2月15日分 撮り鉄

【お知らせ】大学のサークルの合宿が終了したため、この記事よりブログの更新を再開いたします。


今回は少し前の話題となります。

2月14日~15日にかけて、東京では天気予報ではまったく予告していなかった大雪が降りました。都心でも路面が白くなるほどの積雪となり、驚いた方も多かったと思います。

私も15日の朝起きてビックリ! すでに雪は止んでいたものの、一面の銀世界に思わず撮影したくなりましたw
家から近い京王電鉄と小田急電鉄、どちらを撮影しようか悩みましたが、小田急電鉄のほうが多くの形式を撮影できて面白そうだったので、小田急電鉄に決定しました。

いくつか候補に上げていた撮影地の中で、無難に新百合ヶ丘駅を選びました。3・4番ホームの新宿より先端で待ち構えます。


小田急電鉄30000形 新百合ヶ丘駅にて
一番最初に来たのは30000形の「はこね」です。
昨日積もった雪がまだ残っており、雪景色の中を走る小田急を存分に撮影できます!

小田急電鉄1000形  新百合ヶ丘駅にて
1000形の急行秦野行き・・・。秦野まで行くなら新松田まで運転してほしいところですがw

小田急電鉄3000形 新百合ヶ丘駅にて
3000形+8000形の急行片瀬江ノ島行きです。

小田急電鉄8000形  新百合ヶ丘駅にて
8000形の急行小田原行きです。

東京メトロ6000系 新百合ヶ丘駅にて
ラッシュ時間帯なので次から次へ列車が来ます。
東京メトロ6000系の多摩急行、約10分遅れで来ました。ちなみにこの写真、元サイズだとピンボケが酷いですw せっかくの未更新編成だったのに・・・(orz

小田急電鉄1000形(10両貫通) 新百合ヶ丘駅にて
1000形10両貫通編成の急行片瀬江ノ島行きです。

東京メトロ16000系 新百合ヶ丘駅にて
続いては東京メトロ16000系の多摩急行。こちらも10分ほど遅れての運行でした。

PIC_0916.jpg
多摩急行唐木田行きと急行唐木田行きの普段は見られない並びです。右側の急行唐木田行きは1日1本のみある新百合ヶ丘始発の急行で、新百合ヶ丘を発車すると栗平・小田急永山・小田急多摩センター・唐木田のたった4駅で終点となる超短距離列車ですw

PIC_0997.jpg
ちなみに、この多摩急行を最後に、しばらく多摩急行は運休となりますw

小田急電鉄4000形 新百合ヶ丘駅にて
4000形の快速急行藤沢行きです。4000形のLED行き先表示機はある程度シャッタースピードを落としても切れてしまうのですね・・・。

小田急電鉄8000形  新百合ヶ丘駅にて
8000形の急行小田原行きです。
この辺りから急速に晴れてきて、どんどん気温が上昇していきます。雪が溶けるのも時間の問題でしょうか・・・。

PIC_0963.jpg
所用があり、一旦駅を出てみました。ついでに小田急バスも撮影してみます。

PIC_0955.jpg
エルガです。

PIC_0973.jpg
エルガです。
・・・というか撮影中はエルガしか来ませんでしたw

PIC_0968.jpg
高速バスです。日産ディーゼル製の車両でしょうか?


小田急電鉄2000形 新百合ヶ丘駅にて
所用を済ませて駅へ戻ると、先ほどよりだいぶ溶けているものの、まだ雪が残っていたので、今度は5・6番ホーム小田原側で撮影することにしました。

小田急電鉄3000形(10両貫通) 新百合ヶ丘駅にて
登場したばかりの3000形10両貫通編成が来ました!
しかし、あまりにも暗いのですぐに先ほどまでいた3・4番ホームに移動しました。

小田急電鉄60000形 新百合ヶ丘駅にて
MSEが撮影できました。前面部に架線柱の影が落ちてしまったのは少し残念ですが・・・。

雪がだいぶ溶けてきたため、このあたりで撮影を終えました。
2月も半ば、もう今年は東京都心で雪が積もる機会はないでしょう。貴重な撮影ができました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ