「夏色キセキ」第8話に登場した場所・・・

今日は久々にアニメの話題をしたいと思います。

今期放映されているアニメの中で、静岡県民には見逃せない作品があります。

「夏色キセキ」

この作品、実は静岡県下田市が舞台になっているのです!
静岡県は、意外にもあまりアニメの舞台になっていません。私が知る限りでは、「いちご100パーセント」と「ちびまる子ちゃん」の2作品しかなく、しかもそれぞれ浜松市と清水市(現:静岡市)が舞台となっており、今まで私が住んでいる東部・伊豆地域が舞台の作品はありませんでした。
つまり、「夏色キセキ」は初めて静岡県東部・伊豆地域を舞台にしたアニメとなります。これは地元民として嬉しいものがありますw

さて、今回取り上げるのはその「夏色キセキ」の第8話です。
第8話では、主人公たちが鉄道と船を乗り継いで下田から三宅島へ旅行する話なのですが、その途中、熱海駅が登場しました。頻繁に熱海駅を利用している私としては、これはぜひ聖地巡礼しなければ!w
というわけで、行ってきました。




※この先、アニメ内でのシーンと実際の風景を比較するため、必要最小限度の「夏色キセキ」第8話のキャプチャーを載せていきます。直接的なネタバレには繋がりませんが、ご了承のうえご覧ください。なお、問題点があった場合には直ちにキャプチャーを削除いたします。また、キャプチャーには一部加工を施しております。



夏色キセキ1
主人公たちが伊豆急行に乗車し、下田を出発する場面です。
何故かこの作品では、2100系「黒船電車」がよく登場します。むしろ、2100系以外登場していないような気が・・・。

PIC_1220.jpg
こちらが、実際に伊豆急行で走っている2100系です。比べてみると、ワイパーや窓配置などが若干異なっていますが、細部までよく再現できています。


夏色キセキ2
主人公たちが熱海駅に到着した場面です。
この場面、いくつか問題点がありまして・・・。まず、基本的に伊豆急行の列車は熱海駅1番線に発着します。その場合、画面左側が来宮駅方向になるはずなのですが、この場面の駅名板には右方向に「来宮」と書かれています。また、実はこの場面、動画で見ると黒船電車は右方向から入線しており(1番線発着の伊豆急行線列車は左方向から入線しなければならない)、左右が反転していることになります。
ただ、実際の熱海駅1番線を調べたところ、この場面に当てはまる場所が無いことから、もしかすると1番線ではないという可能性もあります。

PIC_2455.jpg
1番線以外でこの場面に近いのは、2・3番線ホームでしょうか。駅名板の「来宮」が右方向に書かれており、手前の柱に赤と白のゼブラ模様があるという点では共通しています。しかしながら、これでは駅名板に「湯河原」・「函南」という余計な表記が入ってしまいますし、屋根の構造も全く異なることから、この場所ではないと思われます。


夏色キセキ3
続いて、熱海駅4・5番線に登る階段・エスカレーターが写る場面です。

PIC_1934.jpg
この場面の場所は実際に存在しています。比べてみると、構造物の配置は一部異なっていますが、再現率はかなり高いと言えるでしょう。ただ、4・5番線ホームへの案内板の表示の違いには違和感を感じました。実際は「小田原・横浜・品川・東京方面」と書かれているのに対し、作中のものは「小田原・大船・横浜・川崎・東京方面」と書かれており、この場面は昔の資料(一昔前の案内板が使用されていた頃)を元に書いた可能性があります。


夏色キセキ4
主人公たちが熱海駅4・5番線ホームで列車を待つ場面です。

PIC_2073.jpg
この場面も、実際の4・5番線ホームに存在しています。KIOSKの位置や時刻表の大きさなどは異なっていますが、かなり再現率は高いです。特に、電光掲示板のLED表示の再現率には目を見張るものがあります。

PIC_8310.jpg
この特徴的なLED表示は、東海道本線の中でも熱海駅のみで見られるもので、一部文字の色などは異なっているものの、よく再現していると思います。また、作中で表示されている18時10分発・18時23分発の東京行きは実在しています。ただ残念なのは、奥の電光掲示板の特急「踊り子」表示です。この場面では手前が4番線、奥が5番線となっているのですが、特急「踊り子」が5番線から発車することは無いので、この表示は間違いとなります。


夏色キセキ5
このあと、主人公たちが東京行きの列車に乗車します。

PIC_2487.jpg
こちらは、東海道本線で走っているE231系の車内です。ドア回りを見ると、主人公たちが乗ったのはE231系ではなくE233系のようですが、座席配置はどちらもほぼ同一なのでE231系の写真で代用します。
シートピッチなど若干構造的に不自然な点もありますが、よく再現できていると思います。


夏色キセキ6
ちなみに、主人公たちは品川で山手線に乗り換えますが、E231系500番台のLCD画面の表示もかなりの再現率でした。ただ残念なのは、どうも縦横比が16:9っぽいことでしょうか。山手線のE231系500番台のLCD画面は4:3だったりします。


というわけで、熱海駅を中心に検証してみました。本当は下田市まで行きたいところですが、同じ県内といえども結構な距離があるので・・・。

エンディングのクレジットなどを見ると、伊豆急行もアニメの制作に協力しているようなので、そのうち「夏色キセキ」のラッピング電車が登場するのではないかと密かに期待していたりしますw
深夜アニメといえど、その舞台地となった場所は聖地巡礼などで多くの人が訪れます。埼玉県の鷲宮(らき☆すた)や飯能(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)、石川県金沢市(花咲くいろは)などが例に挙げられます。
下田市は観光の町ですが、近年は観光客が減少しているので、「夏色キセキ」効果で少しでも活気が戻ってくれればと思います。


あと、とりあえず凛子はカワイイ!(ぇ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「夏色キセキ」第8話に登場した場所・・・】

今日は久々にアニメの話題をしたいと思います。今期放映されているアニメの中で、静岡県民には見逃せない作品があります。「夏色キセキ」この作品、実は静岡県下田市が舞台になって...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ