fc2ブログ

「どんど焼き」のやぐらとツーショット写真を撮影する(2022年ver・後編)

※この記事は、「「どんど焼き」のやぐらとツーショット写真を撮影する(2022年ver・前編)」の続きとして書いています。 こちらの記事 もあわせてご覧ください。


DSC05062-640.jpg
伊豆箱根鉄道韮山駅~伊豆長岡駅間で、どんど焼きのやぐらと列車とのツーショットを撮影しています。一通り撮影できたので、少し構図を変えてみることにしました。
3000系が通過します。

DSC05072-640.jpg
E257系特急「踊り子」です。
本来であればこの時間帯は車体側面にしか太陽光が当たらないため、前面が暗くなってしまうのですが、この日は曇りがちな天候だったのが幸いでした。

DSC05079-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
田園地帯では非常に目立つラッピングです。

DSC05091-640.jpg
3000系です。
この日は時々晴れ間が覗いたため、このように列車の前面が暗くなってしまうこともありました。

DSC05101-640_2022010921444401b.jpg
1300系イエローパラダイストレインです。
中途半端に薄日が差してしまう、一番カメラの設定に困るパターンですw

DSC05110-640.jpg
3000系です。
今度は、手前は薄日なのに、列車が走行している付近のみ晴れてしまうという・・・。太陽光に翻弄されています。

DSC05118-640.jpg
7000系イケメンシリーズラッピング電車です。
先ほどの「HAPPY PARTY TRAIN」とは異なり、ドア部分のみのラッピングのため、この位置からだとあまりよく見えません。

DSC05134-640_20220109214435dab.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」が戻ってきました。
最初の構図で撮影できていなかったので、元の場所で撮影してみました。

DSC05144-640.jpg
一通り撮影できたので、今度は原木駅~韮山駅間に移動してきました。この日は、運用に入っているほとんどの編成にヘッドマークが設置されていたので、編成写真を撮影することにしました。
まずは、3000系です。
2022年2月20日まで開催された「北条氏歴史紀行 デジタルdeスタンプラリー」のヘッドマークが設置されており、「北条政子号」となっていました。

DSC05156-640.jpg
1300系イエローパラダイストレインです。
こちらは、同じく「北条氏歴史紀行 デジタルdeスタンプラリー」のヘッドマークが設置されており、「北条義時号」となっていました。

DSC05164-640.jpg
3000系です。
こちらは、「いずっぱこ GEO TRAIN」のヘッドマークを設置しています。

DSC05172-640.jpg
E257系特急「踊り子」です。
奥に写っている信号機は原木駅の場内信号機なのですが、基本的に注意現示か警戒現示となり、進行は特急「踊り子」や回送列車のみに現示されるので、珍しいです。

DSC05187-640.jpg
7000系イケメンシリーズラッピング電車です。
ヘッドマークが白地にピンク文字のため、太陽光が当たると白飛びしてしまいます。おまけに、この時間帯は車体側面に太陽光が当たらないため、ラッピングもほとんど見えないという・・・。

DSC05194-640_20220109214511f4a.jpg
3000系軌道線塗装編成です。
こちらは、「北条氏歴史紀行 デジタルdeスタンプラリー」のヘッドマークが設置されており、「源頼朝号」となっていました。「北条氏歴史紀行 デジタルdeスタンプラリー」のヘッドマークは全部で3種類となっており、これで3種類すべて撮影できたことになります。

DSC05208-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
一時期「ラブライブ!サンシャイン!!」メンバーのバースデーヘッドマークを設置していた時期もありましたが、現在はこのデザインに落ち着いています。

DSC05218-640_20220109214501cf3.jpg
3000系「北条政子号」が戻ってきましたが、なんと前照灯を点灯しています!
伊豆箱根鉄道は、E257系を除き日中に前照灯を点灯しないため、明るい時間帯に前照灯が点灯している姿を撮影できるのは珍しいです。日の入り間際だったこそ見ることができた光景といえます。

というわけで、帰宅となりました。
スポンサーサイト



「どんど焼き」のやぐらとツーショット写真を撮影する(2022年ver・前編)

1月といえば、「どんど焼き」の季節です。
例年、伊豆箱根鉄道の韮山駅~伊豆長岡駅間の沿線に、どんど焼きのやぐらが設置されており、過去に何度か列車とのツーショットを撮影したことがあります。2021年の年始は、新型コロナウイルス感染症の蔓延のために撮影できませんでしたが、2022年はオミクロン株の感染者が増加傾向ではあったものの、静岡県内では大幅な増加は無かったため、撮影に出掛けることにしました。

DSC04979.jpg  DSC04982_20220109214357f96.jpg
韮山駅までは、3000系軌道線塗装編成に乗車しました。「源頼朝号」というヘッドマークを設置していましたが、これは2022年1月から放送されていた大河ドラマ「鎌倉殿の13人」とのコラボ企画である「北条氏歴史紀行デジタルdeスタンプラリー」のものです。

DSC04984.jpg
韮山駅から線路沿いの道路を歩いていくと、どんど焼きのやぐらが見えてきました!
このやぐら、以前地元の方に伺ったところ、立てた翌日には燃やしてしまうそうで、その姿は1日しか見ることができません。当然、地元民ではない私はその日付を知らないので、現地に到着するまで立っていることを願うしかありません。もし立っていなかったら編成写真の撮影に切り替えるつもりだったのですが、運良く立っていました。

DSC04991.jpg
周辺が田園地帯で高い建物がほとんど無いので、かなりの存在感があります。
撮影している合間にも、使い終えた正月飾りを持ってくる方が多くいらっしゃいました。

DSC04988.jpg
土台部分をよく見ると、だるまがマトリョーシカのように綺麗に積まれていました。下のほうのだるまは、比較的よく見るサイズですが、一番上のだるまは、あんなサイズどこで使うんだ・・・と思うような小ささです。
絶妙なバランスを保っていたのだと思いますが、撮影を始めてしばらくして、気づいたら崩れてしまっていました。

DSC04998-640_20220109214410d52.jpg
それでは、列車とのツーショット撮影を開始します。
まずは3000系です。

DSC05003-640_2022010921441143f.jpg
続いても3000系です。
この日は、全体的に雲が多く、時折日射しが差し込む撮影しづらい天候でした。

DSC05012-640.jpg
1300系イエローパラダイストレインです。
曇りがちな天候だったので、露出を曇りに合わせていると、列車の通過直前になって日射しが出てきて白飛びしてしまうといった状態が多々ありました。

DSC05021-640.jpg
E257系特急「踊り子」ですが、明らかに傾いてますね・・・。
実は、現在使用しているデジカメは電子水準器が搭載されておらず、自分で平行を確認する必要があるのですが、どうも私は平行感覚が無いらしく、なかなか合わせられません・・・。

DSC05031-640_202201092144049c9.jpg
3000系です。
この日は、ほとんどの運用が3000系となっていました。

DSC05046-640.jpg
3000系軌道線塗装編成です。
ここまで通過した編成すべてにヘッドマークが設置されているのが分かります。

DSC05051-640.jpg
7000系です。
2021年10月から恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」とのコラボを行っており、ドア部分にラッピングが施されています。
一通り撮影できたので、少し撮影場所を変更したいと思います。

次回の記事に続きます。

夕焼け富士と伊豆箱根鉄道のツーショットを撮影する(後編)

※この記事は、「夕焼け富士と伊豆箱根鉄道のツーショットを撮影する(前編)」の続きとして書いています。 こちらの記事 もあわせてご覧ください。

夕焼け富士と列車とのツーショットを狙うため、伊豆箱根鉄道原木駅~韮山駅間で撮影を行っています。
時刻は15時30分頃となり、日の入りまで残り1時間あまりとなりました。

DSC04763-640.jpg
3000系軌道線塗装編成です。
時間帯の関係で側面には太陽光が当たらないので、正面を重視した構図で撮影します。

DSC04767-640_2021122614302771a.jpg
3000系第5編成です。
12月12日から発売を開始した「JAコラボ駿豆線1日フリー乗車券」のヘッドマークを設置していました。

DSC04784-640.jpg
3000系です。
修善寺地区で開催されていたイベント「ノスタルジックロマン修善寺」とのコラボ列車となっており、記念ヘッドマークを設置していました。

DSC04785-640.jpg
1300系です。
地元企業の宣伝ヘッドマークを設置していました。

DSC04794-640_20211226143031211.jpg
E257系特急「踊り子」です。
富士山周辺の雲の量が増えてきているのが気になります・・・。

DSC04811-640.jpg
3000系です。
「いずっぱこ GEO TRAIN」のヘッドマークを設置しています。この日は、ほとんどの編成にヘッドマークが設置されていました。

DSC04818-640.jpg
3000系「アパマンショップ」ヘッドマーク設置編成です。
いよいよ日の入り時刻が近づき、車体に当たる太陽光も黄昏色になってきました。

DSC04829-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
平地でも場所によっては太陽光が当たらなくなってきました。そろそろ車体に太陽光が当たる限界でしょうか。

DSC04841-640.jpg
8分後に通過した3000系軌道線塗装編成は、本当にギリギリのタイミングで車体に太陽光が当たってくれました!
富士山も気持ち赤く色付き、雲は多いもののツーショットは成功と言えるのではないでしょうか。

DSC04851-640.jpg
10分後に通過した3000系第5編成には、太陽光が当たることはなく、急激に夜の空気に包まれていきます。
また、本来であれば、このくらいの時間帯が富士山が一番赤く染まるのですが、短時間であっという間に雲に覆われてしまいました・・・。

DSC04855-640.jpg
3000系「ノスタルジックロマン修善寺」コラボ列車です。
富士山が完全に見えなくなってしまったことに加え、この時間になって急激に風が強まって冷え込んできたため、ここで撮影を切り上げることにしました。

DSC04872.jpg
原木駅までの道中、わずかに残った夕方のグラデーションが綺麗だったので、信号機や架線柱と絡めて撮影してみました。
というわけで、帰宅となりました。

夕焼け富士と伊豆箱根鉄道のツーショットを撮影する(前編)

2021年12月下旬、夕方に三島方面に外出する所用がありました。
どうせ外出するのであれば・・・と、ここ最近ヘッドマークの装着率が高い伊豆箱根鉄道を撮影することにしました。富士山が見えているのであれば、夕焼け富士とのツーショットを狙っても良かったのですが、この日は朝まで雨が降っており、11時頃には青空も見えていたものの、富士山方向は厚い雲に覆われていたため、最初から編成写真を撮影するつもりで向かいました。


DSC04616-640.jpg なんで富士山見えてるんだよ!
一応、列車内から富士山の様子を見ていたところ、大場駅を出発した頃から急速に富士山が見え始めたため、急遽予定を変更して原木駅~韮山駅間で富士山とのツーショットを撮影することにしました。

DSC04622-640_20211226142649b51.jpg
3000系第5編成です。
富士山が見えるようになったとはいえ、雲が多いことには変わりなく、夕焼け富士が撮影できるかどうかは微妙なところです。

DSC04631-640_202112261426504dd.jpg
E257系特急「踊り子」です。
伊豆箱根鉄道は、基本的に日中は前照灯を点灯しませんが、E257系だけは点灯しています。

DSC04643-640.jpg
1300系です。
富士山周辺の雲が、少しずつ消えはじめました。

DSC04653-640.jpg
3000系です。
この場所は、午前中が順光となり、午後は前面のみに日射しが当たります。

DSC04657-640.jpg
3000系「アパマンショップ」ヘッドマーク設置編成です。
私が伊豆箱根鉄道の撮影に出掛けると、大抵運用に入っていますw

DSC04668-640.jpg
3000系軌道線塗装編成です。
この日は、1300系が1編成だけ運用に入っている以外は、すべて3000系という、かなり偏った運用でした。

DSC04684-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
これで一通り撮影しましたが、3000系軌道線塗装編成だけがヘッドマークを設置していないという、異常な装着率ですw

DSC04686-640.jpg
E257系特急「踊り子」です。
先ほどとは異なる構図で撮影してみました。

DSC04700-640.jpg
3000系第5編成です。
少し列車間隔が開いたので、その間に移動してきました。

DSC04709-640_202112261427217de.jpg
3000系です。
この編成の前面部には「修善寺」と書かれたヘッドマークが設置されていたので、調べたところ、修善寺地区で開催されていたイベント「ノスタルジックロマン修善寺」のコラボ編成のようです。ただし、公式リリース上の運行期間は12月9日までとなっており、本来であればすでに運行が終了していることになっています。

DSC04723-640.jpg
1300系です。
帰宅時に確認したところ、この編成には地元企業の宣伝ヘッドマークが設置されていました。

DSC04730-640_202112261427246a5.jpg
3000系です。
この編成には、「いずっぱこ GEO TRAIN」のヘッドマークが設置されていました。

DSC04738-640.jpg
3000系「アパマンショップ」ヘッドマーク設置編成です。
ここにきて、急激に富士山周辺の雲が増え始めました。むしろ、この雲の多さでよく今まで見えていたとも思いますが・・・。

DSC04751-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
このあと、再び列車間隔が開くため、撮影場所を変更することにしました。

次回の記事に続きます。

紅富士を撮影する!(2021年ver・後編)

※この記事は、「紅富士を撮影する!(2021年ver・中編)」の続きとして書いています。以下の記事もあわせてご覧ください。

・紅富士を撮影する!(2021年ver・前編)
・紅富士を撮影する!(2021年ver・中編)


原木駅~韮山駅間での撮影を終えましたが、まだ富士山が見えていたので撮影場所を移動することにしました。

DSC04466.jpg
原木駅から乗車した列車が7000系「イケメンシリーズ」9周年コラボ電車でした。
車内の中吊り広告も宣伝ポスターとなっています。

DSC04469.jpg
ヘッドマークも撮影できました。
白地にピンク文字という撮影には非常に面倒な配色ですw

DSC04472-640.jpg
三島二日町駅~大場駅間で富士山とのツーショットを撮影することにしました。
まずは、3000系軌道線塗装編成です。

DSC04487-640.jpg
3000系「アパマンショップ」ヘッドマーク設置編成です。
今のところは雲ひとつない快晴が続いています。

DSC04489-640.jpg
3000系「ジオトレイン」です。
この場所は、日の短い季節であれば午前遅い時間から午後の早い時間まで順光で撮影できます。

DSC04504-640.jpg
7000系「イケメンシリーズ」9周年コラボ電車です。
一気に富士山周辺に雲が湧いてきました。

DSC04508-640.jpg
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」です。
早くも山頂付近が雲に覆われてしまいました・・・。

DSC04525-640_20211219194710516.jpg
3000系軌道線塗装編成が折り返してきました。
一度雲が掛かり始めてしまうと、なかなか消えてくれません。

DSC04528-640.jpg
1300系イエローパラダイストレインです。
「北条氏・源氏ゆかり13の地を巡るデジタルスタンプラリー」の宣伝ヘッドマークを設置していました。

DSC04541-640.jpg
E257系特急「踊り子」です。
いよいよ富士山全体に雲が掛かり始めました。

DSC04547-640_202112191947017a3.jpg
1300系「宮西達也の世界・ミラクルワールド絵本展」コラボヘッドマーク設置編成です。
これで一通り撮影できました。
早朝からの撮影で眠気が限界だったこともあり、これで帰宅となりました。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(百合系)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったら深夜アニメを卒業できるかと思ったらこれだよ! 地元の沼津市が「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台になっちゃったからね、しょうがないね!!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ