ないんです。加えて、313系は運転室直後に座席が無く、浜松側の先頭車にはトイレも設置されているので、編成全体で見ると313系のほうがさらに座席が少なくなります。
ただ、乗り心地でいえば313系のほうが良いですし、座席の幅も広いので、迷うところではありますが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ