2012年4月~6月の深夜アニメ感想

気づけばもう7月ですね。というわけで、今回は今年4月~6月に放送された深夜アニメの感想を書いていきたいと思いますw このコーナーも数年前から恒例になってしまいましたね・・・。



一部ネタバレが含まれますので、ネタバレをご理解いただける方のみこの先にお進みください。また、感想には私の個人的な見解も含まれますので、ご注意ください。




1.這いよれ!ニャル子さん
今期のアニメの中で一番面白かった作品でした!
何と言っても、ネット上で「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」というAAが作られるほどの大ブームとなったオープニング曲のインパクトが大きかったです。また、男の娘あり、ロリあり、百合あり、BLありとキャラクター、ストーリーともに個性的で面白かったです。百合好きな人も男の娘好きな人もBL好きな人も見られる、万人受けする設定が良かったと思います。また、随所に他作品のパロディが盛り込まれているなど、ネタを探すのが楽しい作品でもありました。
声を大にして2期希望です!



2.夏色キセキ
私の地元、静岡県が舞台のアニメでした。
紗季の転校を間近に控えた仲良し4人組の、それぞれの心の動きをよく描いていた作品だと思います。また、オープニング曲、エンディング曲ともに作品に合った良い曲だと思いました。
私は、おとなしめのキャラクターはあまり好きじゃないのですが、何故か凛子には萌えました(ぇ 百合の観点から見ると、凛子は明らかに優香に好意を抱いているようなので、百合好きの私にはそう言う部分も関係しているのだと思いますが・・・。
なにはともあれ、このアニメを機に、今後も静岡県が舞台のアニメが増えればいいなぁ・・・と思います。
あと、余談ですが、東京メトロの列車の車内モニターでは宣伝CMが流れてたり、SBSでは夏色キセキの聖地巡礼特番が組まれたりしていますw



3.君と僕。2
微妙な終わり方だったかなぁ、と感じる作品でした。
1期と比べると、より個々のキャラクターに焦点を当てたストーリーが多かったように感じます。新たな登場キャラクターが多かった一方で、1人のキャラクターの登場時間が短かったりと、なんとなく展開がせわしなく感じました。とはいえ、高校卒業が近づき、進路に悩む様子をよく描けていたと思います。



4.あっちこっち
全体を通してほのぼのしていた作品でした。
何と言いますか、キャラクターやストーリーが萌えを狙いすぎている感じがしました。つみきの外見・性格や伊御の言動などが、いかにも萌えさせようとしているようで、個人的にはあまり好きではありませんでした。とはいえ、若干テンポが悪かったですが、ストーリー構成自体は楽しめた作品でした。また、この作品は稲毛海岸がモデルのようでしたが、京葉線E331系や201系四季彩などが登場し、鉄道マニア視点で見ればネタが盛りだくさんでしたw



5.さんかれあ
「あれ、これで終わり?」な作品でした。
本編の途中にサブキャラクターに焦点を当てた話を挟むなど、ストーリー自体は良い構成でした。それでも、結局私は最後まで「ゾンビ萌え」を理解できませんでしたがw おそらく、この終わり方は2期があることを前提にしたものなのだと思いますが、もう少しまとめても良かったのではと思います。



6.これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド
他の作品よりも一足早く、10話が最終話だった作品でした。
1期を見ずに2期から入ったので分からない話もありましたが、最初から最後までギャグ中心のストーリーだったため、純粋に楽しめました。ただ、ちょっと詰め込み過ぎていた感じはしましたが・・・。



7.謎の彼女X
最後の最後までヨダレフェチの人のための作品でしたw
あえて昭和時代のアニメを思わせる懐かしい作画やBGMを使うあたりにこだわりを感じました。ただ、残念ながらストーリー構成はあまり良いとは思いませんでした。あまりにもあっけない終わり方に、本当に最終回?、と疑ってしまいました。



8.黄昏乙女×アムネジア
今期、放映が多かったゾンビ、幽霊系の作品の中では一番良い終わり方をした作品だと思います。
最初の数話がギャグ中心だったので、「これはゾンビですか?」のような軽い流れで最後まで行くのかと思いきや、途中からいきなりシリアスな流れに変わりましたね。夕子が貞一の記憶を取り戻す話など、少しあっけないなぁと感じてしまう部分はありましたが、最後はきれいにまとめたと思います。



9.めだかボックス
最終回の打ち上げが一番面白かったと感じてしまった作品でしたw
毎回話の流れが同じようになってしまい、正直、途中で飽きてしまいました。「問題発生→問題解決」という流れが一般的な生徒会ものの作品なので、仕方の無いことだとは思うのですが・・・。どうやら2期の製作が決定しているようなので、今後に期待でしょうか。



10.LUPIN the Third -峰不二子という女-
実は「めだかボックス」と放送時間が被り、全話を通して後半数分が見られなかった作品でした。
なので、ストーリーがどうのこうのという感想は書けませんが、特徴的な作画は非常に印象に残りました。雰囲気がとてもよく出ていたと思います。



11.サイバーシックス(再放送)
日本とカナダの合同作品なだけに、やはりストーリー展開はイマイチだと感じた作品でした。
しかし、2000年のアニメがこうして再放送で見られるというのは、良い機会になりました。もしかしたら私、本放送の時に見ていたかもしれません。そういえば、どうして今になって再放送したのかということですが、インターネット上を見るとどうも"ある意味"タイムリーネタのようで・・・。




今期、私が最終回まで見た作品は以上の11作品でした。
中でも、はやり「這いよれ!ニャル子さん」はダントツです! 他にも良い作品ばかりでしたが、これには勝てません。「アクセル・ワールド」と「氷菓」は2クールのようなので、引き続き見ていきたいと思います。そういえば、中途半端な時期から始まった「AKB0048」はどうなるのやら・・・w

さて、7月からはいよいよ私が待ちに待った「ゆるゆり」2期が始まります! もちろん、ゆるゆり以外にも多くの新番組が始まるので、7月からも深夜が楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ