【2012年】大学サークルの合宿(1日目・中編)【冬】

【お知らせ】ただいま、数回の記事に分けて、2月20日~22日に開催された大学サークルの合宿の模様をお送りしています。 こちら も併せてご覧ください。


会津田島駅1
会津田島駅に集合したサークルメンバー。いよいよ合宿の始まりです!
まずは、会津鉄道さまに合宿恒例の車庫見学をさせていただきました。

会津田島駅2
まず車庫で出迎えてくれたのは、AT-600・650形(右)とAT-100形(左)です。AT-100形はお座敷車両で、通常は走ることはありません。

会津田島駅3
車庫の奥にいたのはAT-400形です。もともとJRのキハ40形だったものを改造し、お座敷・トロッコ・展望列車に使用されています。通常、こちら側は他の車両と連結しているので、こちら側の前面部が見られるのは珍しいとのことです。

会津田島駅4
トロッコ車両のAT-350形です。車体に描かれたネコ駅長「ばす」のイラストが可愛らしいですね。

キハ8500系
そして、会津田島駅のはずれに留置されていた元名鉄のキハ8500系です。係の方の話によると、売却先は決まりそうなものの、輸送方法が思いつかず動かせないのだとか・・・。

というわけで、車庫見学を終えました。会津鉄道さま、ありがとうございました!
車庫見学を終えたあとは、夕方に会津若松駅に集合するまで短い自由時間となります。が、全員が次の会津若松行きの列車に乗車しましたw

会津鉄道AT-500形・AT-550形
乗車したのはAT-500形です。
この列車、半室運転台なのですが、運転士さんがすごく優しい方で、前面部にカメラを置いて撮影させてくださいました!

PIC_5291.jpg
絶景!!
運転士さんによると、今日はこの季節には珍しいほどの快晴で過ごしやすい日だそうで。なんという運の良さw
この他にも、「どこから来たの?」「どこの大学?」といった会話をしました。運転士さんとの距離が近いのは半室運転台の良いところですね。

塔のへつり駅
さて、メンバーのほぼ全員がまず下車したのは、塔のへつり駅です。ちなみに、降りたのは私たちだけでしたw

塔のへつり駅2
塔のへつり駅のホームにはこのような行き先方面の案内板が設置されています。まさかこんなところで「浅草」の表示を見ることになるとはw

PIC_5293.jpg
塔のへつり駅に降りた理由は、言うまでも無く「塔のへつり」に行きたかったからなのですが、案内板はあっても道が無いという(orz

塔のへつり8
しょうがないので駅前の道路を歩いていくと、塔のへつりの入口に到着できました。平日ということもあってか、ほとんど人影がありません。
塔のへつりまで降りる通路を歩いていると・・・

塔のへつり7
アヒャ(・∀・)
なんかいるw

塔のへつり6
おぉ! なにやら絶景の予感が・・・。つり橋に行ってみましょう。

塔のへつり1
美しい・・・。青い空と白い雪が対比となって綺麗ですね。また、奥に写っている赤い橋もアクセントとなっています。冬の塔のへつり、想像以上に良い所です。

塔のへつり2
視線を右に移すと、これもまた美しい氷瀑が!
私たちが行った時、ちょうど私たち以外に人がいなかったので、この景色を貸切でした。

塔のへつり5
つり橋を渡った先、通路はつり橋の下を潜り、岩がオーバーハングするような場所を通ります。しかも、通路幅が狭いうえに川側には手すりや柵のようなものが無いので、かなり恐怖感があります。

塔のへつり4
通路はすぐに行き止まりとなりますが、どうやら昔はもっと先まで通じていたようですね。廃道のにおいがプンプンしますなぁw


貸切状態の塔のへつりをたっぷり堪能した私たちは、塔のへつり駅に戻り、再び会津若松行きの列車に乗車しました。続きは、次回の記事で書いていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ