【2012年】大学サークルの合宿(1日目・後編)【夏】

【お知らせ】ただいま、数回の記事に分けて、8月16日(木)~20日(月)に行った大学サークルの合宿の様子をお送りしています。以下の記事も併せてご覧ください。

プロローグ編   前編   後編 
てっけんサミット編  こちら 
1日目  前編   中編 


姫路モノレール14  姫路モノレール21
姫路モノレールの廃線跡を辿り、元:手柄山駅である「手柄山交流ステーション」に到着した私たち。2階に登ると、そこには・・・

姫路モノレール20
姫路モノレールの車両!
実は、姫路モノレールの車両は、廃止後もこの手柄山駅構内にずっと保存されていたのです。しかし、つい数年前までは完全な非公開の状態で、まったく車両を見ることはできませんでした。それが昨年、建物の改修工事に合わせ、運転休止以来37年ぶりにその姿を現すことになったのです。

姫路モノレール18
また、車両だけではなく、駅名板や広告看板なども保存されています。車両も駅名板も、37年も眠っていたとは思えないほど綺麗です。

姫路モノレール17
時刻表です。20分間隔運転はまだ良いにしても、始発が9時20分、最終が17時50分というのはあまりに不便です。通勤・通学にはとても使えたものではありませんね。まるで遊園地のアトラクションかロープウェーのようです。

姫路モノレール16
車両側面にはサボも設置されています。サボなど、一部の部品は本物ではなくレプリカです。

姫路モノレール19
外には台車も展示してあります。姫路モノレールは「ロッキード式」という珍しい方式で運行していました。
ロッキード式は、軌道の上部に走行用レール、両側面に安定用レール、片側面(写真では左側)に集電用の第三軌条がそれぞれ設置されており、走行用レールを車輪で挟んで走行する方式です。姫路モノレールの車両の場合、理論上は120キロの高速運転が可能だったそうです。
このロッキード式は、姫路モノレールと向ヶ丘遊園モノレールで採用されましたが、どちらの路線も廃止となっており、現在、国内にロッキード式モノレールは走っていません。

姫路モノレール15
手柄山交流ステーションの屋上からは、このように大将軍駅までの軌道がはっきりと見えました。妙に線形が悪かったり、不自然な勾配がついていたりしますが、これはロッキード式の試験的要素を含めた意図的なものだそうです。

姫路モノレールの展示室は、すべて無料で見ることができます。正直、料金を徴収しても良いのではないかと思えるクオリティで、非常に感動しました。休止から37年という時間の流れを考えると、解体されてもおかしくなかった状態にあったと思います。それでも、こうして展示室に保存してくださった姫路市には、心から感謝しております。
以前から一度訪れてみたいと思っていた姫路モノレールを実際に見ることができて、大満足です!

東横イン姫路駅新幹線南口  東横イン姫路駅新幹線南口2
さて、姫路モノレールを堪能したところで、本日宿泊するホテルへ向かいます。姫路モノレールの廃線跡を先ほどとは逆に辿り、姫路駅前の「東横イン姫路駅新幹線南口」にチェックインします。やはり東横インは客室が綺麗ですね。
チェックインが17時前と夕食には早い時間だったので、ここで1時間ほどの自由時間となりました。私は、実家が山陽電鉄沿線にある後輩とともに、山陽電鉄の撮影をすることにしました。

PIC_6762.jpg
この日、大阪府周辺では局地的な大雨があり、多くの路線で遅延や運転見合わせが発生していました。私たちがいた姫路は雲行きこそ怪しかったものの雨が降ることはありませんでしたが、落雷で負傷者も出たようで・・・。

山陽電鉄3000系 山陽姫路にて
入場券を購入し、山陽姫路駅で撮影します。
まずは3000系です。後輩によると、貫通路の行き先表示機が出っ張っているのは未更新で、珍しいとのことです。

PIC_6779.jpg
ちなみに、この編成、なぜか側面の行き先表示機は「普通」のみの表示でした。

山陽電鉄3000系3 山陽姫路にて
同じく3000系ですが、こちらは行き先表示機が貫通路に埋め込まれています。

山陽電鉄3000系2 山陽姫路にて  PIC_6798.jpg
アルミ製の3000系です。この編成、組み替えが行われており、よく見比べてみると窓や車体裾が異なっています。山陽電鉄は組み替えが多く、むしろ組み替えの行われていない編成の方が珍しいのだとか・・・。

阪神電鉄8000系 山陽姫路にて
阪神電鉄の8000系です。「直通特急」があるので、他社の車両も乗り入れてきます。

山陽電鉄5000系1 山陽姫路にて
5000系です。5000系にも様々なタイプがいるそうで・・・。

山陽電鉄5000系2 山陽姫路にて
5000系のトップ編成が来ました! 山陽電鉄は阪急電鉄のように「0」がトップのようです。

PIC_6860_20120909162939.jpg
この編成、側面の行き先表示機はLED式のものでした。5000系でLED式の行き先表示機を設置しているのは2編成のみのようなので、珍しいものを撮影できました

ここで自由時間は終了、このあとは夕食を取ったりゲームセンターで遊んだりしましたw
その後、各自でホテルに戻り、合宿1日目は終了となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ