埼玉新聞社創刊65周年「らき☆すた」特集号!

台風18号、すごかったですね・・・。
私が住んでいる東京都西部は、雨はそれほどでもありませんでしたが、風がかなり強かったです。鉄道も遅延や運休が多発しましたね。私が通う大学は平常授業でしたが、午前中は学生の数がかなり少なかったです。


さて、そんな日から一夜が明け、10月9日の朝。郵便受けを開けるとそこには・・・


埼玉新聞創刊65周年
※画像は一部モザイク処理をしています

埼玉新聞・・・だと・・・?
先ほどにも書いたとおり私が住んでいるのは東京都なので、埼玉新聞が届くのはおかしいのですが、紙面に書かれた「らき☆すた」の文字を見て思い出しました。


これは、10月8日に発行された「埼玉新聞社創刊65周年『らき☆すた』特集号」です!

埼玉県は、今まで多くのアニメやドラマの舞台となっており、近年では特に「らき☆すた」によって多くのファンが訪れているそうです。そこで、今年で創刊から65周年を迎える埼玉新聞社は、記念事業として「らき☆すた」のキャラクターを使い、角川書店、埼玉県、地元商工会、埼玉新聞社のコンテンツを活かした立体的なキャンペーン企画を立案しました。
その1つが、この「らき☆すた」特集号です!

「らき☆すた」特集号は、8ページに渡って埼玉県の観光スポットやB級グルメ、埼玉県を舞台としたアニメやドラマの紹介や、「らき☆すた」に出演した声優へのインタビュー、さらには「らき☆すた」キャラと県知事の対談なども掲載されています。
紙面の随所に「らき☆すた」キャラが描かれており、書き下ろし4コマ漫画まで掲載される、まさに「らき☆すた」づくしの特集号となっています。


この特集号は、10月8日の朝刊に折り込まれた他、同日の駅売り分にも折り込まれました。

IMGA0913_20091009140927.jpg
また、このように封筒に新聞代と送料分の切手、住所をメモした用紙を同封して埼玉新聞社まで送ると、埼玉新聞を取っていない方や、埼玉県外に住んでいる方にも郵送で届きました(ただし、地域によって8日ではなく、私のように9日以降に届く場合もありました)。

この特集号は、10月10日(本日)発売の「コンプティーク11月号」にも付録としてついているそうなので、興味のある方はぜひ購入してみてはどうでしょうか?


それにしても、本当に「らき☆すた」の人気には本当に驚くばかりです。すでにアニメ放映が終了して2年が経っていますが、未だ衰えることを知りません。

らき☆すた聖地2
「らき☆すた」の舞台の1つとなっている鷲宮神社では、2008年の初詣客が30万人だったのに対し、2009年の初詣客は42万人と増加しています。原作が続いているとはいえ、未だに増加しているのはすごい事だと思います。来年の初詣客数が気になるところです。
もちろん、私も時間と金が確保できれば行きたいと思っていますよ。


埼玉新聞社のキャンペーン企画はこの特集号だけではありません。今後、「らき☆すた」オリジナルグッズの販売や、「らき☆すた」の舞台となっている鷲宮町と幸手市ではスタンプラリーも開催されます。
これからも「らき☆すた」にはがんばってほしいです。応援しています!




ちなみに、現在「らき☆すた」のハロウィン小説を制作していますw 10月20日のホームページ更新で公開する予定ですので、しばらくお待ちください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ