京急クオリティな駅

昨日実家へ帰省したN_stationです。約3ヶ月ぶりの帰省となりました。やっぱり静岡はいいですねぇ。
実家のパソコンは家族と共有のため、実家帰省中はブログの更新頻度が下がるかもしれませんが、ご了承ください・・・。


※今回の記事は 前回の記事(バリエーション豊かなE217系) の続きとなっています。


横須賀線で品川まで出た私は、そのまま京急に乗り換えました。

京急電光掲示板
目的はこれです! なんだかんだで今まで行ったことがなかったので。高架化する前に行っておかなければ・・・。

梅屋敷駅ドアカット
ドアカットきたあああ!
梅屋敷駅はホームが4両分しかないため、6両編成の各駅停車だと上下列車ともに横浜よりの2両がホームはみ出して停車するのです。当然はみ出す2両はドアが開きません。
なお、4両編成の各駅停車はホームからはみ出すことなく、すべてのドアが開きます。

梅屋敷駅
梅屋敷駅の駅舎です。すでに高架化工事がかなり進んでいるため、コンパクトになっています。


梅屋敷第1踏切道1
この踏切は、梅屋敷駅横浜よりにある「梅屋敷第1踏切道」です。
「6両編成の普通列車は踏切通上に停車します」という注意看板が設置されています。

梅屋敷第1踏切道3
写真では分かりませんが、6両編成の普通列車が梅屋敷駅に停車するとこうなります。完全に踏切を塞いでしまっていますね。東急大井町線の九品仏駅と似ています。
おそらくラッシュ時間帯は開かずの踏切と化しているはずです。

梅屋敷第1踏切道2
踏切の真上では新たな高架橋が建設の最中です。高架橋自体はほぼ完成しており、そう遠くない日に高架化されることを思わせます。

梅屋敷での取材を終え、続いて京急蒲田へ向かいます。

北総鉄道9100形トップ編成
ちょうど北総鉄道の9100形が入線してきました。何気にトップ編成です。この独特な前面はいつ見ても新鮮ですね。

京急蒲田駅を出て、私が向かったのは・・・

京急蒲田(空)第1踏切5
そう、箱根駅伝でも京急蒲田の踏切として有名な、「京急蒲田(空)第1踏切」です。あまりにも踏切が大きくて、フレームに収まってないですがw

京急蒲田(空)第1踏切1
踏切のすぐ近くにある歩道橋から撮影してみました。ちょうどブルースカイトレインが通過中です。

京急蒲田(空)第1踏切2
反対側です。一旦踏切が閉まると、どんどん車が渋滞していきます。これは確かに早急な高架化が必要かもしれませんね・・・。

京急蒲田(空)第1踏切4
そういえば、この巨大な警報機がかなりの優れものです。踏切作動時はこのように普通の警報機なのですが・・・

京急蒲田(空)第1踏切3
踏切作動時以外は、このように「踏切」「一旦」「停止」という表示が点滅します。他の場所では見たことがないので、おそらく特注品なのではないでしょうか。
ただ、表示が薄くて車のドライバーにちゃんと見えているのかは疑問なところですがw


着々と高架化工事が進んでいる京急。京急蒲田の踏切を見ると分かる通り、早急な高架化が必要なのは事実です。しかし、高架化すればこの2つの京急名物は確実に消えてしまうでしょう。消えてしまう前に、ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか? 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お写真借用のお願いです

ブログ 管理人さま


突然のご連絡失礼いたします。
私、書籍の編集製作をしております、ロム・インターナショナルの菅沼と申します。
このたびは、ホームページに掲載されております、お写真をお借りしたくご連絡差し上げました。

現在、弊社にて京急沿線を紹介する一般書籍を制作しております。
その本の中に、「梅屋敷駅のドアカット」を紹介する記事がございまして、
記事にあわせてご所蔵のお写真を掲載させていただきたく、ご連絡差し上げた次第です。

御ブログの2009年12月15日の記事に掲載されておりました、
梅屋敷駅でドアカットが行なわれていた頃の写真を拝見いたしました。


つきましては、お写真借用につきましてご検討いただき、下記連絡先までお返事いただけますでしょうか。
また突然のお願いで非常に恐縮なのですが
もし借用が可能ということでしたら、下記のメールアドレスまで元データをお送りいただけると幸いでございます。

お忙しいところ大変恐縮でございますが、
何卒お取り計らいのほど、よろしくお願い申し上げます。

***********************************************
株式会社ロム・インターナショナル
菅沼 圭一朗
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-1-1 三幸ビル9F
TEL03-3267-2911 / FAX03-3267-2914
e-mail:info@rom-in.jp
**********************************************

コメントありがとうございます

>おみずさん

コメントありがとうございます。

さっそく「HARUKA_ZONE」を拝見しました。音程と言い、スピード感と言い、すごく良くできていると思います。
こんな良作に私の音質の悪い音声を使っていただき、大変恐縮です。

それでは、良いお年をお過ごしください。

宣伝乙

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9223547

お借りした音声で作ったMADです。とはいってもラストに連呼するだけでお借りした音声はピッチ弄ったりしていませんが…。とにかく、拙作で申し訳ない・・・。

>アクアライナーさん

コメントありがとうございます。

蒲田の踏切は確かに上下列車両方が反応することがありました。
空港線は蒲田の踏切~蒲田駅までの間のみが単線なので、上り列車が踏切手前で待機し、下り列車を先に通過させるようになっています。両方が反応してしまうと3分近く踏切が開かないこともあるので、高架化せざるを得ない状態となっています。
ダイヤ上でもこの単線区間がネックになっていることは明らかです。

そういえば、少し京急に乗らない間に旧1000形がかなり減っているのに驚きました。旧1000形も要チェックですね。

あの踏切は確か単線なのに両方の方向のランプ(矢印)が点灯する程度の能力があったはずです。
京急は人生のなかで2回乗ったことがあるのですが
いずれも横浜→品川だけで特に見回ったわけdもないんです。

個人的には1000形を今のうちに撮るべきではないかと思います。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ