大学時代の仲間と新年会へ行ってきた(後編)

※ この記事は、「大学時代の仲間と新年会へ行ってきた(中編)」の続きとして書いています。 こちら の記事も併せてご覧ください。


日暮里・舎人ライナー→都電荒川線→京成電鉄と乗り継ぎ、青砥駅で撮影中の私。青砥駅には様々な鉄道の車両が乗り入れており、撮影していて飽きません。

PIC_4734.jpg
3500形更新車です。京成電鉄は、とにかく車種が豊富です。

PIC_4748.jpg
3700形です。写真の編成は5次車で、すでに3700番台の番号が埋まってしまっていたことから、車番が3800番台になっています。

PIC_4768.jpg
3600形です。どこかで見たことのある顔つきだと思ったら、新京成電鉄にもこんな顔の車両がいますねw

PIC_4739.jpg
北総鉄道の7500形です。3編成のみが活躍しているため、なかなか見ることができません。運良くトップ編成を撮影することができました。

PIC_4774.jpg
千葉ニュータウン鉄道の9100形です。こちらも3編成のみが活躍しているためになかなか出会えませんが、撮影することができました。

PIC_4791_20160217224405583.jpg
京浜急行電鉄の600形です。本当に様々な鉄道の車両を撮影でき、まったく飽きませんが、そろそろ移動します。

そのまま京成電鉄で京成西船駅まで乗車し、徒歩で西船橋駅へ向かいました。ここで、東京メトロ東西線の撮影をすることにします。

PIC_4820.jpg
05N系です。側面の扉間の窓が均等の大きさになっているので、後期の編成になります。

PIC_4823_20160217224915bbc.jpg
15000系です。すべてのドアがワイドドアという小田急電鉄1000形も顔負けの車両ですw 近年導入されている車両としては、珍しく戸袋窓が設置されています。

PIC_4828.jpg  PIC_4830.jpg
側面の行き先表示機です。フルカラーLED式となっています。三鷹行きの場合は、「JR線直通」との交互表示になります。

PIC_4837.jpg
07系です。何気に6編成しか在籍していないため、なかなか出会えません。
そして・・・


PIC_4845_201602172249187cd.jpg 05系の更新車ktkr!
実は撮影できたら良いな・・・とは思っていたのですが、まだ更新された編成自体が少ないので、厳しそうだと感じていただけに、これは驚きました。

PIC_4850.jpg
側面の行き先表示機です。フルカラーLED式となっています。

そろそろ新年会の集合時間が迫ってきたので、新宿駅へ向かわなければなりません。本当はこの05系の快速に乗車しようと思ったのですが、混雑していたので、先ほど撮影した07系の始発の各駅停車に乗車しました。所要時間はほとんど変わりませんし・・・。
どのルートで新宿駅へ向かうか迷いましたが、九段下駅で都営地下鉄新宿線に乗り換えることにしました。

PIC_4863.jpg  PIC_4867.jpg
乗り換えた都営新宿線の列車はちょうど新宿行きだったのですが、後続の列車がまさかの「急行 笹塚」行き・・・。ダイヤでも乱れているのかと思いきや、京王電鉄のダイヤ改正によって新たに登場した列車のようで・・・。

というわけで、無事に集合時間までに新宿駅に到着できました。
このあとは、大学時代の仲間と合流し、新年会へと向かいました。
スポンサーサイト

大学時代の仲間と新年会へ行ってきた(中編)

※ この記事は、「大学時代の仲間と新年会へ行ってきた(前編)」の続きとして書いています。 こちら の記事も併せてご覧ください。


日暮里・舎人ライナーで熊野前駅へ来た私は、ここで都電荒川線へ乗り換えることにしました。
撮影できそうな場所を探しながら荒川線沿線を移動しましたが、結局良い場所が見つからず、町屋駅前まで来てしまいました。

PIC_4658_201602172207436e7.jpg
都電荒川線といえばこの7000形のイメージですね。この車両は、側面にラッピングがされています。

PIC_4668.jpg
さすがに主力車両ということだけあって、来る車両はほとんど7000形です。都電荒川線を見るのは久しぶりですが、なんだか以前より本数が減った気がします。

PIC_4680_201602172209227f2.jpg
またしても7000形ですが、よく見ると行き先表示のフォントが先ほどの車両とは異なっています。LED表示機のメーカーの違いなどでしょうか?

PIC_4663.jpg
8800形です。いかにも近代的な車両といったフォルムです。


PIC_4652.jpg 新車ktkr!
なんと、昨年9月にデビューしたばかりの8900形が来ました! 撮影できたら良いな、とは思っていたものの、まだ編成数が少ないので、厳しいかな・・・と感じていたので、これは嬉しいです。

PIC_4641.jpg
しかも、町屋駅前ではかなり長時間停車してくれたので、ヘッドマークも撮影できました! 曲面な8800形とは対照的なデザインですが、個人的にはなかなか好みです。

そのまま町屋駅から京成電鉄に乗車することにしました。

PIC_4698_20160217220924873.jpg
色々な車両が撮影できそうな青砥駅で下車しました。さっそくにして京浜急行電鉄の1000形が来ました。

PIC_4703.jpg
3050形です。何気にトップ編成です。

PIC_4725_20160217223552528.jpg
都営地下鉄浅草線の5300形です。意外と撮影する機会が無かったりします。スカートが短いので、初期編成ですね。

PIC_4730.jpg
5編成のみが活躍している3400形が来ました! アルミ製車体やステンレス製車体が主流の現代において、未だに鋼製車体なのが個人的に好きです。

PIC_4783_201602172244034c9.jpg
あれ、5編成しかいないはずなのに・・・w こちらはトップ編成です。というか、3400形って西馬込行きの運用に入ることがあるんですね。

まだまだ撮影は続きますが、長くなってきたので次回の記事に続きます。

大学時代の仲間と新年会へ行ってきた(前編)

2月13日は、大学時代の仲間に新年会に誘われたので、東京へ行ってきました。新年会自体は18時過ぎからの開催でしたが、せっかく東京へ行くならということで、日中から出掛けることにしました。今回はその時の様子を3回に分けて書いていきたいと思います。
あれ、この流れ昨年の忘年会の時にもry というか、もう3ヶ月も前の話なんですがどういうことなんですかね・・・。

PIC_4522.jpg
この日は夕方以降雨の予報だったため、三島駅近くの駐車場に車を止め、高速バスで新宿へ向かうことにしました。
9時ちょうど発の高速バス「三島エクスプレス」が到着していましたが、車内を見たところそこそこ混雑していたため、次の便を待つことにしました。土曜・休日のこの時間帯は、三島エクスプレスは30分に1本という高頻度で運行されているので、利用しやすいです。

PIC_4526.jpg
次の高速バスを待つ間、少し撮影をすることにしました。
伊豆箱根バスの「パワフルキッズ」号が停車していました。全面真っ青な塗装は非常に目立ちます。

PIC_4542.jpg
西伊豆東海バスが運行している「西伊豆特急」です。松崎~三島駅を片道約2時間で結ぶ、かなりの長距離路線です。だいたいいつも同じ車両が入るのですが、行き先表示に違和感を感じました。
「JR三島駅」なんて表示だったっけ・・・と思い、過去の写真を探したところ・・・

PIC_3197_201512252252167e1.jpg
こちらは別の日に撮影した同じ時刻の西伊豆特急なのですが、行き先表示は「急行 三島駅」となっています。通常、私がよく目にするのはこちらの表示で、「JR三島駅」というのは、初めて見た表示かもしれません。
東海バスは、JRの駅を終点とする場合も、行き先表示には「JR」を付けず、ただ単に「三島駅」や「沼津駅」と表示します。そのため、「JR三島駅」という表示には違和感がありますが、幕式の車両には「JR」を付けた行き先が存在するわけですね。どのように使い分けているのか気になるところです。

PIC_4553.jpg
富士急行バスのブルーリボンシティ(日野製)です。富士急行バスのこの型の車両は、初めての撮影かもしれません。
というか、系統番号が「御  」と数字が空白になっていますが、もうほとんど系統番号は使用していないのでしょうか?

PIC_4563_201602172203388f7.jpg
そうこうしているうちに、9時30分発の三島エクスプレスが到着しました。先ほどは沼津登山東海バスの便でしたが、こちらは小田急箱根高速バスの便です。ラッピング車両が少ない小田急箱根高速バスにしては珍しく、側面に箱根のラッピングがされている車両でした。到着の時点で発車時刻を過ぎており、定刻よりも5分ほど遅れての発車となりました。

PIC_4570.jpg
車内はかなり空いており、一番前の席に座ることができました! 今まで何度かこの時間の便を利用していますが、この便は前後の便と比較して空いている傾向があります。
写真は新東名高速道路の長泉沼津ICを入るところです。

PIC_4573.jpg
こちらは御殿場JCT付近です。前面展望を楽しみつつ、池尻大橋で下車しました。途中、用賀料金所付近で若干渋滞したため、5分ほど遅れての到着となりました。

PIC_4579.jpg
池尻大橋駅から東急電鉄田園都市線に乗車し、表参道駅で東京メトロ銀座線に乗り換え、末広町駅で一度下車しました。

末広町駅は、昨年12月に列車撮影のついでに発車サイン音の収録を行っており、その時は渋谷方面のみしか収録できなかったので、今回は浅草方面を収録しようと思ったのです。末広町駅は相対式ホームなのですが、ホーム間を結ぶ通路や階段が無く、反対側のホームへ行くためには一度改札を出なければならないため、このような収録方法となりました。
銀座線の発車サイン音は、車掌さんがボタンを押している間のみ流れる仕組みのため、停車時間の短さも重なって長時間鳴りにくいです。前回、渋谷方面を収録した際は、運良く末広町駅で1分以上も時間調整する列車があったために鳴りましたが、今回は時間調整する列車も無く、苦戦しました。10本ほど収録して、ようやく余韻まで鳴った程度でした。

末広町駅での収録を終えると、そのまま銀座線で上野駅へ行き、上野駅で山手線に乗り換え、日暮里駅で下車しました。
目的は、「日暮里・舎人ライナー」! 開業してしばらく経ちましたが、あまり用事の無い地域のため、今まで乗車したことがありませんでした。昨年には、早くも新車(330形)が導入されたこともあって、良い機会だと思ったのですが・・・


PIC_4586_20160217220533422.jpg  乗車した列車が新車ってどういうことだよ!
新車である330形は、現時点ではまだ1編成しか導入されておらず、この日に運用に入っているかどうかすら分からず不安だったのですが、ホームに上ったら330形が停車していましたw
どの駅も同じような造りのようなので、なんとなく赤土小学校前駅で下車し、撮影をすることにします。


PIC_4597.jpg
日暮里・舎人ライナーの主力である300形です。ゆりかもめの7000系に類似した外観となっています。

PIC_4604.jpg
当然ながら、300形ばかりが来ます。この写真、随分低い位置から撮影しているように見えますが、実はちょうど目線の高さがスモークガラスになっており、極端に高い位置か、もしくは低い位置から撮影するしかないのです。なんて撮影のしにくい・・・。これは、赤土小学校前駅に限らず、他の駅でも共通のようです。

PIC_4629.jpg
そして、330形が帰ってきました! 330形は、ゆりかもめの7300系に類似しています。

PIC_4634.jpg
せっかくなので、その折り返しも撮影しました。そして、このまま330形に乗車し、熊野前駅へ移動しました。
今回、日暮里・舎人ライナーに初めて乗車して驚いたのは、予想以上に利用客が多かったことです。路線図を見ると、路線距離が長いわけでもなく、周辺にも既存の鉄道が並走しているので、あまり利用客がいないのではないかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

330形を撮影できて満足した私は、次の場所へ向かいました。
次回の記事へ続きます。

「上野東京ライン」に乗車してみた!(後編)

※現在、2回の記事に分けて『「上野東京ライン」に乗車してみた!』をお送りしています。以下の記事も併せてご覧ください。

前編


列車の発車時間までの間、宇都宮駅前で路線バスの撮影を行っています。
とにかくバリエーションが多く、撮影していてまったく飽きません。

PIC_6961_201503272321274ca.jpg
関東自動車のいすゞ製のキュービックです。平成5年の導入と、今年で22年目というかなりの古参です!

PIC_6823.jpg
同じくキュービックですが、こちらは元:大阪市交通局の車両だったようです。逆T字窓で前後ドアのキュービックは初めて見ました。

PIC_6882_20150327231200acc.jpg
こちらのキュービックは自社発注車で、塗装を見ての通りワンステップ車両です。ワンステップのキュービックは珍しい気がします。



PIC_6889.jpg  こんなのまでいるのかよ!
日野製のブルーリボンで、京急バスからの転籍車のようですが、こんな車両、地元でももう走っていません・・・。最初見た時「ふぁ!?」ってなりましたw 関東自動車すげえ・・・。

PIC_6943.jpg
こちらもブルーリボンです。最初見た時は古そうだな・・・と思ったのですが、塗装を見ての通りワンステップ車で、平成10年の導入でした。

PIC_6978.jpg
日野製が続きます。ノンステップ車のレインボーです。
それにしても、「東汗」と書いて「ひがしふざかし」と読ませるのはなかなか難読・・・。

PIC_6906.jpg
同じくレインボーですが、こちらは車体が長い長尺となっています。

PIC_6845.jpg
レインボーⅡです。関東自動車は、前乗り前降り方式となっており、基本的に後ドアは使用していないようです。地元で言うところの東海バスのような感じでしょうか。

PIC_6841.jpg
同じくレインボーⅡですが、こちらは車体が長い長尺となっています。昨年導入されたばかりの車両のようです。

PIC_6934_201503272317191ec.jpg
宇都宮駅には、関東自動車以外のバスも乗り入れています。
こちらは、東野交通のエアロスターです。行き先が「東武宇都宮」ではなく「宇都宮東武」と変わった表示をしているのが気になります。

PIC_6854.jpg
エアロミディです。先ほどのエアロスターとは塗装が異なっています。

PIC_6899_20150327231431aec.jpg
茨城交通の高速バスもいました。三菱製のエアロバスでしょうか。

まだまだ撮影していたかったのですが、そろそろ列車の時間・・・。やむなく切り上げることにします。

PIC_6995.jpg  PIC_6996_201503272323436da.jpg
宇都宮駅から14時06分発の上野東京ライン小田原行きに乗車します。回線の接触が悪いのか、それともLEDの寿命なのか、このように一部行き先が欠けてしまっている車両がありました。

PIC_7009.jpg
小金井駅で、小金井始発の沼津行きに乗り換えます。この小金井駅の電光掲示板ですが、行き先だけ見ると何の路線か分かりませんねw まさか小金井駅で「沼津」の表示を見る日が来るとは・・・。

PIC_7037.jpg
沼津行きは国府津車両センターのE231系でした。帰りも沼津までグリーン車に乗車します。ちなみに、後ろより5両は平塚止まりです。

PIC_7048.jpg
途中の古河で快速逗子行きの待ち合わせをしましたが、こちらは小山車両センターのE233系でした。ちなみにこの快速、湘南新宿ライン経由なのですが、私が乗車している上野東京ライン経由の沼津行きよりも11分早く大宮駅に到着します。しかし、その後再び顔を合わせる戸塚駅では、その差がわずか3分にまで縮まってしまうという・・・。

帰りは、上野駅まではグリーン車も空いていましたが、東京・新橋・品川とかなりの人数が乗車してきたため、一気に満席状態に・・・。平塚あたりまで来てようやく落ち着きました。その後は小田原までは順調に進んでいたのですが、沿線火災の影響で早川駅で20分ほどの抑止・・・。さらに熱海行きに行き先が変更となり、熱海駅で乗り換える羽目に・・・。幸いにも接続待ちをしてくれたので、列車はかなり空いていましたが、せっかく小金井から乗り換え無しで沼津まで行けると思っていただけに、少し残念でした。


今回の「上野東京ライン」の開業、開業した区間自体はわずかな距離ですが、非常に大きな影響をもたらしました。もちろん、直通運転によって便利になったのは事実ですが、個人的にはマイナスの面も多いです。一番の理由としては、東京から座れなくなること・・・。今までは、東京が始発だったので並べば必ず座ることができました。しかし、上野東京ラインの開業によって東京始発の列車がほとんど消滅し、並んでも座れない可能性が出てきました。座れるから・・・という理由で東京駅から東海道本線を利用していた私にとっては、非常に残念です。
居眠りも怖いですね。今までは列車内で寝てしまっても東京駅で車掌さんなり清掃員さんなりに起こしてもらえましたが、これからは気づいたら宇都宮駅や高崎駅という可能性があるわけで・・・。
とはいえ、湘南新宿ラインのように大成功している直通運転もありますし(私はほとんど利用しませんが・・・)、今後に期待したいところです。

「上野東京ライン」に乗車してみた!(前編)

3月14日、JRグループでダイヤ改正を行われました。北陸新幹線の開業や有名な寝台特急列車の廃止などがあり、ニュースでも大きく取り上げられた今回のダイヤ改正ですが、その中でも私が注目したのは「上野東京ライン」の開業です。
今まで東海道本線の始発駅であった東京と、東北本線・高崎線・常磐線の始発駅であった上野、この2つの駅の間に新たに線路を敷き、東海道本線との直通運転をしようというのが、上野東京ラインです。驚くべきは、この上野東京ラインの開業により、なんと沼津から最長で宇都宮まで直通する列車が登場したこと! JR東海のことだから、上野東京ラインの開業を理由に、熱海で系統を完全に分断すると思っていただけに、これにはただただ驚きですw
というわけで、職場の仲間と上野東京ラインに乗車してきましたので、今回から数回の記事に分けて書いていきたいと思います。

当日は、沼津駅に7時過ぎに集合となりました。

PIC_6723.jpg
沼津駅に到着すると、沼津登山東海バスの木負農協行きが停車していました。木負農協行き自体は特に珍しくありませんが、「浜通り」経由は1日1本のみです。それにしても、木負で「きしょう」とはなかなか難読・・・。

PIC_6728.jpg
こちらも1日1本のみ運行されている川原ヶ谷行きです。

PIC_6735_201503272300323fd.jpg
沼津駅のコンコースにある電光掲示板を見ると、「宇都宮」の文字が・・・。まさか沼津駅で宇都宮の表示を見る日が来るなんて思いもしませんでした。一応小さい文字で「東京経由」と書かれていますね。

PIC_6749.jpg
ホームに行くと、313系が停車していたので撮影しました。よく見ると、手前の編成はパンタグラフが2つ設置されているので、2編成のみが活躍している313系2350番台ですね。

PIC_6745.jpg  PIC_6744.jpg
そして、7時32分発の宇都宮行きが入線! このLED表示、違和感しかありませんw もう「東海道線」とは表示しなくなってしまったのですね・・・。
ちなみに、気になっていた沼津駅の自動アナウンスは、声はそのままで「東京経由、宇都宮行き」と案内していました。

PIC_6754.jpg
早速乗り込みます。せっかく乗車するなら一番遠くまで行く列車にしようと選んだのがこの宇都宮行きですが、さすがに普通車両で片道4時間以上も乗車するのは鬼畜なので、グリーン車で行くことにしました。普通列車のグリーン車は乗車距離51km以上は一律780円(事前料金)となっているので、長距離を乗れば乗るほどお得となります。

列車は定刻通りに沼津を発車し、各駅に停車していきます。最初はガラガラだったグリーン車も、平塚あたりから徐々に混雑し始め、大船を発車する頃には満席なのではと思うほどの着席率になりました。
戸塚では、横須賀線からの湘南新宿ライン宇都宮行きとほぼ並走するシーンも(本来は並走することは無いのですが、横須賀線からの列車が10分ほど遅れていたようです)・・・。時刻表を見てどちらが先に宇都宮に到着するか調べたところ、赤羽ではわずか1分の差でこちらが早く、大宮で3分差に、終点の宇都宮には8分差でこちらのほうが早いという結果に・・・。なるほど、上野東京ラインの開業によって、東京経由と新宿経由でどちらのほうが早いかを見極めなければならなくなってしまったわけですね。新宿経由は、戸塚~西大井間で横須賀線を走行することや、西大井~大崎間でポイント通過による制限があることなどから、東京経由のほうが速いようですが・・・。
車窓に山手線の列車を見るようになると東京に到着しました。ここから先が上野東京ラインの新規開業区間になります。列車は、わずか1分ほどの停車で東京を発車しました。今まではすべての列車が折り返していた東海道本線のホームから上野方面に発車するのはとてつもない違和感がありました。神田駅の手前で高架を登ると、秋葉原駅付近で下り再び山手線や京浜東北線と並走、そのまま上野駅に入線しました。わずか数分の区間でしたが、この区間の開業によって沼津から宇都宮まで乗り換え無しで行くことができるようになったわけです。
ただ、グリーン車の乗客は品川~東京の間で多くが下車し、上野からの乗車もほとんど無く、直通で利用する人はあまり多くない印象を持ちました。まだダイヤ改正から日が浅いので、浸透していないのかもしれませんが・・・。

PIC_6994_2015032723083106c.jpg
そして、宇都宮駅に到着!
いくらグリーン車とはいえ、さすがに片道4時間以上はキツいものがありますw

せっかくの宇都宮ということで、昼食は餃子となりましたw
そして、昼食後は2時間程度の自由時間に・・・。最初は駅構内で列車の撮影をしようかと思っていたのですが、駅前に発着する路線バスを見ていたところ、非常に車種が多く面白そうだったので、路線バスを撮影することにしました。

PIC_6784.jpg
宇都宮駅にはいくつかのバス会社が乗り入れているようですが、一番よく見掛けたのが関東自動車です。
こちらは、いすゞ製の7Eです。東武バスからの転籍車のようです。

PIC_6928.jpg
同じく、いすゞ製の7Eですが、先ほどの車両は前中ドアだったのに対し、こちらの車両は前後ドアとなっています(写真では分かりませんが・・・)。

PIC_6916_20150327231717818.jpg
同じ7Eに見えますが、こちらはなんと三菱製! 平成4年の導入とかなりの古参のようで、行き先表示も幕式となっています。

PIC_6953_201503272321254be.jpg
さらにこちらは日産ディーゼル製・・・。もはやまったく見分けがつきませんが、この車両は自社発注で導入されたようです。

PIC_6956.jpg
こちらも日産ディーゼル製の車両です。京王バスからの転籍車のようです。二段窓でツーステップ車のように見えますが、車椅子マークが付いているのでワンステップ車なのですね。

PIC_6863.jpg
こちらも京王バスから転籍してきた日産ディーゼル製の車両です。側面の窓が逆T字となっていますね。
ちなみに、塗装が2種類ありますが、ベージュ地に赤いラインが3本入っている塗装が一般色、この車両のように白地に青い波ラインが入っている塗装がノンステップ車、スロープ付きワンステップ車用となっています。

PIC_6974_20150327232128a7d.jpg
こちらは自社発注で導入された車両のようで、他の車両と比べると短尺となっています。車椅子マークはありませんが専用塗装となっているので、ワンステップ車です。

PIC_6814.jpg
日産ディーゼル製の車両が続きます。この車両は、京王バスからの転籍のようです。

PIC_6820_20150327230833bff.jpg
三菱製のエアロミディです。自社発注車のようです。

PIC_6987.jpg
三菱製のエアロスターです。古い車両の行き先表示機がLED式に更新されているかと思いきや、このエアロスターのように比較的新しい車両でも幕式のままだったりと、更新の基準がよく分かりません。

PIC_6911.jpg
同じくエアロスターですが、こちらは平成25年に導入された新しい車両のようです。関東自動車は、いすゞ製や日野製の車両と比べると、三菱製の車両の割合が低い気がします。


PIC_6896_2015032723143049a.jpg
いすゞ製のエルガミオです。2014年に導入されたばかりの車両のようです。


撮影はまだまだ続きますが、長くなってきたので次回の記事に続きます。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ