懐かしい"鉄"な風景(神宮前1号踏切・御田踏切編)

今回も、前回に引き続き「懐かしい"鉄"な風景」をお送りしたいと思います。
今回紹介するのは、愛知県の名鉄神宮前駅前にあった神宮前1号踏切・御田踏切です。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切1
神宮前1号踏切・御田踏切は、名鉄名古屋線とJR東海道本線が使用していた踏切で、2012年7月1日に廃止となりました。名鉄が4線、JRが4線の計8線が通っていた大きな踏切で、いわゆる「開かずの踏切」となっていました。
写真は、名鉄側の「神宮前1号踏切」です。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切2
こちらは、JR側の「御田踏切」です。実質、神宮前1号踏切と併せて1つの踏切となります。
どちらも貴重なワイヤー式の遮断機が使用されており、列車が接近する度に係員さんが手動で遮断機を操作していました。しかし、このために過去には遮断機が上がった状態で列車が通過する事故も発生しており、廃止される一因ともなってしまいました・・・。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切6
神宮前1号踏切・御田踏切は、3つのブロックに別れており、手前3線、中1線、奥4本をそれぞれ個別の遮断機で遮断していました。この写真では、中1線のみ遮断機が開いています。
また、踏切の脇にある小屋が監視小屋で、ここで係員さんが遮断機の制御や踏切の監視を行っていました。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切7  PIC_6939.jpg
踏切には、閉鎖時間が長時間になる旨の掲示がありました(左写真が神宮前1号踏切側、右写真が御田踏切側)。事実、私が撮影していた時も10分以上開かないことがありました。
なお、神宮前1号踏切側の"お願い"の掲示には「"ブザー"が鳴りましたら」という表記がありますが、この踏切は一般の踏切とは異なり、閉鎖中は警報機が鳴りません。一瞬ブザーが鳴ったかと思えば、音も無くワイヤーが降りてきます。なお、御田踏切は閉鎖中も非常に小さい音量で警報音が鳴っていました。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切8  名鉄神宮前1号・JR御田踏切3  
ワイヤーには、注意書きが書かれていました。左写真が神宮前1号踏切、右側が御田踏切のものですが、微妙に文章が異なるのが会社の違いを思わせます。ただ、どちらにも共通しているのは、「半開」という言葉です。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切11
"半開"というのは、遮断機が半分のみ上昇している状態で、踏切同士の途中で退避が可能な歩行者・自転車は通れる一方で、自動車は通ることができません。ワイヤー式踏切が連続しているからこその仕組みといえます。撮影中、半開の意味が理解できていない自動車が半開状態の踏切に突っ込もうとして、係員に制止させられているシーンも見受けられました。
この写真では、手前が"半開"、真ん中が"開"、奥が"閉"の状態となります。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切9
そして、この踏切の特徴といえば、なんといってもこの神宮前1号踏切と御田踏切の境界部分にある退避スペース! 自転車ですら横向きにしないとワイヤーに接触してしまうという狭さです。全国に数ある踏切でも、ここまで踏切同士が接近しているのは他にないのではないでしょうか。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切12
ワイヤー式遮断機の支柱です。てっぺんには滑車が付いており、遮断機の昇降時に回転します。なお、ワイヤーの先は道路を挟んで反対側の支柱に繋がっています。

PIC_6926.jpg
ワイヤーと遮断機の接続部です。こちらにも滑車が使用されています。

名鉄神宮前1号・JR御田踏切10
さらに、支柱の足元にも滑車が・・・。そして、滑車の先でワイヤーは線路の下に潜り、踏切小屋へと続いているようです。ワイヤー式遮断機の仕組みが非常に気になりますね。


私がこの踏切を訪れたのは、2年以上前の2010年9月でした。当時から廃止の噂は出ていたため、廃止される前に見ておこうと大学のゼミ合宿の帰りに立ち寄った際に撮影しました。こうして、いざ廃止されてみると、改めて廃止される前に訪れて良かったなぁ・・・と思います。


次回は、久しぶりにアニメの話題を書きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ