GW岡山・広島1泊2日旅行!(2日目③)

※この記事は、「GW岡山・広島1泊2日旅行!」の続きとして書いています。以下の記事も併せてご覧ください。
1日目          
2日目    


DSC02858.jpg
竹原港をあとにした私は、徒歩で竹原町並み保存地区へ向かいます。
国道185線を歩いていると、1本の高い煙突が目を引きます。これは、三井金属鉱業のもので、高い建物が少ない竹原市内ならたいていの場所から見える、シンボル的な存在となっているようです。この煙突も、~hitotose~第6話に登場します。

DSC02863.jpg
国道185号線が呉線の線路を高架で跨ぐ場所です。この脇道をのりえちゃんとまおんたんの初デートが2人で歩いているシーンが~hitotose~第6話で登場します。

DSC02867.jpg  DSC02869.jpg
脇道にある呉線の踏切です。やはり、~hitotose~第6話で登場してきます。

DSC02873.jpg
踏切を越えて振り向いた構図です。この付近は、~hitotose~第6話でのりえちゃんとまおんたんが初めて2人で下校するシーンで多く登場するため、この先も~hitotose~第6話での登場場所が続きます。

DSC02872.jpg
少し戻って、国道185号線の高架橋をくぐった反対側の踏切です。作中では警報器が通常のものとなっていましたが、全方向型のものに交換されていました。しかし、~hitotose~が放送されたのは6年以上前のことですが、放送時とほとんど景観が変わっていないのには驚きました。

DSC02875.jpg
竹原港から徒歩20分ほどで、道の駅「たけはら」に到着しました。少し寄り道していきましょう。

DSC02878.jpg
道の駅「たけはら」の出入口には、「たまゆら」の大きな看板が設置されています! 完全に「ぽって×かなえ先輩」(何
かなえ先輩がいるということは、~もあぐれっしぶ~放送以降に設置されたと思われますが、少し色あせているように見えます。


DSC02887.jpg
私が訪れた時には、ちょうど1階で野菜の販売が行われており賑わっていました。そして、2階には「たまゆらコーナー」があるようなので、行ってみましょう。

DSC02884.jpg
2階には地元の特産品を販売するブースがあり、その一角に「たまゆらコーナー」がありました。また、たまゆらグッズも販売されていました。購入も考えましたが、このあとの行動を考えると荷物を増やすのは避けたかったので、ここは我慢します。

DSC02883.jpg
そして、パネルも展示されていました。ポニテかおたん! やっぱりかおたんはポニーテールが似合うなぁ(何なの 何気にぽっての頭にももねこ様も乗っていますね。しかし、その位置だとごちうさのティッピーと被ry

DSC02888.jpg
道の駅「たけはら」を出て、再び町並み保存地区を目指しますが、まだまだ途中に立ち寄る場所がたくさんあります。
道の駅の脇の交差点を挟んだ場所にある広場です。~hitotose~第6話をはじめ、何度か作中に登場しています。

DSC02893.jpg
広場に設置されている顔出し人形です。何話目かは忘れましたが、のりえちゃんが顔を出しているシーンがありましたね。

DSC02895.jpg
~hitotose~のオープニングで登場するほか、ぽって行きつけの写真屋としても作品内に頻繁に登場する日の丸写真館です。このあたりから少しずつ古い建物が増え、日の丸写真館の左側にある道を奥へ進むと、いよいよ町並み保存地区に入ります。

DSC02899.jpg
余談ですが、この交差点で私の目を引いたのはこの横断歩道の信号機です。なぜか縦型の車両用信号機が設置されています。自転車専用で設置される例は多くありますが、横断歩道で設置されているのは初めて見ました。歩行者用信号機を設置できない理由があるのでしょうか。
私の推測では、この交差点は信号用のポールを立てるスペースが無いためか、歩行者用信号機が設置されていません。よって、歩行者は車両用信号機に従って通行することになります。しかし、横断歩道が車道よりもだいぶ外側に設置されており、横断歩道の位置からでは信号機が確認しづらい状態となる場合があります。そこで、歩行者が信号を認識しやすいよう設置できる場所には横断歩道にも信号機を設置することにしたが、歩行者用信号機を設置してしまうと歩行者用信号機が設置されている側の歩行者は歩行者用信号機に従い、歩行者用信号機が設置されていない側の歩行者は車両用信号機に従って通行するという、同じ横断歩道なのに青信号の時間が異なるという状況に陥ることから、あえて車両用信号機を設置していると思われます。
まぁ、私の地元には以前、実際に片側にしか歩行者用信号機が設置されておらず、同じ横断歩道なのに渡る方向によって従う信号機が違う交差点がありましたが・・・(余談長すぎやろお前)

というわけで余談のせいで長くなってしまったので、続きは次回の記事で書いていきますw
スポンサーサイト

GW岡山・広島1泊2日旅行!(2日目②)

※この記事は、「GW岡山・広島1泊2日旅行!」の続きとして書いています。以下の記事も併せてご覧ください。
1日目          
2日目  


DSC02804.jpg
竹原駅から、まずは駅前商店街の「あいふる316」を歩いてみます。316は商店街の全長316mから取っているそうです。
この「あいふる316」の入口は~hitotose~第6話で登場します。以前は、道路の左右に立っている緑色のポールの上に「TAKEHARA SHOPPING PARK」と書かれた看板が設置されており、作中にも描かれていたのですが、残念ながら撤去されてしまったようです。

DSC02747.jpg
そして、この「あいふる316」には、たまゆらキャラクターの飛び出し坊やが設置されていますw 竹原駅側から歩くと、まずはさよみ先輩がお出迎えしてくれます。
ところで、さよみ先輩のうしろに設置されている「停車可」の標識ですが、全国的に見ても珍しい標識となっています。しかし、私の地元である沼津駅の駅前商店街にも設置されており、運命のようなものを感じてしまいます。

DSC02948.jpg
続いては下上山先生です。「飛び出し注意」の看板がタイトルロゴを意識しており、非常に力が入っています。

DSC02750.jpg
のりえちゃんです。設置の順番に何か意味はあるのでしょうか。

DSC02755.jpg
こまちちゃんどうしたん・・・と思ったら、その視線の先を見ると香くんの姿が・・・。ちゃんと意識して設置しているんですねw

DSC02761.jpg
かなえ先輩! 「かなえ先輩×ぽって」の百合がもう一度見たい(何

DSC02772.jpg
ここでようやくぽっての登場です。「私が主役です」なんて主張しないと分かってもらえないなんて不憫な子・・・。まるで「ゆるゆり」のアッカリーンみたry
しかし、かなえ先輩の次がぽってなのは、やはり「かなえ先輩×ぽって」ということなんですね!(は?

DSC02777.jpg
堂郷先生は草 いつも「呉線に乗ってくれせん!」なんて言ってるからちゃんと呉線に乗って来ましたよw

DSC02785.jpg
かおたん! 「のりえ×かおる」の百合ももう一度見てみたいですねぇ(何

DSC02797.jpg
ま た お 前 か w
2人に分裂してでもかおたんの次が良かったということか・・・。やっぱり「のりえ×かおる」じゃないか!(は?

DSC02799.jpg
最後を飾るのはまおんたん! にこちゃんのようなピンク色のカーディガン似合ってますね。
主要キャラクターが勢揃いの飛び出し坊やコーナーでしたw

DSC02769.jpg
飛び出し坊や以外にも、この商店街にはももねこ様が奉られています。ちょうど商店街の中心付近、飛び出し坊やで言うとかなえ先輩とぽっての間にいます。

DSC02763.jpg
ももねこ様の装飾は季節によって代わるようで、訪れた時は、ちょうどゴールデンウィーク中ということで、こどもの日仕様になっていました。

DSC02795.jpg
アーケードに設置されている看板も、よく見るとももねこ様のイラストとなっています。

DSC02791.jpg
また、商店街の中には、このようにたまゆらのポスターやイラストを飾っているお店が多く見られました。訪れた時は工事中となっていましたが、この「レンタルショップみゆき」さんは、たまゆらに魅了されて竹原に移住した方が開いたお店だそうです。

DSC02790.jpg
店内には等身大パネルも見られましたが、このキャラクターたちは見覚えがありません・・・。
公式ホームページで確認したところ、右側はともちゃん。ちひろちゃんと同じ高校に通っているそうで、そういえばちひろちゃんと電話で会話していたシーンがあったような、なかったような・・・。左側は前川すずねちゃん。写真部の新入部員だそうで、もしかして劇場版で初めて登場したキャラクターだったり? ガチ勢じゃないので劇場版見て無いんですよね・・・。

DSC02847.jpg
「あいふる316」の次は、竹原港(たけはら海の駅)へ向かいました。竹原駅から徒歩20分ほどの場所にあります。竹原駅から路線バスもそこそこの本数出ているので、時間が合えば路線バスを利用したほうが圧倒的に早いです。
竹原港には、山陽商船による大崎上島行きのフェリーが発着しているのですが、そのうち「第五さんよう」には、たまゆらのラッピングがされているのです! ただし、こちらもラッピングバス同様、特にダイヤが決まっているわけではないようで、見られるかどうかは運次第になりそうですが、果たして・・・。


DSC02809.jpg  いました!
この日は日中からの運用のようで、のりばの脇に停泊していました。おかげでゆっくりと見ることができそうです。

DSC02814.jpg
左側面の手前側にはまおんたんがラッピングされています。海風などの腐食が激しいのか、下地が浮き出てきてしまっていますね。

DSC02816.jpg
少し見えにくいですが、左側面の奥側にはのりえちゃんがラッピングされています。

DSC02843.jpg
続いて右側面です。手前側はぽってがラッピングされています。

DSC02846.jpg
奥側はかおたんです。写真では分かりにくいですが、非常に大きなラッピングで、遠くからでも非常に目に付きます。

DSC02828.jpg
そして、この竹原港には「たまゆら」のパネルが展示されています。ちょうどパネルのうしろに「第五さんよう」が停泊しており、ラッピングフェリーとのツーショットを撮影できました。

DSC02824.jpg
パネルは、「まおんたん×のりえちゃん」と「ぽって×かおたん」の組み合わせとなっています。このカップリングもアリやな・・・(百合脳乙
髪型は劇場版設定のようですが、個人的にはアニメ設定の髪型のほうが好きです。ポニーテールかおたんにもどして(何

DSC02852.jpg
撮影中、ちょうど大崎上島からのフェリーが到着しました。このシーンも~hitotose~第6話などに登場します。非常に多くの方や車が乗下船しており、重要な交通手段であることを認識させられます。
なお、今回は時間の都合で残念ながら訪れることができませんが、大崎上島のさらに先にある大崎下島は、まおんたんの実家がある設定となっており、そちらも作中に登場します。

DSC02854.jpg
竹原港にも芸陽バスの「かぐや姫号」が停車していました。かぐや姫号は、広島センター・広島駅と竹原駅・竹原フェリー・忠海駅を広島高速・山陽自動車道経由で結んでいる高速バスです。竹原駅から広島駅までの所要時間は1時間10分程度で、同区間の運賃は1,180円となっているのですが、JR呉線で同区間を移動すると、途中で快速列車に乗り換えたとしても所要時間が1時間30分以上掛かることに加え、運賃が1,140円とかぐや姫号と大差ありません。
このあと広島へ向かう私にとっては利用しない手は無く、正直迷いました。しかし、先着順のため万が一満席の場合には乗車ができないこと、ゴールデンウィークによる道路渋滞が見込まれ定時性が保障できないことから、利用は見送ることにしました。
無事にラッピングフェリーを撮影できたので、続いて竹原町並み保存地区へ向かいます。

2017年10月~12月(秋季)の深夜アニメ感想

新年のあいさつからの今のこの流れなら書ける!
というわけで、忘れないうちに恒例のコーナー、12月で最終回を迎えたアニメの感想を書いていきたいと思います(唐突







※一部ネタバレが含まれますので、ネタバレをご理解いただける方のみこの先にお進みください。また、感想には私の個人的な見解も含まれますので、ご注意ください。







・ラブライブ!サンシャイン!!
最初から最後まで安定して面白かったです!
相変わらず背景の再現度の高さには目を見張るものがあり、一目見ただけでどの場所か分かってしまうほどでした。
まさか後半に「ルビィ×理亜」とかいう爆弾を放り込んでくるとは・・・。おかげで「ダイヤ×ルビィ」推しから「ルビィ×理亜」推しになってしまったではないか!(何 「ルビィ×理亜」尊い・・・。「ルビィ×理亜」に限らず、全体的にルビィちゃんの活躍が多くて、ルビィちゃん好きな私は歓喜でしたw
そして、劇場版製作決定! 沼津の街並みを大スクリーンで見ることができるかと思うと、今から楽しみです。正直、最終回の終わり方には違和感を感じずにはいられませんでしたが、劇場版への伏線ということなのでしょうか・・・?



・干物妹!うまるちゃんR
最後まで安定して切絵ちゃんがかわいかったですね!(何
大幅に登場頻度が増えた叶さんや、新たに登場したヒカリも加わって、全体的に賑やかで面白かったです。というか、切絵ちゃんって身長139cmしかないんですね。やっぱりかわいい!(何なの
エンディング曲のインパクトが強すぎて、CDを買ってしまいました。



・このはな綺譚
「柚×皐」と「棗×蓮」尊い・・・。お菊もかわいかったですね。
ほのぼのとしていて、それでいて不思議な世界観で、見ていてなかなか面白かったです。
エンディング曲が数話ごとに変わるのはなかなか気合いが入っていました。ニコニコ動画で見ていたので、オープニング曲やエンディング曲での毎回の段幕は見ていて楽しかったですw
そういえば、毎話のタイトルに(全十二話)と注釈が入っていたのですが、一時期それが(全十三話)となっていたのには気になりました。OVAフラグなのでしょうか?



・ブレンド・S
見れば見るほど「WORKING!!」っぽい作品でしたw 最終話が近づくにつれてラブコメ感が強くなってくるあたりも、「WORKING!!」に通じるところがありましたね。最後まで安定して面白かったです。
ロリBBAの麻冬先輩かわいい!



・URAHARA
ほのぼのとした雰囲気の作画に油断していましたが、後半になってからの怒濤の展開は目を見張るものがありました。一時はバッドエンドになってしまうのではないかとヒヤヒヤしましたが、大どんでん返しで切り抜けましたね。あまり期待していなかった作品なだけに、想像以上の面白さでした。
オープニング曲が非常に特徴的で、CDを買ってしまいました。



・魔法陣グルグル
よくきれいに2クールにまとめたと感心してしまいました。
幼少時代に見たことがあったこの作品ですが、完結まで見たのは初めてでした。ぶっとんだ展開はまさに昔見ていた魔法陣グルグルのままであり、作画も含めて素晴らしい再現度でした。毎回存分に笑わせてもらいました。20年前の作品だと言われてもまったく古さを感じない、まさに時代を先取りしていた作品だったのだと実感しました。
オープニング曲、エンディング曲も非常に良い出来で、まさに神作品といえる作品です!


今期はやはり「ラブライブ!サンシャイン!!」が一番でした。映画化も決定し、まだまだ沼津の盛り上がりが続くと思うと、地元民として非常に嬉しく思います。
そういえば、劇場版「ヤマノススメ おもいでプレゼント」見ました。「あおい×ひなた」尊い・・・。いつも、あおいに強気なひなたが珍しく弱気になっているのは新鮮でした。というか、劇場版までハブられている楓先輩・・・。
そして、「プリパラ」長すぎ・・・。女児向けアニメは見るのが大変だぜ(何

2017年10月からの深夜アニメ!(秋季)

「ヤマノススメ」が映画化されるようですね! さらに、来春にはアニメ3期も放送予定だそうで、ヤマノススメファンの私としては嬉しい限りです。また「あおい×ひなた」が見れるかと思うと今から妄想が捗ります(何
さて、忘れないうちに恒例のコーナー。10月から放送が始まった新アニメの中で、私が「ニコニコ動画」で第1話を見た作品の印象を書いていきたいと思います(唐突







※一部ネタバレが含まれますので、ネタバレをご理解いただける方のみこの先にお進みください。また、感想には私の個人的な見解も含まれますので、ご注意ください。






・ラブライブ!サンシャイン!!
待ちに待った待望の2期、また沼津の街並みをアニメで見ることができるとは、沼津市民として嬉しい限りです!
1話目から大活躍の東海バスに歓喜! しかも、エンディングにまで出演してしまうとは・・・。

しかし、ストーリー自体は1話目からかなり不穏な展開ですね。学校の存続がかなり絶望的になってしまいましたが、果たしてどう乗り切っていくのか、今後の展開が楽しみです。
沼津市民として、精一杯応援したいと思います! あとルビィちゃんかわいい!!(何



・干物妹!うまるちゃんR
クレイジーサイコレズ切絵ちゃんかわいい! 個人的には、1話目から切絵ちゃんを見ることができて大満足です(落ち着け
2期も1期と変わらないストーリーで、安心して見られそうです。オープニング曲は1期をイメージした感じでしたが、エンディング曲は1期とは大きく異なり電波系ソングになりましたねw 個人的にかなり好みの曲調なので、CDを買ってしまうかもしれません。



・ このはな綺譚
最初、タイトルが読めなかったのですが、「このはなきたん」と読むようです。原作の漫画は、途中休刊を挟んだため「此花亭奇譚」→「このはな綺譚」と途中でタイトルが変更されており、アニメでは後者のタイトルが採用されました。
第一印象は「うらら迷路帖」かな?・・・と思ってしまいましたw けも耳ですし、世界観も似てますし・・・。噂によると、百合分が濃い作品のようで、今から期待が高まります!



・ ブレンド・S
まんがタイムきららに連載されている作品ということで、今期の難民受け入れ先として期待している作品ですw
ストーリー的には、「WORKING!!」×(「ご注文はうさぎですか?」+「きんいろモザイク」+「ひなこのーと」)÷2といった感じでしょうか(何 いろいろと混ざりすぎて若干カオスな作品ですが、テンポは非常に良く、面白そうだな・・・と思いました。
きん!ぱつ!でツインテールでツンデレキャラの夏帆ちゃんといい、ロリキャラの麻冬ちゃんといい、私好みのキャラクターが多すぎます(何



・ URAHARA
作画から溢れ出る「ローリングガールズ」感w 個人的にはこういう作画は好きなので、見ていきたいところです。
ただ、1話目を見ただけではストーリーを理解しきれない感じです。今後の展開もまったく見えませんし、ある意味続きが楽しみな作品ではありますが、ローリングガールズの時のように置いてけぼりにならないか不安も残ります。



今期は、この5作品に前期から引き続き視聴している「魔法陣グルグル」と「プリパラ」を加えた7作品となります。今期はやっぱり「ラブライブ!サンシャイン!!」でしょう! 沼津市民として全力で応援していきたいです。

2017年6月~9月(夏季)の深夜アニメ感想

2017年が残り2ヶ月ってマ?
この前夏コミ行ったばっかりだというのに、時の流れ残酷すぎるでしょ・・・。
さて、忘れないうちに恒例のコーナー、9月で最終回を迎えたアニメの感想を書いていきたいと思います(唐突






※一部ネタバレが含まれますので、ネタバレをご理解いただける方のみこの先にお進みください。また、感想には私の個人的な見解も含まれますので、ご注意ください。







・NEW GAME!!
「はじめ×ゆん」尊い(何
第9話くらいでしたっけ、はじめがゆんとゆんの妹たちと一緒に出掛けるストーリーがありましたが、もう子連れの家族にしか見えなかったんですよね・・・。あと、「紅葉×ツバメ」も良かったですね。大学生で2人一緒にルームシェアって、つまり同棲ってことじゃないですか!(は? 「ねね×うみこ」も「コウ×りん」も「青葉×ひふみ先輩」良いですよねぇ・・・。1期よりもキャラクター1人ひとりにスポットを当てたストーリーが多かったことで、カップリングの妄想も捗りました(何 最終回直前でりんがヤンデレ化しそうだったので一時はどうなるかと思いましたが、予想以上に感動する最終回となりましたね。見ていると「明日も仕事を頑張るぞい!」という気分にさせてくれる作品でした。
余談ですが、ほたるんが「がっこうぐらし!」のみーくんにしか見えませんでしたw



・アクションヒロイン チアフルーツ
はつりちゃんかわいい!(何
ボクっ娘でツインテールでクレイジーサイコレズとか完全に私好みじゃないですか!(落ち着け 「はつり×御前」いいですよねぇ、最終回の告白シーンを見ると妄想が捗りますw
ストーリー自体は、最初こそ「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」のよう流れでしたが、後半はシリアスな展開もあり、ハラハラさせられる面白い作品でした。同じ田舎が舞台となった「ラブライブ!サンシャイン!!」とまではいかなくても、少しでも舞台となったいすみ鉄道沿線が盛り上がったら良いなぁ、と思います。



・天使の3P!
やっぱりロリは最高だぜ(通報不可避
私はあまり男性が主役のアニメは好きではありませんが、幼女パワーでどうにか最後まで見ることができました(は? 最後の数話に作画の崩壊が目立っていたのは残念でしたが・・・。
それにしても、幼女の登場が多すぎるせいで高校生の桜花がニコニコ動画でBBA扱いされていたのには笑ってしまいましたw



・セントールの悩み
やっぱりロリは最高だぜ(2回目
残念ながらキスシーンが第1話以外にほとんど無く、第2の「桜Trick」にはなれませんでしたが、全体的に百合百合していて見ていて癒やされました。特に第11話の幼女回は修正ニヤニヤが止まりませんでした(キモい
一方でシリアスな展開もありましたが、どうもエンディング曲が本編のイメージと一致せず、違和感を感じてしまいました。



・アホガール
タイトルに偽りなし、まさにアホすぎて面白かったですw 12分アニメだと侮ってはいけませんね・・・。
瑠璃ちゃんと茜ちゃん(通称:汚いルビィちゃん)かわいい!
一応、私の地元に近い伊豆熱川地区が舞台となっていましたが、「ラブライブ!サンシャイン!!」のようにガッツリ風景が出るわけではなく、あくまで会話の中で地名が出てくる程度でしたね。とはいえ、これで伊豆半島は北=「ラブライブ!サンシャイン!!」、中央=「あまんちゅ!」、東=「アホガール」、南=「夏色キセキ」と西以外がすべてアニメの舞台として選ばれたことになります。はたして、今後西伊豆地区がアニメの舞台に選ばれることはあるのでしょうか?


そして、なんと「魔法陣グルグル」は2クールのようで、嬉しい限りです。ニコニコ動画でもアニメランキングで2位にランクインするところを見ると、かなり人気のようですね。あと「プリパラ」長い・・・。
さて、来期はいよいよ「ラブライブ!サンシャイン!!」2期が放送されます! 今から楽しみでなりません!! 沼津市民として精一杯応援したいと思います。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ