東武ファンフェスタに行ってきた!

IMGA0787.jpg
すべては、この1枚の優先購入券から始まった・・・。

「この日行けなくなっちゃったから、代わりに行って買ってきてくれない?」←部活の先輩

!?


・・・というわけで、鉄道むすめに興味があるわけではないのですが、11月8日に東武鉄道南栗橋車両管理区で開催された「東武フェスタ」に行ってきました!
べ、別に私が行きたかったわけじゃないんだからね! 先輩に頼まれたから仕方なく行ってあげたんだかry(強制終了


寮を朝6時30分に出発し、小田急と東京メトロ千代田線を乗り継いで大手町までやってきました。

大手町駅電光掲示板
電光掲示板に表示された「ご乗車できません」の表示。この表示の正体は・・・

小田急60000形
60000形で運転される「メトロさがみ号」です! 千代田線で撮影したのはこれが初めてです。いかにもメトロって感じの風景ですね。メトロさがみ号は北千住行きの場合、大手町では下車しかできないようで・・・。

北綾瀬支線
後続の我孫子行きに乗車し、綾瀬までやってきました。狙いは北綾瀬支線で活躍している5000系です。なかなか綾瀬なんて行かないので、こういう機会を利用しなければ・・・。

地下鉄6000系
まさかの6000系トップ編成(orz これはこれでレアかもしれませんが・・・。個人的には5000系が撮りたかったので、少し残念です。

さて、では北千住まで1駅戻りましょう。

209系1000番台
ちょw たった2編成しかない209系1000番台! まさか来るとは思わなかったのでビックリです。京浜東北線の仲間はもう消滅寸前でございます・・・。

北千住からはいよいよ東武鉄道に乗り換えます。まだ少し時間があるので、しばし撮影をすることにしました。

東武8000系
私的に東武といったらこの車両が思い浮かびます。8000系の更新車ですね。

東武6050系
こちらは6050系です。定期の快速・区間快速列車はすべてこの形式に統一されています。野岩鉄道と会津鉄道もこの形式を導入しており、番台が違うそうですが、いかんせん東武鉄道は詳しくないのでよく分かりませんw

快速 浅草
側面の行き先表示です。実は東武鉄道では急行より快速のほうが速かったりします。つまり、特急の次に速いのが、この快速というわけです。

東武10030系
こちらは10000系ですが、その中でも後期に登場した10030系という形式だそうで・・・。もう意味が分かりませんw

東武10000系
こちらが前期に登場した10000系です。ライトの形状や側面のコルゲートなどが異なっていますね。ただし、行き先がご覧のようなフルカラーLEDになっており、車内もピカピカな新車同様の状態でした。
この10000系に乗車しました。館林行きは南栗橋へは行かないので、途中の春日部で乗り換えることにします。

東武100系、東武6050系
春日部での列車待ちの間、100系「スペーシア」と6050系が並ぶ光景も見られました。

東武鉄道10000系
この区間準急南栗橋行きに乗車し、いよいよ南栗橋へ行きます。今度は行き先も車内も登場時のままの10000系でした。

南栗橋駅改札
そして10時03分、南栗橋駅に到着しました! 改札の上には「歓迎」と書かれたゲートも設置され、東武鉄道の気合の入れようが感じられます。

東武バス
東武ファンフェスタが開催される南栗橋車両管理区は南栗橋駅から少し距離があるため、東武バスによる無料送迎バスがかなり高頻度で運転されています。行き先に「東武ファンフェスタ」があるのがすごいですねw

東武ファンフェスタ1
バスに揺られること約5分で東武ファンフェスタの会場となる南栗橋車両管理区に到着しました!
入口でパンフレットを貰い、10時20分には会場入りしました。

東武鉄道8000系
まず出迎えてくれたのがこの8000系ですが・・・、車番をよく見ると5ケタなんです。どうやら作りすぎて番号が足りなくなってしまったため、1ケタ増やしたそうで。車番は計画的に付けないといけませんねw

東武鉄道10000系
ヘッドマークを付けた10030系もいました。この編成は休憩室として使用されており、時々行き先幕を回転させていたようです。

さて、本題の先輩に頼まれた鉄道むすめのフィギュアを購入すべく、販売ブースへ向か・・・
「まもなく、工場内におきまして車体上げ下ろし実演を行います。」
ごめんなさい先輩、先に見たいものができましたw

南栗橋車両管理区1
というわけで車体上げ下ろし実演のブースに到着しました。どうやら使用される車両は50050系のようですね。

南栗橋車両管理区2
いよいよ実演が始まりました! UFOキャッチャーのようなアームが上から降りてきて、車体上部にかかったところで一旦停止しました。

南栗橋車両管理区3
まずは手前のアームだけをゆっくり降ろし、車体にしっかりと固定します。

南栗橋車両管理区4
続いて奥のアームも同じように車体に固定すると、今度はゆっくりと車体を持ち上げます。

南栗橋車両管理区5
何トンもの重さがある車体がかなり高い位置まで車体が持ち上がりました! そしてそのまま右側にある降ろしスペースへ移動していきます。
先輩に頼まれた買い物の事もあるので、私はここまで見てこのブースをあとにしました。

東武鉄道50050系
ちなみに、車庫内には床下機器の展示車両として50050系が入庫していました。

東武ファンフェスタ2
このように、車体側面には説明が書かれた紙が張り付けられ、普段は機器を覆っている蓋も取り外され、直接機器内部が見えるようになっていました。


先輩、おまたせしました!w 今度こそ販売ブースへ向かいます。
結構並んでいるかと思っていましたが、先輩からもらった優先購入券のおかげで並ぶ事無くフィギュアを購入できたので、周辺の鉄道会社の販売ブースも覗いてみました。すると、東京メトロと西武鉄道のブースで路線図が売っていたので、それぞれ1枚ずつ購入しました。

東武ファンフェスタ4
11時30分からは車両撮影会も始まりました。ご覧のようにすごい人の数です。

東武ファンフェスタ1
数分ほど待って、ようやく全体を納められる構図を確保できました。
左から8000系、10000系、20050系、30000系、50050系のはずです。東武は本当によく分かりません・・・。

日光線開通80周年
ちなみに、設置されているヘッドマークは「日光線開通80周年」を記念したものです。ロゴがなかなかカッコイイと思います。

まだまだ楽しみたかったのですが、実はもう1ヶ所行きたい場所があり(勘のいい方はお分かりだと思いますがw)、12時過ぎには再び送迎バスに乗車し会場をあとにしました。

東武ファンフェスタ3
短い時間でしたが、とても楽しめたイベントでした。東武鉄道の皆様、本当にありがとうございました!


IMGA0199_20091110140556.jpg
こちらは今回の東武ファンフェスタで購入した品物です。
東京メトロ全体の路線図・西武鉄道全体の路線図が1枚ずつ(各300円)、東京メトロの2010年カレンダーが1つ(1000円)、そして東京メトロの「みだりに車外に出ると危険です」プレートが1枚(100円)で、計1700円です。路線図は持って帰るのに苦労しましたw


さて、次回の記事では、この東武フェスタのあとに行ってきたある場所のレポートをお送りしたいと思います。しばらくお待ちください。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

>山手貨物さん

コメントありがとうございます。

比率的には5000系が運用に入る確率のほうが高いのですね。実は半年ほど前にも1度北綾瀬支線を撮影にきたのですが、その時も6000系が運用に就いていました・・・。

近いうちにリベンジするつもりです。

なんと地元の綾瀬へ来たのですn(ry

6000-1編成の運用は3日に1度入るかわかりませんからね…
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ