富士急シティバス「よろい坂経由三島田町」行きに乗車してみた(後編)

※この記事は、「富士急シティバス「よろい坂経由三島田町」行きに乗車してみた(前編)」の続きとして書いています。 こちら の記事も併せてお読みください。

DSC00867.jpg
熱海駅でのバス撮影を終えた私は、いよいよ富士急シティバスの伊豆佐野行きに乗車するため、三島駅に戻ってきました。ちょうど東海バスオレンジシャトルのキュービック(いすゞ製)が停車していたので撮影しました。キュービックほんとすこ。

DSC00879.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」でお馴染みの東海バスオレンジシャトル塗装のエルガミオ(いすゞ製・ノンステップ車)です。

DSC00892.jpg
エアロミディ(三菱製・トップドア車)です。945号車は三島地区の路線に入ることが多いですね。しばらく見ないうちに側面のラッピングが変わっています。

DSC00885.jpg
富士急シティバスのエルガ(いすゞ製・ワンステップ車)です。「サントムーン無料シャトルバス」はエルガが運用に入ることが多いようです。

DSC00900.jpg
そして、いよいよ15時55分発の伊豆佐野行きが到着しました! この日はエアロミディ(ノンステップ車)での運行です。伊豆佐野行きは夕方にのみ運行される系統で、平日は3本あるものの、土曜・休日はこの1本のみの運行となっています。
さっそく乗り込みますが、ほとんどの座席が埋まるくらいの乗車人数だったのは意外でした。


DSC00904.jpg  知ってた。
実はこの伊豆佐野行き、途中で芙蓉台という住宅地を経由するため、その住民の方々が乗車していたのです。芙蓉台を過ぎると乗客は私一人だけになってしまいました。最初は大通りを走っていたバスですが、どんどん狭い道に入っていき、地元民の私ですら「どこだよここ。」と思うような場所へ・・・。

DSC00915.jpg
そして、ほぼ時刻通りに終点の伊豆佐野に到着しました。私一人を降ろしたバスは、バス停脇の路肩の広いスペースを使って転回し、「回送」表示となってバス停から少し離れた位置に停車しました。私の予想では、このバスがそのまま折り返しで三島田町行きとなるはずです。
初めて訪れた伊豆佐野バス停。発車時刻までは10分ほどあるので、その間にバス停を見てみましょう。

DSC00917_20170327001244539.jpg
名称板です。なんと、未だに旧社名「富士急三島バス」のままとなっていますw 現在の社名に変更したのは2002年なので、少なくともこの名称板は15年以上前に設置されたものということになります。
まぁ、東海バスオレンジシャトルも社名の変更から1年以上が経過していますが、未だに旧社名のままのバス停はたくさんありますし、このような本数の少ないバス停は更新されずに残る場合も多いのでしょう。

DSC00911.jpg
伊豆佐野バス停の時刻表です。7時台の三島駅行きが2本と、これから乗車する16時台の三島田町行きが1本、合わせて3本のみの運行となっています。朝の便はかろうじて通勤で利用できそうですが、日常的に利用できる本数ではなく、免許維持的な意味で運行しているのではないかと思います。
なお、▲は土曜・日曜・祝日運休、♢は土曜のみ運行を示しているので、日曜・祝日は7時00分発1本のみの運行ということになります。

DSC00925.jpg
発車時刻1分前になり、回送で停車していたエアロミディが「三45 よろい坂 三島田町」という行き先に切り替えてバス停前に停車しました。バス停前の道路は狭く、バスが停車してしまうとすれ違い、追い抜きができないため、発車時刻ギリギリにならないと着車できないようです。
ちなみにこの伊豆佐野バス停、ポールが終点側にしかなく、本来は道路を挟んだバス停の反対側で待つようです。

DSC00927_20170327001247cad.jpg
側面の行き先表示も撮影すると、すぐにバスに乗り込みました。結局、私以外の乗客が現れることはなく、私1人だけを乗せて時刻通り16時40分に伊豆佐野バス停を発車しました。


DSC00929.jpg 狭い(確信)
軽自動車でも場所を選ばないとすれ違えないような道幅しかありません。狭い道を走るのは東海バスのイメージがありますが、富士急シティバスも負けていませんね。こんな路線があるなんて知りませんでした。
途中から大通りに合流しますが、今度は行きでは経由した芙蓉台は経由せず、そのまま三島駅へ向かいます。ここでようやく1人乗車しました。

DSC00936.jpg
そして、途中「よろい坂」・「菰池入口」という2つのバス停を通過します。この2つのバス停は"よろい坂経由"のみが通るバス停となりますが、"よろい坂経由"はこの三島田町行きしか存在しないため、今回のダイヤ改正により廃止されることになります。

DSC00939.jpg
よろい坂を通過したバスは、三島駅を経由します。駅前の信号待ちの際、前の乗用車に行き先表示が反射しました。先ほど乗車した1名はここで下車し、再び車内は私1人だけとなります。
なお、三島駅では3番のりばに着車して乗降を扱っていましたが、富士急バスのりばである2番・3番には、いずれも三島田町行きの時刻表は掲載されておらず、幽霊バスのようですw

DSC00940.jpg
三島駅を発車すると、「楽寿園」・「本町」と通過し、次が終点の「三島田町」だな・・・と思っていたのですが、なんと運賃表に現れたのは「三島大社前」。富士急シティバスに三島大社前バス停があるなんて知らなかった私は驚きました。いったいどこにあるのかと思っていたら、三島市100円循環バス「せせらぎ号」の「大社前・市役所」バス停を通り過ぎたタイミングで運賃表が次の表示に切り替わったので、おそらく「大社前・市役所」バス停が代わりなのでしょう。
というか、三"嶋"大社ではなく三"島"大社なのですね。

DSC00942.jpg
そして、終点の三島田町に到着しました。注目していただきたいのは、三島田町"駅"ではなく三島田町となっている点。いったいどこで降ろすのだろう・・・と思っていたら、三島田町駅のロータリー前の道端w ほぼほぼ三島田町駅といっても良い場所でした。
私を降ろしたバスは、回送となって三島駅方面へ向かっていきました。

DSC00950.jpg
三島田町駅からは伊豆箱根鉄道に乗車して三島駅まで戻りました。乗車した3000系が三島駅9番線に到着したので「ラブライブ!サンシャイン!!」の「HAPPY PARTY TRAIN」のPVの構図で撮影してみたりw
面白い路線に乗車できました。次回の記事では、今回乗車した三島田町行きをもう少し掘り下げてみたいと思います。
スポンサーサイト

富士急シティバス「よろい坂経由三島田町」行きに乗車してみた(前編)

※この記事は、「東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車に乗ってみた!」の続きとして書いています。この記事単体でも内容は理解できますが、以下の記事を先にお読みいただくとより楽しめます。
東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車に乗ってみた!(前編)
東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車に乗ってみた!(後編)


この日から運行を開始したばかりの東海バスオレンジシャトルの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車を堪能した私は、続いて富士急シティバスへターゲットを変更しました。というのも・・・

DSC00648.jpg
これは、今回の富士急シティバスのダイヤ改正の内容が掲載されている掲示です。注目していただきたいのは、【廃止になる系統路線】の「伊豆佐野発→よろい坂経由・三島田町行(土曜/1便)」です。
私も前から気になっていたこの系統は、なんと毎週土曜のみ1本運行されるという非常に乗車難易度の高い路線です。完全な免許維持路線でしたが、ついに廃止とは・・・。これは廃止前に一度乗車しておきたいところです。ダイヤ改正は4月3日(月)なので、この系統の最終運行日は4月1日(土)ということになりますが、この日は所用があり乗車することができません。ということは、必然的に今日(3月25日(土))が乗車できる最後のチャンスということになります。これは乗車するしかありません!

DSC00810.jpg
というわけで、三島駅へ移動してきました。
富士急行バスの7E(日産ディーゼル製)が停車していたので撮影してみました。2002年に導入された車両となります。

DSC00832.jpg
富士急ティバスのブルーリボンシティ(日野製)です。ハイブリッド仕様のため、エバーグリーンシャトル塗装となっています。ほとんど三島地区の路線に限定して運用に入っているようです。

DSC00819.jpg
伊豆箱根バスの8E(日産ディーゼル製・トップドア車)です。以前は修善寺地区にいたような気がするのですが、気のせいでしょうか。

DSC00824.jpg
東海バスオレンジシャトルのエルガ(いすゞ製)です。小田急バスからの転籍車となっています。

ここで、伊豆佐野行きバスの発車時刻までまだ2時間近くあることが判明したので、一度熱海駅へ向かうことにしました。

DSC00838.jpg
時間まで熱海駅でバス撮影を続行します。
伊豆箱根バスの7E(日産ディーゼル製)です。西武バスからの転籍車のようです。

DSC00860.jpg
同じく7Eですが、こちらは二段窓かつツーステップ車となっています。中ドアが折り戸となっているのもなかなか見かけません。

DSC00851.jpg
伊豆東海バスのエルガミオ(いすゞ製・ノンステップ車)です。東海バスは、ワンステップ車の導入が多いので、ノンステップ車は珍しいです。

DSC00856.jpg
同じくエルガミオですが、この車両はMOA美術館の全面ラッピングが施されています。

DSC00853.jpg
エアロスター(三菱製)です。箱根登山バスからの転籍車だと思われます。


DSC00848.jpg なんだよこいつw
噂には聞いていたローザ(三菱製)です。しっかりと行き先表示器が設置された路線バス仕様となっていますが、違和感しかありませんw 今まで一度も見たことがありませんでしたが、ようやく撮影することができました。

DSC00845.jpg
ちなみに後ろ姿はこんな感じです。どうやら普段は「熱海自然郷」行きの専用車両として使用されているようで、その時間帯を狙わないとなかなか見ることができない車両のようですね。
それにしても、どうしてこんな車両を導入したのでしょうか・・・。

それでは、伊豆佐野行きのバスの時間が近づいてきたので、三島駅へ戻りましょう。
次回の記事に続きます。

東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車に乗ってみた!(後編)

※この記事は、『東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車に乗ってみた!(前編)』の続きとして書いています。 こちら の記事も併せてご覧ください。

DSC00742.jpg
「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車で運行される沼津駅9時20分発の大平行きに乗車し、終点の大平まで来ました。ラッピングバス2号車は、折り返し10時00分発の沼津駅行きとなります。発車まで10分ほど時間があるので、その間に撮影を行うことができます。

DSC00737.jpg
沼津駅では撮影できなかった左側面です。右側面同様、ラッピングの一部が窓にはみ出しています。

DSC00754.jpg
続いて、同じく沼津駅では撮影できなかった右側面のキャラクターたちを前から順番に・・・。
まずは千歌ちゃん。1号車でもそうでしたが、千歌ちゃんのアホ毛は窓にはみ出すのが仕様のようですねw

DSC00756.jpg
梨子ちゃんです。つなぎ目が多い部分のラッピングですが、綺麗にラッピングできていますね。

DSC00758.jpg
ポニーテールの存在感が抜群の果南ちゃんです。このはみ出している部分の座席に座れば果南ちゃんの髪の毛の匂いがry(前回の記事でも言ってた

DSC00761.jpg
ダイヤさんです。車側灯の位置にラッピングされているので、夜になるとシャイニー☆しますw

DSC00763.jpg
ラストは曜ちゃん。つなぎ目が多く、かつ非常口もあるという難易度の高い位置ですが、綺麗にラッピングされています。キャラクターの配置は1号車と同様ですね。

DSC00775.jpg
車内も見てみましょう。中ドア部分にもしっかりとラッピングがされており、1号車よりも気合いが入っているように感じます。

DSC00765.jpg
押しボタンの部分には、1号車とはデザインが異なるステッカーも貼られています。ルビィちゃんかわいい!(何

発車時刻となり、ラッピングバスは沼津駅へ戻ります。
大平バス停は、道路脇に専用の折り返しスペースがあるので一般車を気にすることなく安全に撮影ができ、沼津駅からも片道30分程度なのでオススメです。

というわけで、沼津駅に戻ってきました。このあと、ラッピングバスは聖地である内浦方面へ向かう路線に入りますが、運行初日ということもあり、別の車両で増発便が出るほどの乗車人員となりました。

DSC00784.jpg
というわけで、私は混雑を避けて1本あとのラッピングバス1号車に乗車することにしましたw
2号車の運行開始により、沼津駅10時55分発の江梨行きと11時25分発の木負行きが連続でラッピングバスでの運行となったため、仮に2号車に乗れなかったとしても、次の便で1号車に乗車することができます。
ラッピングバス1号車も、少し立席が出るくらいの乗車人員で発車しました。

DSC00788.jpg
ラッピングバスで終点の木負農協バス停までやってきたのですが、なんとルビーちゃんタクシーが来ました! かわいい!! 最近は、ラッピングバスの折り返し時間に合わせてタクシーがやってくることも多いようですね。バスは東海バス、タクシーは伊豆箱根タクシーと会社が異なりますが、運転士さん同士でおしゃべりをしていたり、すごい仲が良いように見えます。
ちなみに、木負農協も道路脇にバス専用の折り返しスペースがあるので、安全に撮影することができます。


DSC00803-1.jpg ※この画像は、一部にモザイク処理を施しています
そのままラッピングバス1号車で沼津駅へ折り返します。帰りは、車内が空いていたので運賃表に表示されるイラストを撮影してみました。内浦地区のバス停に差し掛かると、2枚ある運賃表画面のうち右側に「ラブライブ!サンシャイン!!」のイラストが表示されます。イラストはいくつか種類があり、バス停によって表示されるイラストが異なるようです。
なお、この表示はラッピングバス以外でも、運賃表がLCD画面の車両であれば表示されるようです。

というわけで、沼津駅に戻ってきました。東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスを楽しんだところで、次の場所へ向かいたいと思います。

東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車に乗ってみた!(前編)

3月25日(土)、東海バスオレンジシャトルで「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車の運行が開始されました。これまでアニメのラッピングバスなんてまったく運行していなかった東海バス。昨年7月に「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス1号車が登場しただけでも驚きなのに、さらに2号車とは・・・。
沼津市民のラブライブ!ファンとして行かないわけにはいきません! というわけで、運行開始初日に乗車してきましたので、今回はその時の様子を書いていきます。

ラッピングバス2号車は、1号車同様に運行ダイヤが決まっており、土曜日のこの日は大平車庫を7時26分に出発し、三島駅8時05分発の柿田経由沼津駅行きで沼津駅へとやってきます。沼津駅の到着は8時50分頃ということで、そのくらいの時間に沼津駅に向かったのですが・・・


DSC00657.jpg なんで1号車と2号車が並んでんの!?
1号車(奥)は、沼津駅9時00分発の旧道経由三島駅行きとして3番のりばに停車。2号車(手前)は、先ほど書いたように8時50分に沼津駅に到着したあと、次の運用まで少し時間があるので、運転士さんがサービスで2番のりばに停車してくれたようです。ダイヤを見る限り、このような並びでの撮影は厳しいと思っていただけに、これには驚きました。この時ばかりは、私以外に撮影していた方々も集まり、撮影会のような状態になっていました。
運転士さんに感謝です!


DSC00664.jpg
その後、2号車は次の運用である9時20分発の大平行きに入るため、6番のりばへと移動。無理やりですが後部の並びを撮影してみました。写真を見ると分かるように、皆さんちゃんと歩道から撮影されていて、非常にマナーが良いです。

DSC00666.jpg  DSC00662.jpg
2号車が移動したところで、改めて1号車です。ラッピングされてからもう半年以上が経過し、車内にもいろいろとグッズが増えているようですw
時間となり、1号車が発車していったので、いよいよ2号車の撮影に移ります。

DSC00694.jpg
こちらが、本日から運行を開始した2号車です!
今回は、アニメの作中に登場する車両と同じ沼津登山東海バス塗装のエルガミオ(いすゞ製・ノンステップ車)が選ばれました。1号車はラッピングが制服姿でしたが、2号車では「君のこころは輝いてるかい?」の衣装姿となっており、背景の虹も相まって1号車よりも派手な印象です。

DSC00706.jpg
後部です。浦の星女学院の校舎をバックに、キャラクターたちがポーズをとっているイラストとなっています。1号車と同様、ラッピングの一部が窓にはみ出しています。

DSC00687.jpg
右側面です。1号車には無かった特徴として、側面のラッピングも窓にはみ出している点が挙げられます。果南ちゃんのポニーテールがはみ出している部分の座席に座れば、果南ちゃんの髪の毛の匂いが(ry また、上部に各キャラクターのイメージアイコンが入っている点は1号車と同様ですが、「TVアニメ2期 2017年秋 放送決定!!」という宣伝も入れられています。アニメが始まるとこの文章も変化するのでしょうね。
バスの停車位置の関係で、左側面は後ほど撮影するとして、それではキャラクターを1人ずつ見ていきましょう。沼津駅では歩道に面している左側面のキャラクターだけを見ることにします。

DSC00713.jpg
前ドアから近い順に、まずは 善子 ヨハネちゃんです。ヨハネちゃんも帽子が窓にはみ出しています。

DSC00715_20170327000500ce0.jpg
花丸ちゃんです。一部が中ドアに掛かっていますが、綺麗にラッピングされています。

DSC00710.jpg
マリーさんです。中ドアに掛かっていますが、東海バスは前乗り・前降りで中ドアは基本的に使用しないため、ほとんど隠れることはありません。

DSC00718.jpg
ルビーちゃんです! かわいい!! か わ い い (何

DSC00728.jpg
発車時間が近づくと、伊豆箱根バスのリバイバル塗装車両とも並びました。

DSC00734.jpg
それでは、せっかくなので大平行きに乗車しましょう。運賃箱と整理券発行機もバッチリラッピングされています。私以外にも、数人のラブライバーが乗車し、9時20分に沼津駅を出発しました。
次回の記事へ続きます。

2017年10月からの深夜アニメ!(秋季)

「ヤマノススメ」が映画化されるようですね! さらに、来春にはアニメ3期も放送予定だそうで、ヤマノススメファンの私としては嬉しい限りです。また「あおい×ひなた」が見れるかと思うと今から妄想が捗ります(何
さて、忘れないうちに恒例のコーナー。10月から放送が始まった新アニメの中で、私が「ニコニコ動画」で第1話を見た作品の印象を書いていきたいと思います(唐突







※一部ネタバレが含まれますので、ネタバレをご理解いただける方のみこの先にお進みください。また、感想には私の個人的な見解も含まれますので、ご注意ください。






・ラブライブ!サンシャイン!!
待ちに待った待望の2期、また沼津の街並みをアニメで見ることができるとは、沼津市民として嬉しい限りです!
1話目から大活躍の東海バスに歓喜! しかも、エンディングにまで出演してしまうとは・・・。

しかし、ストーリー自体は1話目からかなり不穏な展開ですね。学校の存続がかなり絶望的になってしまいましたが、果たしてどう乗り切っていくのか、今後の展開が楽しみです。
沼津市民として、精一杯応援したいと思います! あとルビィちゃんかわいい!!(何



・干物妹!うまるちゃんR
クレイジーサイコレズ切絵ちゃんかわいい! 個人的には、1話目から切絵ちゃんを見ることができて大満足です(落ち着け
2期も1期と変わらないストーリーで、安心して見られそうです。オープニング曲は1期をイメージした感じでしたが、エンディング曲は1期とは大きく異なり電波系ソングになりましたねw 個人的にかなり好みの曲調なので、CDを買ってしまうかもしれません。



・ このはな綺譚
最初、タイトルが読めなかったのですが、「このはなきたん」と読むようです。原作の漫画は、途中休刊を挟んだため「此花亭奇譚」→「このはな綺譚」と途中でタイトルが変更されており、アニメでは後者のタイトルが採用されました。
第一印象は「うらら迷路帖」かな?・・・と思ってしまいましたw けも耳ですし、世界観も似てますし・・・。噂によると、百合分が濃い作品のようで、今から期待が高まります!



・ ブレンド・S
まんがタイムきららに連載されている作品ということで、今期の難民受け入れ先として期待している作品ですw
ストーリー的には、「WORKING!!」×(「ご注文はうさぎですか?」+「きんいろモザイク」+「ひなこのーと」)÷2といった感じでしょうか(何 いろいろと混ざりすぎて若干カオスな作品ですが、テンポは非常に良く、面白そうだな・・・と思いました。
きん!ぱつ!でツインテールでツンデレキャラの夏帆ちゃんといい、ロリキャラの麻冬ちゃんといい、私好みのキャラクターが多すぎます(何



・ URAHARA
作画から溢れ出る「ローリングガールズ」感w 個人的にはこういう作画は好きなので、見ていきたいところです。
ただ、1話目を見ただけではストーリーを理解しきれない感じです。今後の展開もまったく見えませんし、ある意味続きが楽しみな作品ではありますが、ローリングガールズの時のように置いてけぼりにならないか不安も残ります。



今期は、この5作品に前期から引き続き視聴している「魔法陣グルグル」と「プリパラ」を加えた7作品となります。今期はやっぱり「ラブライブ!サンシャイン!!」でしょう! 沼津市民として全力で応援していきたいです。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ