トヨタ自動車東富士工場の専用線跡を調査してみた!(後編)

※この記事は、「トヨタ自動車東富士工場の専用線跡を調査してみた!(前編)」の続きとして書いています。 こちらの記事 も併せてご覧ください。


トヨタ自動車東富士工場専用線15
御殿場線の岩波駅付近から分岐していたトヨタ自動車東富士工場の専用線跡を調査中の私。まもなく、国道246号線の久保川橋を潜ろうというところです。


大きな地図で見る
現在地は、この地図の中心付近です。ここから、左のほうへ向かっていきます。

トヨタ自動車東富士工場専用線16
と、レールの間にたくさんのレールが並べられています。これは一体・・・

トヨタ自動車東富士工場専用線17
なんと、国道246号線の直下で数メートルに渡って路盤がごっそり無くなっています。先ほど並べられていたレールは、この部分に敷かれていたものなのでしょう。

トヨタ自動車東富士工場専用線19
この部分を横から見ると、ちょうど車1台が通行できる幅に路盤が切り取られていました。かつてはここに車を通す必要があったのでしょうが、現在は通行する車は皆無で、写真の奥に写っている車も廃車体のようです。
ここから見ると、廃線跡には見えませんね。ちなみに、手前に写っている橋脚は国道246号線のものです。

トヨタ自動車東富士工場専用線18
路盤消失部分を過ぎると、専用線はすぐに橋に差し掛かります。レールもちゃっかり復活し、専用線はほぼ完全な状態で残っています。この橋は定期的に通行人がいるようで、左側に植物が全く生えていない部分があります。

トヨタ自動車東富士工場専用線32
この橋、国道246号線の久保川橋からもよく見えるため、非常に目立ちます。実は、先ほどの地図にも載っていたりするので、探してみてください。
で、皆さんも気づいているかもしれませんが、この写真でひとつ気になることが・・・

トヨタ自動車東富士工場専用線21
この橋脚跡みたいなの、何?
もしかすると、この橋には旧橋があったのかもしれません。しかし、現橋の真下に旧橋の痕跡があるのは疑問が残ります。この場合、旧橋を取り壊してから現橋を架けたことになり、旧橋を取り壊してから現橋ができるまでの間、列車の運行ができなくなってしまいます。仮設橋を架けていたという可能性もありますが、そのような痕跡はありませんでしたし、"専用線"という規格を考えると、この可能性は低いと思われます。
個人的には、もともとこの場所には橋が架かっており、専用線を建設する際にルートが橋と重なったため、もともとの橋を撤去して新たに鉄道用の橋を架けたのではないかと推測していますが・・・。何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。

トヨタ自動車東富士工場専用線22
橋を渡り終えると、続いて目の前には東名高速道路が現れます。ここで道路を横断しますが、踏切などの痕跡はまったく残っていませんでした。

トヨタ自動車東富士工場専用線31
専用線は、東名高速道路を暗渠で通過します。真冬にも関わらず、すごい藪です・・・。しかし、以前来た時と比べれば全然マシです。


トヨタ自動車東富士工場専用線 ←以前来た時
少しアングルは異なりますが、昨年11月に訪れた時の様子です。この光景を見た瞬間、先へ進む気が失せてしまいました・・・。今回は、前回のリベンジもあるので、多少藪漕ぎをしてでも先へ進みます!

トヨタ自動車東富士工場専用線23 美しい・・・
まるで、この暗渠の中だけ時間が止まっているかのようです。先ほどの藪が嘘のように、バラストから枕木、レールに至るまで、完全な状態で残っています。ここだけ見れば、列車が走ってきてもおかしくありません。

トヨタ自動車東富士工場専用線26
ちなみに、この暗渠には「御殿場49」というプレートが設置されていました。この暗渠があるということは、東名高速道路を建設した時には、この専用線は現役だったということになります。なお、東名高速道路のこの区間の開通は1969年です。

トヨタ自動車東富士工場専用線24
美しい光景は長くは続きません。暗渠を出た瞬間、すぐに藪が待ち受けています・・・。

トヨタ自動車東富士工場専用線27
暗渠の先は、どうやらすぐに橋になっているようです。先ほどの橋とは異なり、橋の上はどこも植物に覆われています。真冬のこの時期にこれだけ酷い藪なのですから、夏場はとても歩ける状態ではないでしょう。

トヨタ自動車東富士工場専用線28
橋を渡り終える頃には、逆光も相まって訳の分からない状態に・・・。
それにしても、橋に暗渠に築堤・・・専用線としてはかなり良い規格で造られているように感じます。廃止されているのがもったいないです。

トヨタ自動車東富士工場専用線29
藪を避けるために身を屈めると、レールを発見しました(写真下)!
そして、この先は開けた場所に出るようで、ガードレールが見えます。これこそが、専用線の目的地である「トヨタ自動車東富士工場」の敷地に間違いありません。工場内にも専用線は続いていますが、工場内は立入禁止なので、ここで引き返すことにします。

トヨタ自動車東富士工場専用線30
横を見ると、鉄道門とゲートらしきものを発見! すっかり錆びて役目を果たさなくなっていますが、こんなものまで残っているとは驚きです。

というわけで、トヨタ自動車東富士工場の専用線跡の調査を終えました。分岐点からここまで500mほどの短い専用線でいた。

私が調査委した限りでは、この専用線は1969年から1972年の間に開通したようで、これは東名高速道路の暗渠や航空写真から考えても妥当だと思われます。そして、この専用線の廃止年月ですが、現状では分かっていません。1980年に撮影された航空写真では専用線上に貨車が確認できることから、この頃はまだ専用線は使用されていたと思われます。また、1984年に撮影された航空写真では貨車を確認できず、この辺りで廃止された可能性が高いと思われますが、確定はできません。
しかし、仮に1969年から1984年まで現役だったとすると、15年間しか使用されていなかったことになります。あれだけの橋や暗渠、築堤を建設しておきながら、あまりにももったいないですね・・・。


短いながら、非常に調査しがいのある専用線跡でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ