富士市の廃道&廃線調査(廃道編)

私は、大学4年になってから大学に行く頻度が少なくなり、自宅にいることが増えました。そのせいか、少しずつ体重が増えつつあります(orz
というわけで、最近は運動がてら自転車で出かけ、ついでに橋梁や隧道の調査を行っていたりもします。いつもは地元である沼津市内を主に調査しているのですが、10月13日は沼津市を飛び出して隣の富士市へ行ってきましたので、その時の様子を書いていきたいと思います。
だいぶ前のレポートとなってしまいますが、ご了承ください・・・。


PIC_1245.jpg
自宅を出発して約1時間ほどで、東海道本線を渡る踏切を通過しました。「ガーデントラクター」ってなんぞ?
ちなみに、今回調査する場所は、自宅から片道20kmほどなので、往復で約40kmの道のりとなります。

PIC_1363-1.jpg
出発して1時間30分ほどで、調査する廃道に到着しました。この道路は、「新幹線駅前通り」という名前が付いており、東海道新幹線の新富士駅が付近にあります。実は、当初は廃線のみを調査する予定だったのですが、この道路を走っていたところ、偶然この廃道区間を見つけてしまったため、急きょ調査することになりました。
白矢印が現道、黄矢印が旧道となります。


大きな地図で見る
現在地はこの交差点です。この交差点から右上へ向けて進んでいきます。なお、googleマップの地図では、未だに旧道が現役の道路として描かれています。

PIC_1372_20121102221355.jpg
まずは現道から・・・。4車線+歩道という高規格の道路となっています。舗装の様子から、まだ新しい道路であることが伺えますね。この日は晴れており、富士山を見ることができました。これは旧道からの景色も楽しみです。
ちなみに、写真左側には旧道が見えています。

PIC_1379.jpg
途中、「田子の浦橋」という橋を渡ります。平成22年9月の竣功ということで、近代的なデザインの特に特徴の無い橋です。

PIC_1351_20121102221353.jpg
ただ、1点変わっていると思ったのは親柱です。親柱の上部に住所と緯度・経度が書かれたプレートが設置されています。すぐそばが海なので、漁業関係のものでしょうか。

PIC_1384.jpg
田子の浦橋を渡ると、交差点があります。真新しい信号機が、最近設置された交差点であることを思わせます。ちなみに、交差する道路は「港大通り」という名前が付いています。

PIC_1419.jpg
交差点を過ぎると、現道は右へカーブします。写真左側に写っているガソリンスタンドは随分と道路から離れていますが、この理由はのちほど明らかになります。

PIC_1407.jpg
カーブが終了する頃には旧道と合流し、旧道区間は終了となります。総延長数百メートルというミニ廃道です。

PIC_1309_20121106001103.jpg
それでは、先ほど出発した交差点に戻り、今度は旧道を辿ります。現道開通によって路面が掘り下げられたのか、段差が生じています。旧道上に停車している軽自動車は無理矢理斜面を登ったのでしょうか?
特に立入禁止の掲示などは無いので、そのまま旧道に入ります。


PIC_1313.jpg
旧道に入るとすぐに、「古い橋を取りこわしています」という看板が立てられていました。期間は来年1月7日までとなっており、先ほど停まっていた軽自動車も関係者のものなのかもしれません。

PIC_1316.jpg  PIC_1282.jpg
また、道路標識も設置されたまま残されています。車高の高い車が接触したのか、少し変形してしまっています。

PIC_1320_20121102231738.jpg
富士山キタ―!
4車線道路のど真ん中から富士山を眺めることができるとは、なんとも贅沢! こんな景色を楽しめる廃道は日本中でもここだけではないでしょうか。

PIC_1324.jpg  
やがて、旧道は橋を渡ります。銘板などは設置されていませんが、富士市ホームページなどを見たところ、現道と同じ「田子の浦橋」という名前のようです。
旧道も現道と同じく4車線+歩道ですが、現道と比べると路側帯が無く歩道も狭いため、窮屈な印象を受けます。とはいえ、旧道化するような道路には思えない規格です。なぜ、廃道になってしまったのでしょうか。

PIC_1330_20121102232017.jpg
またしても、道路標識が設置されたままになっています。そのまま現道に移設すれば良いような気もしますが、"西富士道路"は今年4月に無料開放されたため、緑地で書いてあるのは間違いとなり、移設できないのだと思います。

PIC_1332_20121102232017.jpg  PIC_1254.jpg
田子の浦橋を渡ると、港大通りとの交差点となります。追い越し車線がそのまま右折レーンになる少しウザいタイプの交差点ですねw なお、この交差点の端には「港大通り」の案内板が横倒しにされていました。こちらは再利用するのでしょうか。
さて、どうも正面には道路が無いないように見えるのですが・・・

PIC_1338-1.jpg
現在は資材置き場となっていますが、どうやら旧道は黄ラインのように続いていたようです。右側の白ラインは先ほどの現道です。
なお、こちら側も簡単なバリケードが設置されているだけで、徒歩であれば簡単に出入りができます。

PIC_1409-1.jpg
交差点を渡ると、先ほど現道からも見たガソリンスタンドの前に差し掛かります(黄ラインは推定)。そう、現道からガソリンスタンドを見た時に妙なスペースが開いていたのは、もともとそこに旧道が通っていたからなのです。今では綺麗に舗装されてしまっていますが、部分的に旧道の歩道部分が残っています(写真左下)。

PIC_1421-1.jpg
現道よりから見るとこのようになります(黄ラインは旧道の推定)。何も知らない人が見たら、とても道路があったとは思わないでしょう。

PIC_1404-1.jpg
右カーブの終端で現道と合流し、廃道区間は終了となります(黄ラインは推定)。旧道部分には木が植えられていますが、左側の建物の塀や側溝が旧道に沿っており、旧道の名残を残しています。


というわけで、現道と旧道を辿りました。
で、この立派な4車線道路が廃道となってしまった原因ですが、どうやら、"田子の浦橋"が関係しているようです。近年は地震が多発しており、静岡県も東海地震が心配されています。地震に耐えられるよう、田子の浦橋の架け替えをしたようです。また、田子の浦橋前後の交差点は以前から事故が多く、線形改良も含んでいるようです。


PIC_1399-1.jpg
最後に、現道と旧道の合流点から廃道区間を振り返ります(黄ラインは旧道の推定)。短距離ながら、なかなかネタの多い旧道でした。


次回の記事では、この廃道の近くにある廃線を紹介します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ