大井川鐡道を満喫する!(6)

2013年になりましたが、しばらくの間は2012年のことについて書いていきます。申し訳ございません。

※ただいま、数回の記事に分けて「大井川鐡道を満喫する!」をお送りしています。以下の記事も併せてご覧ください。
大井川鐡道を満喫する! (1)→こちら (2)→こちら (3)→こちら (4)→こちら (5)→こちら


大井川鐡道井川線井川~堂平3
大井川鐡道井川線堂平駅~井川駅の休止線の調査を終えた私は、いよいよ帰宅する時間となりました。
しかし、行きと同じルートで帰るのはつまらないので・・・

西山平バス停1
路線バスを乗り継いで帰ることにしました! 井川では自主運行バスを運行しており、ちょうどその路線が休止線の近くを通っているのです。しかし、この自主運行バス、少し問題がありまして・・・。

西山平バス停2
写真左下の注意書きを読むと(読みにくいですが・・・)、

「本線は静岡井川線の廃止に伴い、代替バスとして小型車両で運行しております。乗車定員9名を越えますとご乗車になれない場合がありますので予めご了承ください。」
そう、この路線バスはあくまで井川地区の住民の生活交通の確保を主な目的として運行しているため、車両が小さく、定員があるのです。もし、このバス停に到着する時点ですでに9名乗車していた場合、私は乗車することができません。しかも、路線図を見ると分かるとおり、この西山平バス停は路線の中でも終点に近い位置のため、座席が埋まっている可能性は高そうです。

不安に感じながらも待つこと数分、私が乗車する上落合行きのバスが来ました。はたして・・・



井川地区自主運行バス ※写真は上落合バス停到着後に撮影したものです。
なんと車内は0人! 乗客は私だけというw いらぬ心配だったようです。
乗車すると、運転士さんが「このバス停から乗ってくるなんて珍しいねぇ。驚いたよ。」とおっしゃったので、井川線の休止区間を調査していたことを話したところ、「あぁ、堂平のところね!」と、なんと休止線をご存知で、休止線について詳しく話してくださいました。


1.20年ほど前までは列車が走っていた
 調べたところ、この休止線は昭和40年代に一度休止状態となったものの、新たな発電所の建設に伴い、昭和60年代から平成の初めにかけて再び使用されていたようです。よって、この証言は信憑性が高いです。

2.数年前に道路が不通になった際、道路として転用された。道路の復旧後は、わざわざ線路を敷き直した
 確かに、2008年5月に井川駅付近で土砂崩れが発生し、県道が不通となった際、休止線が仮設道路として利用されています。ただ、これは路盤に保護シートを敷き、その上にアスファルトの簡易舗装をしたもので、レールを撤去したものではありません。県道復旧後は、簡易舗装を撤去して原状に戻しており、レールを敷き直したわけではないようなので、若干の間違いがあります。とはいえ、貴重な情報には違いありません。


お話を聴いている間に、井川駅前、井川少年自然の家、大日と3つのバス停を通過しましたが、いずれも乗車してくる人は無く、乗客は私1人のまま終点の上落合バス停へ向かいます。この大日バス停~上落合バス停間が非常に長く、なんと50分ほどノンストップで走ります。そして、その道中のほとんどが1車線幅しかないカーブばかりの山道という悪路でして・・・。路面状況も良くなく、酔いやすい人は完全にアウトだろうなと思ってしまうほどです。幸い、私はあまり酔わない人なのでなんともなく、50分間ずっと運転士さんといろいろとお話をしていました。

運転士さんによれば、地元の人がこの道路を走る時は、必ずライトを点け、窓を少し開けて走るそうです。これは、ライトを点けることで遠くからでも対向車の接近を確認でき、窓から入るエンジン音で大型車かどうかを判断することで、スムーズにすれ違いができるようにだそうです。
また、もし後続車がいるようであれば、路肩に避けて先に通すことも重要で、会話中にも何度か後続車を先に通すことがありました。これは、もし狭い場所で対向車が来た場合、1台であればバックすることが可能ですが、後続車がいるとバックができず、立ち往生してしまうからだそうです。
地元の人にとっては、これらのことは"常識"となっており、スムーズにすれ違いができるのですが、遠方からの行楽客などはこういったことを知らずに突っ込んでくるため、立ち往生や事故が起こることがあるそうです。ちなみに、地元の人は"すれ違えない場所"や"すれ違える場所"をすべて把握しているのだとか・・・。すごいですね。

他にも、「この路線バスは2台の車両を4人で管理している」といったことや「最近は紅葉の色が汚くなってしまった」といったお話を聴いているうちに、終点の上落合バス停に到着しました。運転士さん、貴重なお話ありがとうございました!

上落合バス停2
上落合バス停では、しずてつジャストラインの路線バスに乗り換えます。バスを乗り継げるよう接続の良いダイヤが組まれており、便利です。

上落合バス停1
後ろに停車している車両が今まで乗ってきた自主運行バス、前に停車しているバスがこれから乗車するしずてつジャストラインの新静岡バスターミナル行きです。それでは、エアロスターに乗車しましょう。こちらは、私の他にもう1人の乗客を乗せて出発しました。
ちなみに、この便が上落合バス停発の最終便ですw


PIC_3120.jpg

って、エアロスターが通って良い道路じゃないだろこれ!

先ほどの上落合バス停までの道路もこのくらいの道幅でしたが、あちらはワンボックスタイプの車両だったのに対し、こちらは大型バス・・・。それでも、華麗なハンドル捌きで走行できるとは、さすがはプロの運転士さんです。
静岡市街地に近付くにつれ、道路は広くなり、乗客も増えてきました。

静岡駅
そして、すっかり日が暮れた18時過ぎ、上落合バス停から90分ほどで静岡駅に到着しました。
ちなみに、西山平バス停から上落合バス停までが700円、上落合バス停から静岡駅までが1200円で、合計1900円と意外と安かったです。もし、大井川鐡道で帰っていた場合、金谷駅までで3090円掛かっていたので、やはり路線バスにして正解でした。
静岡駅からは、東海道本線に乗り換え、帰宅となりました。


というわけで、6回に渡ってお送りしてきた「大井川鐡道を満喫する!」はこれにて完結となります。楽しんでいただけたでしょうか? ぜひ、皆さんも大井川鐡道に乗車してみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ