【第2回】同好会の日帰り旅行(中編)

現在、11月20日(土)に行った帝京大学鉄道研究同好会今回の日帰り旅行についてを書いています。 こちらの記事 も併せてご覧ください。


立川駅に18時30分に集合するまで奥多摩で自由行動となり、私は奥多摩周遊道路の川野駐車場へやってきました。

PIC_8666.jpg
川野駐車場の敷地内にひっそりと存在するロープーウェイの支柱。しかし、現在の地図にはこのロープウェイの記載はありません。

奥多摩湖ロープウェイ3
とにかく駅に行ってみましょう。このロープウェイの駅へ行くには、奥多摩周遊道路の脇にある階段を登る必要があります。

奥多摩湖ロープウェイ22
1つ目の階段を登り終えると、すぐに2つ目の階段が現れます。しかし、どう見ても最近使用している痕跡はなく、苔が生え放題です。

奥多摩湖ロープウェイ2
2つ目の階段を登ったところでいきなり道が消失します。ここからは木の枝を頼りに斜面を登らなければなりません。これ、夏場だったら葉が生い茂っていて近づけないでしょうね・・・。
(写真は斜面を登ったあとで撮影しています。奥に写っているのが奥多摩周遊道路です。)

奥多摩湖ロープウェイ1
駅が見えてきました!
地面に平行に建設されている駅舎と比べると、いかに斜面が急勾配であるか分かります。斜面には落葉が堆積しており、非常に滑りやすかったです。

奥多摩湖ロープウェイ4
ようやく駅に到着しました。

もうお分かりかと思いますが・・・実はこのロープウェイ、すでに運行休止となっているのです。



奥多摩湖ロープウェイ7
奥多摩湖ロープウェイ

1962(昭和37)年、川野~三頭山口間が開業。線路延長621m45cm、高低差はたったの65cm!
奥多摩湖上遊覧と登山客の利便性向上のために敷設されたロープウェイでしたが、開業後数年で道路橋が奥多摩湖に架かり利用客が激減。わずか13年後の1975(昭和50)年に運行を休止し、そのまま現在に至ります。

奥多摩湖ロープウェイ5
現在私がいるこの駅舎は三頭山口駅だった建物です。あくまで「廃止」ではなく「休止」扱いのため、駅舎や支柱が現在も残されています。

奥多摩湖ロープウェイ6
立入禁止の看板等がないので駅舎内へ入ってみます。入口を入って右側はこのようになっていました。左側は乗車券売り場、奥の部屋はトイレだったようです。

奥多摩湖ロープウェイ10
正面には改札口が。当時は自動改札なんてものは考えられなかったでしょうね。

奥多摩湖ロープウェイ8
窓から紅葉を眺めてみました。写真では白飛びしてほとんど写っていませんが(orz
右下に落書きがあるのが残念ですが、場所が場所だけに訪問者は少ないようで、全体的に状態は良かったです。

では、ホームへ降りてみましょう。


奥多摩湖ロープウェイ21
!?

奥多摩湖ロープウェイ9
車両きたああああああ!!

このロープウェイ、なんと車両までそのまま残されているのです!


奥多摩湖ロープウェイ13
車両名は「みとう」。先ほどの銘板には車両の定員は36人と書かれていましたが、この車両の小ささで36人も乗れるとは思えません。交走式索道であることから、36人というのはおそらく2車両合わせての定員で、1車両の定員は18名だったのではないでしょうか?

奥多摩湖ロープウェイ15
側面には社紋らしきものが・・・。運行休止からすでに35年経っていますが、それにしては車体の状態が良いような気がします。
ただ、乗った瞬間にワイヤーが切れて・・・なんてことを考えると、ドアが全開でもとても乗る気にはなれませんでした。

奥多摩湖ロープウェイ11
駅名板です。文字が消えかかっていますが、隣の駅は「川野」です。ローマ字表記が突っ込みどころ満載なんですがw

奥多摩湖ロープウェイ12
三頭山口駅から川野駅側を眺めてみます。前方に写っている支柱は先ほど川野駐車場から見上げていたものですね。

奥多摩湖ロープウェイ14
現在時刻、14時30分。そろそろ戻りましょうか。

奥多摩湖ロープウェイ16
と、左側の壁にスイッチの残骸らしきものを発見しました。

奥多摩湖ロープウェイ17  奥多摩湖ロープウェイ18
左側のボックスには「信号」と「非常停止」、右側のボックスには「準備完了」と「作業保安」と書かれています。当時は駅員さんがこれらの装置を扱っていたのでしょうか・・・。


PIC_8763.jpg
14時37分、あの急斜面を降り、無事に多摩湖周遊道路に戻ってきました。ちなみに、すぐ近くには多摩湖周遊道路が有料道路だった時に使用していた廃料金所もあります。
それにしても、左側の看板の「けがをしますと病院に収容されるまで約2時間かかります。」という警告文がインパクトありますね・・・。

PIC_8772.jpg
奥多摩湖の対岸から見た廃料金所と三頭山口駅です。右下に写っているのが廃料金所、左側に写っている白い建物が三頭山口駅です。よくこんな所に駅を作ったものです。


さて、ロープウェイは2駅を結ぶことで成立する乗り物ですよね? というわけで、対岸にある川野駅の調査にも行ってきましたw
どうか期待せず次の記事をお待ちください・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ