FC2ブログ

C93の戦利品!

今回は、前回の記事で予告した通り、今回はC93で手に入れた戦利品を見ていきたいと思いますw
もう1年後の冬コミが間近なわけですが・・・。

DSC09197.jpg
まずは購入した本をすべて"積み重ねて"みました。
今回は2日目と3日目の2日間参加したので、もうお察しですよね・・・。ちなみに、右が2日目、左が3日目です。

とりあえず、日毎にジャンル別に分けてみました。


【2日目】
ラブライブ!サンシャイン!!  48冊
ラブライブ!          15冊
けものフレンズ          2冊
魔法少女まどか☆マギカ      4冊
響け!ユーフォニアム       4冊
灼熱の卓球娘           1冊
ハイスクール・フリート      1冊
ご注文はうさぎですか?      8冊
ひだまりスケッチ         3冊
けいおん!            2冊
ゆるゆり             1冊
ゆゆ式              1冊
ポケットモンスター        2冊
オリジナル            6冊   合計 98 冊

【3日目】
ラブライブ!サンシャイン!!  4冊
アイドルマスター        6冊
魔法少女まどか☆マギカ     1冊
ヤマノススメ          1冊
ご注文はうさぎですか?     4冊
ゆるゆり            4冊
オリジナル          17冊   合計 37 冊

まず、2日間の合計は 98冊 + 37冊 = 135冊

これを、1冊500円換算すると・・・

500円 × 135冊 = 67,500円

ただ、今回は総集編など1,000円程度する本を多く購入しているので、実際にはこれよりも多くの金額を使っていると思われます。今回、私も予想外だったのは3日目の購入冊数で一番多いのが「オリジナル」だったことです。オリジナルは、ほとんどが創作百合本なのですが、少し覗いてみたところかなりクオリティーの高い本を描かれていたので、思わず購入してしまいました。また、今回は初めて「けものフレンズ」と「灼熱の卓球娘」が登場してきました。ジャンルが「ラブライブ!」に一極集中しているのはいつものことですねw 強いて言えば、だいぶ「サンシャイン!!」が多くなってきたことくらいでしょうか。

今回は、帰宅してから回るのを忘れてしまったサークルさんがあるのに気づくといったことがありましたが、大満足のコミケでした!
いつものことながら、列を先導してくださるボランティアの方々、本当にお疲れさまです。サークルの皆様も、面白い本をありがとうございます。これからもがんばってください!
次回の夏コミ(C94)も、もちろん参加予定ですw
スポンサーサイト

冬コミ(C93)に参加してきた!

昨年の12月29日(金)~31日(日)は、東京ビッグサイトで「コミックマーケット93」が開催されました!
2日目と最終日に私も友人と参加してきましたので、今回はその時の様子を書いていきたいと思います。これでやっと昨年の話題は終了・・・かな?(ぇ

【2日目】
2日目は、8時20分頃に西館の待機列に並びました。これまで参加してきた中では、だいぶ前のほうに並ぶことができました。
9時過ぎには早くも列が動き始め、あれよあれよという間にビッグサイト正面の階段を登り、ビッグサイトに入りました。そして、9時50分頃にはエントランスホールに入り、そこでコミケ開始のアナウンスを聴きました。そのまま10時10分頃には東館へ入場と、かなり早い入場となりました。
今回の冬コミでは、同人サークルはすべて東1~8ホールに配置され、西館は企業ブースのみと完全に東館と西館が分離されました。そのため、同人サークルを回る方は東館の待機列に集中し、西館の待機列は比較的スムーズに流れたのではないでしょうか。
混雑している目当ての壁サークルさんを脇目に、空いているサークルさんからどんどん購入していきました。しかし、入場制限が解除される頃には「ラブライブ!」ブースを中心に、場所によっては人が押し合いになって前に進めない事態に・・・。これは危険と判断し、一度東7・8ホールのサークルさんを先に回ることにしました。東7・8ホールは、東1~6ホールからのアクセスが容易で、これまでの西館への移動と比較するとかなり短時間で移動できます。そのため、東1~6ホールが混雑している際には一度東7・8ホールへ・・・という柔軟な対応ができるようになり、効率の良い回り方が可能となりました。
東7・8ホールでの買い物を終え戻ってくると、壁サークルさんも含めてだいぶ混雑が緩和されていたので、残りのサークルさんを回りました。この頃にはすでに13時を過ぎており、残念ながら売り切れとなっていたサークルさんもありましたが、これはいつものことですし、ほとんど気にしませんw
13時30分頃にすべての買い物を終え、会場をあとにしました。

【3日目】
3日目は、出発前にトラブルがあり、2日目より30分以上遅い9時過ぎに西館の待機列に並びました。当然のごとく2日目よりもかなり後ろの位置になってしまいましたが、あとで調べたところ、なんとこの日はあまりの混雑で東館の待機列が封鎖され、途中からすべての待機列が西館に回されていたそうで・・・。封鎖とか今まで聴いたことが無いので、相当な混雑であることを予感させました。列自体はすぐに動き出し、10時の開場時にビッグサイト正面までは移動できませんでしたが、その後は比較的スムーズに進み、10時30分頃には東館に入りました。
しかし、すでに東1~6ホールは大変な混雑になっており、2日目同様、場所によっては人が押し合いになって前に進めない事態となっていたため、空いているサークルさんだけを回ったあとは東7・8ホールへ移動しました。一通り購入し、東1~6ホールの買い物に戻り、最後に壁サークルさんに並びました。この壁サークルさんに並んだのは12時過ぎでしたが、2ヶ所並んだサークルさんそれぞれで30分以上掛かってしまい、会場を出たのは2日目より遅い14時頃となりました。


今回の冬コミ、1日目に合わせて到着する寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」が人身事故で大幅に遅れ、途中の駅で運転打ち切りになるなど、少なからず参加される方に影響を与えたようです。ツイッターなどで「サンライズ瀬戸際」と言われていたのには笑ってしまいましたがw
次回の記事では、気になる戦利品を紹介していきたいと思います。まぁ、大変なことになってますよね・・・。

紅富士を撮影する!(2017年ver)

いつの間にか毎年恒例になっている年末の紅富士撮影。一番日が短い時期、かつ空気が澄んでいる冬だからこそ撮影できる光景といえます。2017年の年末も、晴れた日を狙って行ってきました。

DSC09596-640.jpg
今回は、伊豆箱根鉄道の三島二日町駅~大場駅間で撮影することにしました。ほかの路線で撮影したいと思いつつも、日の出前に行ける範囲内となると、どうしても伊豆箱根鉄道になってしまいます。

DSC09601-640.jpg
まだ夜が明けきらず、通常のシャッタースピードだと暗く写ってしまうため、シャッタースピードを下げて撮影してみましたが、ほとんど使わない機能のため、三脚で固定していてもこのようにブレてしまいます・・・。

DSC09605-640.jpg
しばらくして、かろうじて通常のシャッタースピードでも撮影できる明るさになってきました。

DSC09618-640.jpg
なんと、このタイミングで3000系ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング電車「HAPPY PARTY TRAIN」が通過・・・。折り返してくる頃には夜が明けきってしまっているでしょうし、残念ながら紅富士と「HAPPY PARTY TRAIN」のツーショットは撮影できないようです。

DSC09624-640.jpg
3000系です。今のところ、富士山周辺に目立った雲は無く、紅富士が期待できそうです。家を出る時点ではまだ真っ暗で富士山の周りに雲があるかどうか分からないので、とりあえず一安心です。


DSC09631-640.jpg 紅富士ktkr!
良いタイミングで、見事な紅富士を見せてくれました! なお、この写真はホームページの1月のトップ画像に選びました。

DSC09644-640.jpg
先ほどの紅富士からわずか数分後ですが、すでに紅富士が黄富士くらいまでになってしまいました。紅富士を見ることができるのは、ほんの数分の間だけです。

DSC09649-640.jpg
1300系伊豆箱根鉄道開業100周年記念ヘッドマーク付き編成です。富士山全体に太陽光が当たるようになり、紅富士タイムは完全に終了しました。

DSC09663-640.jpg
3000系です。背景の街並みにも太陽光が当たりはじめ、まもなくこの場所も太陽の光が降り注ぎます。

DSC09685-640.jpg
7000系です。太陽光が差し込み、一気に明るくなりました。

DSC09692-640.jpg
3000系「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング編成です。若干富士山の周りに雲が出てきました。

DSC09702-640.jpg
100周年ヘッドマーク付きの1300系が折り返してきました。先ほどの雲は今のところ広がる様子はありませんが、少し不安です。

DSC09710-640.jpg
ここで、若干撮影場所を変更してみました。しかし、この場所だと車体に架線の影が映り込んでしまうことが分かったので、すぐに移動することにしました。

DSC09729-640.jpg
同じ三島二日町駅~大場駅間ですが、こちらの構図は比較的知名度が高いですね。
3000系「HAPPY PARTY TRAIN」が通過しました。

DSC09740-640.jpg
3000系「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング電車です。富士山の周りに出てきた雲が消える気配はありませんね・・・。

DSC09748-640.jpg
7000系100周年記念ラッピング電車です。この場所は、午前中早い時間に順光となりますが、紺色の塗装だと順光でも側面がかなり暗く写ってしまいます。

DSC09772-640.jpg
7000系です。富士山の周りにかなり雲が出てきてしまいました。ここまで雲が湧いてしまうと、もう雲が消えることは無いと思います。

DSC09782-640.jpg
1300系100周年ヘッドマーク付き編成です。ここで撮影を切り上げ、帰宅となりました。

豊橋鉄道東田本線を撮影してきた

※この記事は、「遠州鉄道30形を撮影してきた」の続きとして書いています。 こちらの記事 もあわせてご覧ください。

遠州鉄道で30形を撮影後、西鹿島駅から天竜浜名湖鉄道経由で新所原駅まで来た私。これだけで帰るのはもったいないので、せっかくならと豊橋鉄道に乗車することにしました。「休日乗り放題きっぷ」も豊橋まで使用することができますし・・・。

DSC09346.jpg
豊橋駅に到着すると、飯田線の213系が発車待ちをしていました。213系は静岡地区で見ることができないので、213系を見ると、名古屋に来たな・・・と実感します。

DSC09353.jpg
さらに、回送で停車中の213系もいました。後期に製造された編成は、前面部左上に設置されている運行番号表示機が省略されています。

DSC09384.jpg
豊橋鉄道東田本線に乗り換え、撮影しやすそうな停留所がないか探していると、競輪場前停留所が良さそうだったので下車しました。競輪場前停留所は、東田本線の営業所と留置線が併設されています。豊橋駅前停留所から続いていた複線が単線となる最初の停留所ですが、ホームは片面しかなく、上下列車ともに同じホームから乗降するという、路面電車では珍しい方式となっています。
ちなみに、豊橋鉄道東田本線に乗車するのは、高校生の頃以来10年ぶり以上です。

DSC09361.jpg
モ3500形トップ編成です。見て分かるとおり元:都電荒川線7000形で、特にこの編成は、偶然なのかラッピングの色合いが都電荒川線時代を思わせるものとなっています。

DSC09397.jpg
同じくモ3500形ですが、こちらの編成は行き先表示器が幕式となっています。

DSC09402.jpg
同じモ3500形でも、編成によってラッピングが異なっているので、撮影していても飽きません。

DSC09369.jpg
モ780形トップ編成です。こちらも見て分かるとおり元:名古屋鉄道のモ780形です。

DSC09392.jpg
モ780形は、路面電車でありながら片側に3ヶ所のドアが設置されているのが特徴です。

DSC09378.jpg
モ780形も、編成によって様々なラッピングが楽しめます。

DSC09386.jpg
最新車両となるT1000形です。1編成のみが活躍していますが、井原停留所にある分岐の急カーブが曲がれないため、運動公園方面への運用には入らない専用のダイヤで運行されています。

DSC09418.jpg
30分ちょっとで一通り撮影できたので、そろそろ帰宅することにしましょう。夕焼けが綺麗だったので、最後にホームから対向列車の待ち合わせをしているモ3500形を撮影しました。この日は、残念ながらモ3200形とモ800形は動いていないようでした。

DSC09359.jpg
ちなみに、競輪場前停留所の前の交差点に設置されている信号機には、路面電車用の黄矢が設置されていました。ただし、あくまで留置線への入庫用のため、私が撮影している間は点灯することはありませんでした。

DSC09373.jpg
また、競輪場前停留所の赤岩口よりには、路面電車用の信号も設置されていました。こちらは、電車通過時には一番上に黄矢「↑」が点灯し、それ以外の時には中央の「×」が点灯します。また、電車通過後、一定時間の間は「×」とともに一番下の「Z」が点灯します。「Z」は続行を意味していると思われ、写真の場合は「続行で通過してはいけない」の意味なのでしょう。

DSC09436.jpg
豊橋駅から浜松行きに乗車し、浜松駅でさらに熱海行きに乗り換えて帰宅となりました。乗り換えた熱海行きでは、行きの列車と同様、珍しく「締切中」の表示を見ることができました。

遠州鉄道30形を撮影してきた

2017年12月2日(土)、遠州鉄道で30形(モハ51号)の引退を前に、通常ダイヤでの最終運転が実施されました。遠州鉄道といえば、大学時代の就職活動中、待ち時間に撮影したことがあるくらいで、ほとんど馴染みがありません。せっかくの機会なので、撮影に行くことにしました。

DSC09186.jpg
沼津駅に到着すると、東海バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス3号車と伊豆箱根バスの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車が待機していました。伊豆箱根バスのラッピングバスがもう少し前に詰めて停車していれば綺麗に並んだのですが・・・。

DSC09207.jpg
しばらくして、東海バスのラッピングバス3号車がのりばに移動しました。この医療センター経由三島駅行きは、土曜のみラッピングバスが運用に入るので、この日だからこそ見ることができる光景といえます。

DSC09213.jpg
続いて、伊豆箱根バスのラッピングバス2号車ものりばに移動しました。伊豆箱根バスでは、最近になって行き先表示器に系統番号を表示するようになったので、この系統番号なしの行き先は現在は見ることができません。

DSC09221.jpg
それでは、浜松へ向け出発しましょう! この日は「休日乗り放題きっぷ」(2,670円)を使用することにしました。沼津~浜松間の片道運賃が2,270円なので、単純に往復するだけでもかなり得になります。
乗車した浜松行きは、沼津駅で長時間停車していたのですが、珍しく各車両両端のドアを締切にしていました。そのため、ほとんど点灯しない211系の「締切中」表示を見ることができました。
沼津駅から約2時間10分で浜松駅に到着しました。

DSC09249.jpg
浜松駅から徒歩で新浜松駅へ移動し、改札を入ると2000形が停車していました。この日、30形は新浜松駅~西鹿島駅間を3往復運行する予定で、この1本あとの列車で新浜松駅に到着します。

DSC09251.jpg
新浜松駅には、常時30形が1編成留置されています。以前は、ラッシュ時間帯に限って運用に入っていたようですが、2000形の増備によって現在は完全な予備車となっています。ただし、この編成は、今回引退する30形とは別の編成で、遠州鉄道で唯一の吊りかけ駆動となっています。

DSC09234.jpg
そして、新浜松駅に引退する30形が入線! 混雑のためか、若干遅れての到着となりました。同じ30形でも、留置されている30形とは顔つきが全然違います。

DSC09233.jpg
停車時間が短いうえに撮影される方が多く、前面はあまり撮影できないと判断。特徴的な位置に設置されている行き先表示器などを撮影しました。

DSC09265.jpg
30形の撮影後は、新浜松駅に導入されている自動アナウンス・発車メロディーの収録を行いました。自動アナウンスは、接近放送と駅名連呼があり、ホーム西鹿島より端に設置されているスピーカーが静かな環境で収録できます。問題は発車メロディーで、遠鉄グループソング「街と生きる」が使用されているのですが、自動アナウンスが流れるスピーカーとは別に、ホーム中央付近に設置されている専用スピーカーからのみしか流れないので、注意が必要です。

DSC09275.jpg
収録を終えた私は、西鹿島行きに乗車し、途中の曳馬駅で再び30形を撮影することにしました。

DSC09270.jpg
その前に到着した2000形は、JAとぴあ浜松のラッピングが施されていました。


DSC09283.jpg  30形が戻ってきました!
先ほどは撮影される方が多く、十分に撮影ができませんでしたが、ここでしっかりと撮影できました。

DSC09290.jpg
30形の撮影を終え、西鹿島駅へ向かいます。乗車した2000形は、なんとドア上にLCDモニターが設置されていました。静岡県内でLCDモニターを見ることになるとは思いませんでしたw

DSC09295.jpg
西鹿島駅に到着です。せっかくここまで来たので、天竜浜名湖鉄道に乗り換えることにしました。

DSC09310.jpg
乗車したのは、「おんな城主直虎」のラッピングがされたTH2100形でした。伊豆箱根鉄道の「ラブライブ!サンシャイン!!」のように、天竜浜名湖鉄道は「おんな城主直虎」に力を入れているようですね。

DSC09332.jpg
なかなか田舎らしい景色が続きます。
天竜浜名湖鉄道は初めて乗車しましたが、これで静岡県内の鉄道は全路線乗車したことになります。

DSC09320.jpg
実は、新浜松駅からは「共通1日フリーきっぷ(西ルート)」で乗車していたりします。通常、新浜松駅~新所原駅間は1,470円ですが、このフリーきっぷは1,450円なので、20円だけですが安くなりますw

というわけで、新所原駅までやってきました。もちろん、これで帰宅というわけではありません。次回の記事に続きます。
プロフィール

N_station

Author:N_station
鉄道や路線バスの写真撮影が趣味で、最近は道路系や深夜アニメ(「ラブライブ!」とか「ヤマノススメ」とか)にもハマってしまっている救いようのないニコ厨です(orz
社会人になったから深夜アニメを卒業できるかと思ってたらこれだよ! 地元の沼津市が「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台になっちゃったからね、しょうがないね!!

ホームページもご覧ください
N_stationの鉄なページ
N_stationの(非)鉄なページ

ブログランキングに参加しております。もしよろしければ1クリックお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
ご注文はこちらですか?
ブログ
アフィリエイト・SEO対策
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ