富士急バスPASMO対応準備!?

この1週間、マジで疲れました・・・いろいろな意味で(汗 さて、今回は富士急バスの話題です。

以前ちらっと話したのですが、富士急バスの運賃箱上部に設置されているデジタル数字表示機が、液晶画面の物に交換されている車両を発見しました。詳しい調査をしたので、紹介したいと思います。
まずはデジタル数字表示の運賃箱を見ます。

旧型運賃箱
上面には運賃箱と表示機が、その下にはバスカードの挿入口があります。さらに下方には、両替装置がついています。運賃箱付近が広がっているので、少々頭でっかちに見えてしまいますw

デジタル表示機
これがデジタル数字表示機です。上段にはバスカード使用時に運賃、残高などが表示され、下段には現金精算時に投入金が表示されます。さらにその下には、両替時の両替金が表示されるようになっています。非常に分かりやすく見やすい表示だと思います。


新型運賃箱
そして、これが今回設置が始まった新型運賃箱です。運賃箱の形自体は従来の物とあまり変わりないようです。なんか上面に黒い袋みたいな物が載ってますが・・・。でも、やっぱり一番の違いは・・・
新型液晶画面
液晶画面! 運賃箱にはとても不釣り合いな画面です。前ドアが開いている時や両替時以外はこの写真のような表示になります。右下には小さく年月日が表示され、その上には「両」「多」の文字。そして左上には「IC」と赤い表示が! これはほぼ間違いなくPASMOへの対応準備だと思われます。
ちなみに、「両」は両替時に色が変わり、「多」は運賃を多く入れた時に色が変わるようです。

液晶画面表示
こちらが前ドアが開いている時・両替時の表示です。左側にバスカード精算時の運賃・残高が表示され、右側には現金の投入金・両替金が表示されます。その下には整理券番号の表示もあります。上段の「昼間」は使用できる定期券の種類を表しているのでしょうか・・・イマイチわかりませんが。フルカラー表示の上、文字が大きく表示され、従来の物よりもかなり見やすいです。そして、やっぱり気になる
黒いカバー・・・
この黒いカバー・・・。もしかしてこのカバーの下はPASMOのタッチ部だったり? 位置的にもそうとしか思えません。後方の入口扉付近にはタッチ部らしきものはありませんでしたが、やはり着々と準備が進んでいるようです!


公式HP上で、富士急バスはPASMOに対応すると発表していましたが、ついにその時がやってきたようです! JR東海静岡支社では今年3月からTOICAの使用が開始されますが、TOICAにも対応するのか気になるところです。
現在、新型運賃箱が設置されている車両は全体の3割ほどという感じですが、今後の動きに注目です。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PASMOやSuicaでバスに乗ると年間4000円近く損!

バスでPASMO(Suica)は節約どころか大損! いよいよサービスインのPASMO。 巷では自社カードと絡めたポイント制を「お得」などと宣伝されていますが、 いろいろ調べていくと、「おトク」どころか、 私の利用スタイルだと「パスモ(スイカ)でバスに乗るのは損!」だと言う

コメントの投稿

非公開コメント

N_station様、ご返事誠に有難うございます。

そうなんです。富士急湘南バスはまだまだというところです。まだPASMOの導入の気配はありません。他に箱根登山、伊豆箱根では全車でPASMOが導入されているので富士急バスの中では一番近い存在なんですが、いろんな調べで富士急バスでは残念ながら導入は一番最後になりそうなんです。

確かにPASMOをそこまで知らない静岡・山梨地区でどこまで富士急がPASMOを浸透させるか?見物ですが・・・。

初めまして、管理人のN_stationです。

富士急バスのPASMO関連は調べている人が多いようですね。富士急湘南バスにはまだ乗車したことが無いのですが、そちらはまだ準備も見られないのですか、意外です。湘南バスは完全にPASMO圏内なので、とっくに導入されたのかと思ってましたが・・・。
僕もTOICAの対応はできないと思っています。ただ、静岡地区にどれだけPASMOが浸透しているかというのは疑問ですけど・・・。

僕はバスカードは持っていませんが、時間帯限定で使用できるカードがあることは知っているので、おそらくその関係だと思いますが・・・。なるほど「昼間カード」ですか。ただ、確かに「昼間」以外にも表示するスペースがあるのが気になりますね。

コメントありがとうございました。

初めましてこんばんは。satoshi-odawaraと申します。

富士急バスのPASMO関連で調べておりましてここに行き着いた次第です。
自分は富士急湘南バスを利用する機会がある者ですが、他の富士急バスに比べてPASMOの導入の気配さえありません。
うらやましい限りです。
それと富士急バスでの「TOICA」への対応については旧型運賃箱を改造するほどコスト面を抑えている観点から無理でしょうね。
相互利用が始まれば「別」かもしれませんが・・・。

それとLED型の運賃表示機の「昼間」についてはおそらくですが、富士急グループバスカードの「昼間カード」が使える時間か区別するものではないでしょうか?
「昼間」のとなりに表示する場所があるのが気になりますが・・・。

お役に立てられれば幸いです。

コメントありがとうございます。こちらでは初めましてですね。

やはり黒い袋の下にはカードリーダが設置されているのですか。運賃箱ですが、確かに形自体は旧型のものと変わりませんし、費用削減の意味からも旧型からの改造の可能性も十分考えられますね・・・。
PASMOの使用開始はバスの整備だけでできる訳ではなく、営業所側の準備も必要なのですね。なるほど・・・。

詳しいお話、ありがとうございました。

こんばんは。こちらでははじめまして。ぶくらのです。
お察しの通り、この黒い袋の下にはICカードのリーダライタが隠されています。
運賃箱の形から察するに、旧型のものを改造しただけと思われます。

PASMOのサービス開始にはバス車両側のR/W整備のほか、営業所側にも対応機器導入などがあるので、運賃箱が交換されたからと言ってすぐに対応する、というわけではありません。
ここから先は予測になりますが、今年度中にどうにかサービス開始、と言ったところでしょうか。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ