年末年始、実家帰省中の撮り鉄②

2011年12月27日~2012年1月4日にかけて、私は静岡に実家に帰省していました。帰省中、少しだけですが撮り鉄をしてきましたので、その時の様子を書いていきます。
今日は12月30日のことです。


PIC_1881_20120118005028.jpg
現在、身延線は台風15号による被災のため、内船駅~身延駅間が不通となり、同区間ではバスによる代行輸送を行っています。そこで、現在の身延線がどんな状況なのかを見てきました。
ちょうど都合がついたとのことで、私の中学時代からの友達である313-3001君も一緒に行くことになりました。彼に会うのはなんだかんだで1年ぶりです。

PIC_1869.jpg
沼津駅で待っていたのは、JR静岡お得意の、短距離列車は6両編成で運転し、長距離列車は3両編成で運転するという嫌がらせ(orz 今回は富士で身延線に乗り換えるので私にとっては嬉しいのですが、富士より先に行く人は可哀想です。案の定、乗車した富士行きはガラガラでした。

PIC_1889.jpg
富士で身延線に乗り換えますが、本来の時刻表の上からは臨時の時刻表が貼られています。

PIC_1886_20120118005027.jpg
そして、臨時時刻表で気になるのが、注釈として書かれている「下り列車の内船駅到着時には入替作業に伴い、掲載時刻より到着が5分程度遅れます。」という表記です。これがどんな意味なのかを知るためにも、内船まで行きたいと思います。

PIC_1879.jpg
なお、身延線が不通のため、特急「ワイドビューふじかわ」は全列車が運休しています。そのため、東海道本線の時刻表も「ワイドビューふじかわ」の部分にはテープが貼られています。

PIC_1905_20120118005342.jpg
ちなみに、駅の電光掲示板の行き先表示は「内船」表示ではなく、本来の行き先である「身延」や「甲府」を表示していました。

313系3100番台 西富士宮駅にて
乗車する内船行きは313系3100番台でしたw 3100番台は2編成しかいないはずなのに、どうも私はよく遭遇します。
車両の行き先表示は駅の電光掲示板と同じ「身延」表示でした。普段は絶対に見られない「内船」表示が見られると思って期待していたのですが、少し残念です・・・。

乗車した内船行きは、内船駅の数百メートル手前でいったん停車しATS装置を解除、入れ替え扱いとして手信号で内船駅の構内に低速で入線しました。これは、内船駅は1面2線なのですが、どちらも出発信号機が片側にしか設置されておらず、そのままでは折り返しができないため、手信号で本来は上り列車が使用する線路に下り列車を入線させているのです。上り列車が使用する線路には下り列車用の信号がありませんから、ATS解除しないと入線できないわけですね。
臨時時刻表に書いてあった注釈の意味が分かりました。とはいえ、だったら最初から内船駅の到着時刻を5分遅らせた時刻で掲載すればいいような気もしますが・・・。

内船駅2
内船駅に到着しました。内船駅は「ワイドビューふじかわ」は停車しますが、このように1面2線の小さな駅です。

内船駅1
内船駅のホームから身延方面を見ます。上り線には車止めが設置されていることから、復旧には時間がかかりそうです。

PIC_1930.jpg
駅前には内船駅~身延駅間の代行バスが停車していました。「山交タウンコーチ」の担当ですが、キュービックとはまた年代物の車両を使用していますねw
ちなみに、内船駅から身延駅は代行バスで15分ほどだそうです。

373系 西富士宮駅にて
ちなみに、現在、身延線では運用の都合上、373系が普通列車として走っています。私は途中ですれ違ったのみで乗ることはできませんでしたが、もし乗れたらラッキーですね。


というわけで、身延線の調査を終えました。身延線の一日も早い復旧を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ