東海道を西へ東へ

4月1日は静岡鉄道や静岡まつり、伊豆箱根鉄道に行ってきたので、書きたいと思います。嘘じゃないですよw

朝7時前に沼津駅北口に到着しました。今回も遠出では無いですが、青春18きっぷがあと2回余っているので、青春18きっぷを使用します。駅員さんに印を押してもらいましたが、押している時に動かしてしまったらしく、日付の部分が微妙な事になってましたw
まずは静岡鉄道に乗るため、1番線から7時12分発の浜松行きに乗車します。7時10分頃、2番線に20分発の静岡行きが到着しますが・・・

313系3100番台 沼津にて
313系3100番台でした。
僕は一足先に原駅に行きます。原ではホーム富士よりで371系ホームライナーの撮影をすることに。

371系ホームライナー 原にて
なかなか良い感じだと思いますが、どうでしょう。片浜もいいですが、直後にやってくる373系9両編成の静岡行きに確実に乗車する為に、今回は原で撮影しました。そして、373系静岡行きで清水駅まで乗車します。

373系「普通」 原にて
先頭はF13編成でした。運良くセミコンパートメント席を確保でき、清水まで快適に過ごせました。特急券無しで乗れるのはやっぱり嬉しいですね。
清水に8時14分に到着、徒歩で桜と列車がセットで撮影できる場所を目指します。15分ほどで撮影場所に到着しました。前日の雨で散っていないかと心配しましたが、それ以前にまだ咲いてない(orz ちょっと来るのが早かったようです。まあ、そんな事を言っていても仕方ないので、撮影を始めます。まず最初にやってきたのは・・・
寝台特急はやぶさ・富士と桜
あれ? 寝台特急はやぶさ・富士!? どうやら遅れていたようです。思わぬ収穫となりました。

211系+313系と桜
313系と211系の連結面を撮影してみました。この時間、唯一順光で撮影できるショットです。

桜と静鉄電車1
ここからは静岡鉄道も撮影できます。気持ちいいほど青い空ですねぇ、ただ逆光ですが(orz

桜と静鉄電車2
今度は横で。もうちょっと桜が咲いていればぁ・・・。
さて、そろそろ新清水駅へ向かいます。そういえば、新清水駅へ行く途中、ものすごく低いガードがありましたw
ガード低!
制限高さ1,8mって・・・。列車が大きく見えます。
新清水駅からは静岡鉄道に乗車します。9時ちょうど発の新静岡行きで桜橋駅へ・・・

1000系第5編成
LuLuCaラッピング編成でした。あれ? 1,8Mガードの写真に写っている車両と同じですねw
桜橋から徒歩で桜と列車がセットで撮影できる場所を目指します。15分ほど歩きましたが、かなり暑かったです(この日の静岡市は最高気温31度)。で、撮影場所に到着。こちらは桜が満開で、良い感じだったんですが・・・
313系通過中・・・のはずw
列車が見えない(写真は313系が通過中)!? あろうことか、線路の手前に歩行者用の橋が架かっています(orz いろいろと試行錯誤をし、どうにか撮影できる場所を発見しました。

桜と静鉄電車3
歩道橋の上から撮影してみました。あまり良い構図とは言えませんね・・・。

313系と桜
桜の木の隙間から辛うじて撮影ができましたw 313系が通過中です。こちらの方が良いですね。
さて、一通り撮影が終わり、狐ヶ崎駅へ向かいます。その途中、何やら保線さんが工事をしていました。どうりで撮影中に警笛が聞こえると思ったら・・・。何の工事をしているのか看板を見ると・・・
工事期間長!
平成23年まで・・・。こりゃまた長期間に及ぶ工事ですなぁ。頑張って下さいw
狐ヶ崎駅からは再び静岡鉄道に乗車します。そういえば、毎年、静岡まつりの期間中、前面にHMが取り付けられる編成があるのですが、まだ一度も見ていません。今年は無いのかなぁ・・・と思っていると、なんと長沼駅で発見! 急いで列車から降りました。

静岡まつりHMつき1000形
・・・よりによって車庫に居るとは(orz
撮影後、後続の列車に乗車し、日吉町駅で下車しました。実は、現在、新静岡~日吉町間の踏切である実験をやっているとのことで、調査をする為に下車したのですが・・・
普通の踏切? 新静岡~日吉町間
これが、その踏切です。何かに気付きませんか? そう、遮断桿の色が黄・黒ではなく、白・赤になっているんです。これは、視認性効果を検証する為だそうです。

赤・白遮断桿が目立つ
確かに目立っているような気がしますねぇ。なぜか遮断桿の一部が太くなってますw てか、写っている列車、また第5編成だし(ぉ

赤・白遮断桿試験中の看板
踏切のそばには試験中の看板もありました。「お間違いのないようにご注意下さい。」って、何と間違えるんでしょうかw
踏切調査のあとは、せっかくなので駿府公園に行く事にしました。

駿府公園 駿府公園2
まさに桜が満開で、とても綺麗でした! お花見している方も多かったです。
一通り散策して静岡駅へ。ここからは一気に三島駅まで行きますw こんな無駄な事ができるのも青春18きっぷならでは? さて、ホームで待っていると入線してきたのは・・・
211系SS10編成 富士駅にて
211系(orz しかも3両ですか(富士駅にて撮影)。コレは混むなぁ・・・と思っていましたが、運良く静岡始発だったので、まったく混みませんでした。運転室後ろの座席を確保、三島まで前面展望を楽しみました(ぉ ちなみに、静岡~沼津まで女性の運転士さんでした。途中、蒲原で野良犬が車内へ入り込むという緊急事態が発生w 約1分ほど延発しました。
富士駅ではなぜか4分停車するので、その間に列車の一番後ろのドアを調査してきました。すると・・・
業務用・・・ 業務員用ドア
やっぱり業務用になってました。前面展望中、東静岡~富士間のほとんどの駅で駅員さんがホームにでていたので、もしやと思ったわけです。ちなみに、この時車掌さんと駅員さんが「停車時間長いよねぇ。」と話していましたw
三島に到着、ここで伊豆箱根鉄道に乗車します。実は数日前、伊豆箱根鉄道で通学している友達が、「なんか今日、3000系だっけ? 前に看板がついてたよ。」と教えてくれたので、確かめる為です。伊豆箱根鉄道のホームに移動すると、7000系が停車中。その前面には・・・
HMつき7000系 三島駅にて
HMキタ―(・∀・)―!! 第2編成ですね。

修善寺温泉HM
「修善寺温泉 開湯千二百年祭」のやつですか、なるほど。そういえば、時刻表にもありました。ちなみに、他にも撮影している方がいました。
この後はなんとなく三島二日町駅で撮影を続けましたが、残念ながら3000系のHM編成は来ませんでした(orz もしかしたら、友達が7000系と3000系を間違えたのかもしれませんが・・・。
さて、再び三島駅から東海道本線に乗車し、今度は小田原へ向かいます。とは言っても、この前来たばっかりですがw そうなんですよ、この前来た時、大雄山線の車両にHMが取り付けられているのを見てしまったんです! それが気になったので来てしまったんですw
大雄山線の乗り場へ向かうと、そこには・・・
5000系第1編成!
5000系第1編成が! ここでこの編成に会えるとは、なんと運の良いw でも、HMは・・・(orz
不安なまま発車を待っていると、隣に次発の列車が入線。前面を見ると、HMキタ―(・∀・)―!! これで次発の大雄山行きはHM編成が確定したので、井細田駅で撮影することに・・・。
井細田駅名板
てなわけで井細田に到着。駅名板が良い感じですねぇ。なんで井細田か? 何となくです(ぉぃ 時間の都合で、撮影できるのは2本だけです。1本目は小田原行きですが・・・
HMつき5000系 井細田駅にて
お、HMがついてます! もしかしたら第1編成以外すべてついているのかも・・・。2本目はHMのズームで。
PASMOのHM!
なるほど、PASMOサービス開始のHMなんですね。駿豆線も導入されたら付けるのでしょうか?
さて、早くも小田原に帰らなくてはなりません。乗ってきた列車にもHMが付いていたので小田原で1枚・・・
HMつき5000系 小田原駅にて
あれ? 何かさっきのHMと違うような・・・。ん?
色違いPASMOのHM!!
あ! 色が反転してる!! PASMOのHMは2種類あるんですね、すばらしいです。僕はこっちのHMの方が好きです(何 
小田原からは東海道本線で熱海へ、そして乗り換えて沼津へ帰りますが、熱海からはなんと313系3両編成(orz ものすごく嫌な予感がするんですけど・・・。そして、乗り換えた列車がこちらw
なんじゃこりゃ~!
・・・山手線のラッシュ? って笑っている場合じゃな~い! これヤバイよ、マジやばいよ、まったく動けないよ。上の写真だって辛うじて撮影できたものだし。ちなみに、写真は熱海発車時のものです。で、沼津に到着した時には・・・
混みすぎ!
ありゃ~。ダイヤ改正前までこんなに混んでましたっけ? というかこの列車、前まで6両編成だったような・・・。減車(orz 熱海に行く列車を減車すんなJR東海! 実際に乗ってみてから減車を検討しろってんだ!!
こんな呆れた展開で今回の旅は終了しましたとさw
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時刻表

時刻表時刻表(じこくひょう)とは、日本の鉄道会社一覧|鉄・軌道・路線バス・航空路線・定期航路など、公共交通機関の運転時刻をまとめた表、およびその表を多数掲載した冊子などのこと。概要一般に各駅(バス停、空港、港)各路線における列車などの出

鉄道をしらべてみた

前者の形式の時刻表は、1872年(明治5年)、新橋・横浜間に日本初の鉄道が開業した時から存在しており、その当時は時刻を表すのに「時」ではなく「字」を使用していた。また月刊時刻表の日本で最初の物は、1894年(明治27年)10月5日に庚寅新誌社(こういんしんししゃ・干支

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ