富士急シティバスで迂回運行実施

いつの間にか3月に入りましたね。私はこの1週間、2回カラオケオールをするという非常に体に良くない生活を送っておりますw
さて、今回は先日実家へ帰省した際のネタを・・・。

富士急シティバスでは2月14日~28日まで、「沼津駅~国産電機・沼津高専・がんセンター・駿河平線」で迂回運行を実施していました。

PIC_1110.jpg
沼津駅前バス停に貼られている掲示です。迂回するのは宮下・中尾の両バス停で、これは「三枚橋岡宮線改良工事」によるものです。なお、公式ホームページ上にはこの情報は記載されていません。
また、掲示では3月25日まで迂回する予定と書かれていましたが、工事が早く終了したため2月28日までに変更されました。

せっかく実家に戻っていたので、この迂回運行を調査してきました。


宮下・中尾バス停迂回図
手書きの図で申し訳ございませんが、迂回路周辺の様子はこのようになっています。
赤色のラインの部分が工事実施区間です。
水色のラインは本来の「沼津駅~国産電機・沼津高専・がんセンター・駿河平線」(以下:国産電気線)の経路で、オレンジのラインがその迂回部分となります。
緑のラインは工事区間手前で分岐する「沼津駅~拓南東・沼津ゴルフ場線」(以下:沼津ゴルフ場線)で、こちらの経路は変更ありません。
また、信号機の設置されている交差点は「・」印で示しています。

調査は、地図の左下から右上(沼津駅側から国産電機方面)に向かう形で行いました。

共栄町交差点
国道1号線との交差点(共栄町)です。地図で言うと一番左下の交差点にあたります。交通量が半端なく多いです。

PIC_1164.jpg
共栄町交差点を過ぎると、「この先根方街道 右折出来ません」の予告看板が現れました。遠くに写っている信号機の先が当該の工事区間のため、右折したい車はその手前にある脇道を曲がり、迂回する必要があります。

まずは直進し、正規のルートを辿ることにします。

PIC_1173.jpg
宮下バス停です。貼られている貼り紙は、冒頭で紹介した沼津駅前の掲示と同じものです。
宮下バス停は、国産電機線の迂回運行に伴い少し特殊な状況になりました。

宮下バス停
本来、宮下バス停には「国産電機線」と「沼津ゴルフ場線」の2つの系統が通っています。しかし、今回の迂回運行により国選電機線のバスは宮下バス停の手前の交差点を曲がるようになってしまったため、この宮下バス停には沼津ゴルフ場線のバスのみが停車する形になりました。代わりに国産電機線の迂回路には宮下(仮)バス停が設置されましたが、宮下バス停とは少し距離があり少し不便になってしまいました・・・。
宮下バス停の時刻表は、迂回運行開始日に沼津ゴルフ場線のみの時刻が記載されたものに交換され、国産電機線のバスが通らない旨も書かれています。

宮下交差点1
工事区間の宮下交差点に到着しました。本来、国産電機線のバスが通る右折レーンはカラーコーンで封鎖されています。沼津ゴルフ場線は同交差点を左折しますが、直進・左折は問題ありません。
なお、上のガードは東海道新幹線のものです。

宮下交差点2
右折先の様子です。完全に舗装を剥がしています。写真左下に写っているLED表示機が面白かったですw


PIC_1164.jpg  PIC_1170.jpg
では、少し戻って迂回路を辿ってみましょう。
国産電機線の迂回路は、先ほど工事の予告看板が設置されていたすぐ先にある、信号機のない交差点を右折します。

宮下(仮)バス停1
センターラインのある比較的広い迂回路を進むと、まもなく宮下(仮)バス停があります。仮のバス停ということもあってか、沼津駅方面行きのみにポールが設置されています。

宮下(仮)バス停2
国産電機方面行きのバスに乗車する場合は道路を渡った向かい側で待つシステムとなっており、時刻表にもそのことが書かれています。なお、時刻表には沼津駅方面行き、国産電機方面行きの両方面の時刻が記載されています。

PIC_1204.jpg
宮下(仮)バス停を通過したあと、バスはしばらく直進し、写真の信号機のある交差点を左折します。

PIC_1208.jpg
左折した先はさらに広い道路となっており、迂回路といえど走りやすそうです。前方には東海道新幹線のガードが見えます。

中尾(仮)バス停1
その新幹線のガード下にひっそりと中尾(仮)バス停が設置されています。こちらも宮下(仮)バス停と同じく、沼津駅方面行きのみにポールが設置されています。

中尾(仮)バス停2
中尾(仮)バス停です。この形のポールは富士急シティバス標準のものなので、おそらく不要となったポールを再利用しているのでしょう。

PIC_1217.jpg
中尾(仮)バス停を過ぎると、すぐに信号の無い変則四差路交差点に差し掛かります。

PIC_1218.jpg
この交差点を右折すると元の経路に合流となり、迂回区間は終了します。
せっかくなので、本来の中尾バス停も訪れてみましょう。


PIC_1223.jpg
写真は、先ほどの変則交差点を工事区間側を向いて撮影したものです。ここを左折すると迂回路となり、直進が本来の国産電機線の経路です。
工事区間はまだ先ですが、この交差点を過ぎると迂回できる広い道が無いため、この交差点で曲がることを推奨しています。

PIC_1224.jpg
そのまま進むと中尾バス停が見えてきます。そして、中尾バス停のすぐ先で通行止めとなっています。これは、中尾バス停の脇から左へ分岐する道(「止まれ」の標識のある道)が迂回路として利用できる最後の道路のためです。

中尾バス停2
中尾バス停です。ポールは両方面に設置されていますが、ポールの近さからして道の狭さが分かると思います。実は迂回路のほうが本来の経路より道幅が広いというw この道幅で中型のバス同士がすれ違ったりするのですから驚きです。

中尾バス停1
中尾バス停は宮下バス停と異なり国産電機線しか通る路線が無いため、迂回期間中は1本もバスが通りません。そのため、それに関する注意書きが掲示されていました。時刻表自体はそのままになっているようです。
余談ですが、この時刻表、「宮下経由」と「天神ヶ尾経由」の2つの経由の沼津駅行きが書かれていますが、どちらも経路はまったく同じですw どのバスも中尾バス停を出ると、宮下、天神ヶ尾、ひばり台、沼津学園前・・・と続くので、なぜ経由地が分かれているのか分かりません。

ちなみに、「天神ヶ尾」の読み方分かりますか? これで「てじがお」と読むんです。個人的にはなかなか難読だと思っていたりしますw


PIC_1155.jpg
また、調査中に「教育実習車」が来ました。迂回路から来たので、おそらく国産電機線を試運転していたと思われます。
それにしても、実習に使用している車両が相当な年代物ですねw 導入してから軽く15年は経っており、なんと床が「木」という・・・。さぞ扱いづらいでしょうに、ご苦労様です。


現在、この迂回運行は終了し、通常の経路での運行に戻っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ